熊谷市で粗大ゴミを処分するには? 不用品回収業者に依頼する方法も


熊谷市で粗大ゴミを処分する場合は、燃えるゴミや燃えないゴミとは違う方法で処分しなければなりません。正しい方法を知らないまま適当に処分すると、不法投棄とみなされる恐れがあるので注意が必要です。しかし、どのように処分すればいいのか、処分費用はかかるのかなど、粗大ゴミの処分で頭を抱えている方は多いでしょう。

そこで、本記事では、熊谷市で粗大ゴミを処分する方法とポイントなどを解説します。

  1. 熊谷市で粗大ゴミに該当するものは?
  2. 熊谷市で粗大ゴミを出す方法
  3. 自治体回収に間に合わない場合は?
  4. 不用品回収業者に依頼する際の注意点
  5. まだ使えるものは買取に出せるのか?
  6. 粗大ゴミの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、自治体回収に間に合わないときの対処法や不用品回収業者に依頼する際の注意点も分かります。熊谷市で粗大ゴミの処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.熊谷市で粗大ゴミを出す方法

まずは、熊谷市で粗大ゴミを出す方法について詳しく説明します。

1-1.大型の燃えないゴミ・一部の家電製品

熊谷市で粗大ゴミに該当するものは、大型の燃えないゴミと一部の家電製品です。たとえば、以下のようなものがあります。

  • 扇風機
  • ミニコンポ
  • ビデオデッキ
  • ラジカセ
  • ガスレンジ
  • 電子(オーブン)レンジ
  • 石油ストーブ(灯油、乾電池を除く)
  • スチール机
  • 自転車(不要品の表示)
  • ベッドマットレス(スプリング入り)
  • スキー板
  • 掃除機

1-2.自治体収集で捨てられないもの

大型の燃えないゴミに該当するものでも、自治体収集では捨てられないものがあります。たとえば、家電リサイクル法の対象品目になっているエアコン・テレビ・洗濯機(衣類乾燥機)・冷蔵庫(冷凍庫)です。これらの家電はリサイクルが推奨されているため、メーカーによる回収となります。また、パソコンもPCリサイクル法で処分方法が決められているので注意が必要です。処分できるか分からないものがある場合は、環境美化センター(048-524-7121)に問い合わせて確認してください。

2.熊谷市で粗大ゴミを出す方法

ここでは、熊谷市で粗大ゴミを出す方法について詳しく説明します。

2-1.収集日に指定の集積所へ出す

熊谷市では、週に1回、区域ごとに曜日を分けて粗大ゴミの収集をしています。該当する曜日に指定の集積所へ出しておけば、粗大ゴミを回収してもらえるでしょう。粗大ゴミの収集日に関しては、熊谷市のホームページを確認してください。月~金曜日まで粗大ゴミの回収曜日が、色分けされています。自分の区域を確認した上で、収集曜日に粗大ゴミを集積所へ出しておきましょう。

2-2.有料リクエスト収集

自分で粗大ゴミを集積所まで運搬できない場合は、熊谷市に有料リクエスト収集を依頼することもできます。有料にはなりますが、自宅の玄関先まで粗大ゴミの回収をしてくれる方法です。そのため、大量の粗大ゴミを処分したい方や運搬が困難な方におすすめの方法といえるでしょう。なお、有料リクエスト収集の場合は、事前申し込みが必要となります。大まかな流れに関しては、以下を参考にしてください。

  1. 環境美化センターに電話で申し込みをする
  2. 決められた回収日の朝8時30分までに、自宅の玄関先へ粗大ゴミを出しておく
  3. 集合住宅の場合は1階まで粗大ゴミを降ろす
  4. 収集の際に立ち会い、回収してもらう

2-3.自分で直接持ち込む

粗大ゴミを指定された場所へ直接持ち込む方法もあります。すぐに処分したい際に、便利な方法といえるでしょう。ただし、持ち込みが可能な日は月~金曜日となっており、土曜と日曜は持ち込むことができません。なお、熊谷市における持ち込み場所は以下のとおりです。

一般廃棄物最終処分場(捨六間)

  • TEL:048-533-4046
  • 受付時間:9~12時、13~16時

3.自治体回収に間に合わない場合は?

ここでは、自治体回収に間に合わないときの対処法を解説します。

3-1.不用品回収業者に依頼する

自治体収集に間に合わないときは、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者ではさまざまな不用品を扱っているため、要らないものをまとめて処分できるでしょう。主な回収方法は持ち込み回収・出張回収・宅配回収となりますが、大量の粗大ゴミを処分したい場合や運搬が難しい場合は出張回収がおすすめです。業者が自宅にやってきて回収してくれるため、手間と時間をかけずに粗大ゴミが手放せます。

