トースターを捨てたい。家電の処分方法は案外簡単だった??


どこの家にも家電はありますね。冷蔵庫やテレビみたいに大きなものから、タブレットPCやデジカメのように小さなものまでありますが、トースターのように中くらい(?)のサイズのものはどうなるのでしょうか?

  • 燃えないゴミの袋にも入りそうだけど、家電のことを詳しく書いているわけではないし・・・。
  • よその家も家電を捨ててるとこってあまり見ないし・・・。

と、いまいち捨て方がわからない方もいるのではないでしょうか?
そこで今日は、

  1. トースターの捨て方
  2. トースターを買取してもらうには
  3. トースターの処分を不用品回収業者へ依頼する場合
  4. トースターの簡単お手入れ方法

以上の4点をご紹介していきます。

1-1.トースターとは??

トースターと聞いて、どんなものを想像されますか??
何種類かありますけど、電子レンジよりも小型で、軽い物が多いです。


このデザイン、構造が一般的に多くの人が持っているトースターですね。他にも、


このように「パンを焼くだけ」に特化したもの。昔のポップアップトースターも未だに製造、販売されています。

値段を見ると驚きのトースターもあります。


スチームトースターで、水蒸気のチカラでふっくら焼きあがる・・・そうな。

変わり種ではこのように目玉焼きが作れるものもあります。

それでも、どの機種も重くなく、小型なものが多いです。

1-2.トースターは何ゴミか??

トースターは、何ゴミになるのでしょうか・・・。
多くの自治体の場合は軽くて小さいこともあり、不燃ごみになるようです。
それでも、一部の自治体では粗大ゴミとなり捨てるのが面倒な場合があるので確認は必要です。

ここの市町村は捨てるのに200円かかるようです。

粗大ゴミで捨てない地域であれば、毎週の燃えないゴミ等で捨てることが可能です。

1-3.トースターはいつでも処分できる?

小型家電リサイクル法というものがあって、使用済みの小型家電に含まれている貴金属、レアメタルを回収、再利用するという法律があります。
でも、これは市町村の判断になっている部分が多く、絶対ではありません。
現に、小型家電リサイクル法であ厨房で使う電化製品。電子レンジとかも対応なのですが、この市町村、
大きさが縦30センチ横15センチのものしかできない
構造になっています。いつでも毎日投函できる専用の回収BOXがあるのですが、投函口が小さく捨てることができるものが本当に小さなものしかありません。
資源ゴミ等で回収される場合もあるので、一度しらべてみましょう。

1-4.自治体のゴミ回収へ依頼するメリット

市の燃えるゴミや、粗大ゴミ、小形化で回収BOXへ捨てることのメリットは「安い」ことです。
粗大ゴミでも200円。
普通に捨てることができれば無料とお得です。
粗大ゴミにってしまった場合は回収の予約が必要なので即日捨てることはできないかもしれませんが、燃えないゴミ等で捨てられれば指定のゴミ袋があれば毎週捨てることはできますし、簡単で確実に捨てることができます。

2.トースターを買取してもらうには

2-1.トースターは買取してもらえるのか?

トースターの買取は、

といった「高いもの」であればのぞみはあります。
しかし、買取を希望される方の多くは、

のように、安いものを使用しています。
使用状況によっては、「汚れて」しまっていることもあるでしょう。
この価格帯のトースターは、汚れがあると買取は基本的にされません。店頭に持ってっても、引き取り拒否、もしくは無料。どんなに良心的なお店でも数百円の値段が付くかつかないか・・・。筆者は数百円で買うお店を見たことはありません(埼玉県近隣では)。田舎の方では品不足なので買うかもしれませんが。
ただ、定価が安いものは買取も安くなりますので、たとえ新品でも定価2,000円のものは1,000円にならないかもしれません。

2-2.買取依頼するデメリット

リサイクルショップにトースターを買い取ってもらえばメリットとしてはいらないものを換金できるので説明はいらないかもしれませんが、デメリットはあると思いますか?
不要なトースターを処分できて、換金出来るんだからデメリットなんてない。
そう考えるのが普通ですが、果たしてそうでしょうか。

  • トースターは、買取されない可能性が高い

リサイクルショップにトースターを買取してもらう最大のデメリットは、買取されないことです。
簡単に説明すれば、

  • 買取基準にみたない(製造されてから古い)
  • 外観が悪い(黄ばんでいたり、凹んでいたり)
  • 汚い(手入れ不足)
  • 安物(多くの場合はこれがひっかかります)

など、簡単に4つの査定ポントをあげました。
リサイクルショップによって変わりますが、多くの場合は一つでも当てはまると買取、引き取りお断りになります。
また、1点のみでの出張買取は行われないでしょう。
お店まで持って行って、持ち帰れと言われて持って帰るか・・・。
出張買取でテレビやレンジなどのついでに依頼していたらもって言ってもらなかった。
なんてことはよくあることです。
リサイクルショップが全て持って行ってくれると思っていると処分できずに困ることになりますので注意しましょう。

2-3.どうやってトースターを売ればいいのか

トースターを売るには、リサイクルショップに売る方法と、買取業者、自分でネットで売る3つの方法があります。
リサイクルショップについては先程書きましたので、自分でネットで売る方法を書いていきます。
簡単に、ヤフオクなどでも売れるかもしれませんが、汚い場合は掃除がとても面倒です。
また、トースターの売値なんて微々たるもののわりに掃除が1時間、出品して、梱包して・・・。2時間以上の労力が必要になります。
そもそも、汚いから買い換えようと考える人がいたら掃除してキレイになればその段階で売らずに使えば住みますしね。自分で売るのは労力の割に儲けが数百円あればいいかな。というレベルです。
では、買取業者はどうでしょうか。
これは、トースター1点では買取にはきません。こない確率のほうが断然高いです。
あくまでも、ほかの家電のついでに頼むくらいならいいですが、メインでは来てくれないでしょう。
店頭に持って行ってもリサイクルショップと同じような対応をされることが多いので、どこに依頼してもそれほど期待ができないようです。

3.トースターの処分を不用品回収業者へ依頼する場合

3-1.回収業者へ依頼するメリット

多くの方が疑問に思うでしょうが、回収業者に依頼することでメリットはあるのでしょうか?

  • 金額が高い
  • 回収されたトースターはどうなるのか?
  • 無料回収といいながらも、本当に無料なのか

などなど、不安なところは多いかと思います。確かにその通りです。
デメリットの方が多く見えてしまいますね。
では、メリットはないのか?

  • 即日にゴミがなくなればありがたい

それ以外にはないのか?実は、頼んでみないとわからないメリットもあるんです。
今回の処分はトースターですが、もう少し重たいものだと年配者、女性の方や怪我等で満足に動けない方には、非常に強い味方になります。

3-2.業者選び、金額や費用について

実際に業者を選ぶとき、どんなことに気をつけて業者を選びますか?
多分、多くの人は「少しでも安いところ」を選ぶでしょう。いくつかの業者を例に出してみましょう。

ここの会社は3,500円程度の費用(割引あり)
不用品回収業者です。
料金表があったので添付します。

熊谷市のゴミ回収業者です。こちらも、3,500円

最後に、こちらは埼玉県の一部地域ですが、2,500円

と、金額にある程度開きがあります。

HPには色々と書いていますが、基本的ににたりよたりのことを書いていたり、大きな会社に見えるように書いていることが多いです。
一度電話して、どのくらいの費用がかかるのか?を聞いてみるのもいいでしょう。

4.トースターの簡単お手入れ方法

トースターが汚れてしまった、掃除をしなければいないときのお掃除です。
ネットにある掃除方法を試してみました。
必ずしも、成功するとは限りません。
今回は、自分で汚して掃除しました、放置した汚れではないので放置すると落ないかもしれません。

終わりに

いかがでしたか?トースターを持っている人、自分で簡単に捨てることが出来るようであれば、燃えないゴミなどで簡単に捨ててみてはいかがでしょうか?もちろん、小型家電リサイクルBOXにいれるのもいいと思います。
新しいもの、綺麗なものであれば買取してもらういことも可能だと思いますが、あまり高額の買取期待しているとがっかりすることもあるでしょう、また、焦げ付いたり、錆びてしまっているところを無理やりこすると壊れてしまったり、余計に査定が悪くなるかもしれないのであまりヘタに触らないようにしましょう。
今日ご紹介したのは、

  1. トースターの捨て方
  2. トースターを買取してもらうには
  3. トースターの処分を不用品回収業者へ依頼する場合
  4. トースターの簡単お手入れ方法

の4点です。普段から汚れてしまったら掃除をしていれば、トースターはハロゲンランプさえ壊れなければ長いこと使える電化製品なので壊れるまで、綺麗に清潔に使いたいものですね。
お掃除は定期的に、もしくは汚してしまったらご紹介した方法で掃除しましょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!