3-2.引っ越し業者の不用品回収サービスを利用する

引っ越しで粗大ゴミが発生した場合は、引っ越し業者の不用品回収サービスを利用するといいでしょう。大手の引っ越し業者なら、ほとんどの業者が不用品回収サービスを行っています。引っ越し当日に粗大ゴミが出たとしても、引っ越しと同時に回収してくれるのでスピーディーに処分できるでしょう。ただし、引っ越し業者の不用品回収サービスは、回収できる量や不用品が決まっているケースも多いので注意が必要です。また、不用品回収業者に依頼するよりも高額な費用が請求される恐れもあります。

4.不用品回収業者に依頼する際の注意点

ここでは、不用品回収業者に依頼する際の注意点を紹介します。

4-1.見積書が詳細になっているか

不用品回収業者に依頼する際は、見積書の内容が詳細に記載されているか必ず確認してください。見積書には、どのような作業にいくらかかるのか、不用品の処分費用や諸費用の金額などが記載されています。詳細に記載されている回収業者なら、安心して依頼できるでしょう。けれども、見積書が大ざっぱになっている場合は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。不用品の回収後に追加費用を請求してくる恐れがあります。金額面で気になるところがあれば、必ず尋ねてください。

4-2.不用品回収の実績があるか

不用品回収の実績があるか、どのような不用品を回収しているかも、不用品回収業者に依頼する際チェックしておきたいポイントです。不用品回収の実績がある業者ほど、そのときの状況に見合った方法で不用品を回収してくれます。悪徳業者は回収した不用品を不法投棄したり、相場よりも高額な費用を請求したりする傾向があるため、しっかりと実績を確認しておかなければなりません。回収業者のホームページで、回収実績などをチェックしておきましょう。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

不用品回収業者に依頼する際は、スタッフの対応にも注目するようにしてください。スタッフの対応は、悪徳業者を見極める大切なポイントになるからです。不正を働く悪徳業者はスタッフの対応が悪く、返事も遅い傾向があります。そして、口先だけうまいのが特徴です。スタッフの対応に疑問を抱いた場合は、依頼しないほうがいいでしょう。

5.まだ使えるものは買取に出せるのか?

ここでは、粗大ゴミを買取に出す方法とポイントを解説します。

5-1.状態がいいか

自分にとっては不用品だとしても、買取対象になる可能性はあります。粗大ゴミが買い取ってもらえるかどうかは、状態にかかっているといえるでしょう。たとえば、家電の場合、正常に稼働できるかが大切なポイントです。不具合が起きている・壊れている家電は、買取不可になる可能性があります。誰が見ても状態がいいものや、まだ使えるものは買い取ってもらえる可能性が高いので、一度査定を依頼してみてください。

5-2.新商品や未使用品は高く売れる

不用品の中でも、新商品や未使用品は高く売れる傾向があります。中古市場で最も需要があるのは、新製品です。発売年月が近ければ近いものほど中古市場での需要が高いので、高価買取が期待できるでしょう。また、未使用品もまったく手につけていない状態なため、買い手がつきやすく、高く売れる傾向があります。処分する粗大ゴミの中に、新商品や未使用品があれば買取に出してみるといいでしょう。

5-3.買取専門業者・リサイクルショップに依頼する

主な買取先としては、買取専門業者とリサイクルショップがあります。買取専門業者は中古市場の需要を把握しているため、より適切な価格で買い取ってもらえるでしょう。中古市場で価値があるものは、買取専門業者に査定を依頼してみてください。買取専門業者で買い取ってもらえなかったものは、リサイクルショップに依頼するといいでしょう。

5-4.不用品買取・回収の関東家電リサイクル問屋

粗大ゴミの処分でお悩みの方は、不用品買取と回収を行っている関東家電リサイクル問屋にご依頼ください。関東家電リサイクル問屋は、高価買取と格安回収が可能です。たとえ、粗大ゴミを買い取ってもらえなかったとしても回収できるので手間と時間はかかりません。また、持ち込みの場合は無料引き取りが可能です。できるだけ費用をかけたくないと思っている方も、ぜひ一度お問い合わせください。

6.粗大ゴミの処分に関してよくある質問

粗大ゴミの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.粗大ゴミの処分費用はいくらぐらいか?
A.1点につき1㎥あたり520円かかります。週に1回の収集であれば費用はかかりませんが、有料リクエスト収集などは処分費用がかかるので注意が必要です。また、直接自分で持ち込む場合も、以下のような料金が発生します。

  • 家庭ゴミ:10kgにつき10円
  • 事業ゴミ:10kgにつき200円

基本的に、事業ゴミは産業廃棄物になるので、産業廃棄物収集運搬許可を取得している業者へ回収を依頼することになりますが、粗大ゴミを含めた事業ゴミは持ち込み回収でも処分できます。

Q.自治体収集と不用品回収業者どちらがいいのか?
A.ケースバイケースです。できるだけ処分費用を抑えたい・時間に余裕がある方は、自治体収集で粗大ゴミを処分していいでしょう。週に1回だけの収集でも、時間に余裕があれば焦る必要はありません。ただし、急いで処分しなければならない・大量の粗大ゴミを処分したい方は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者に依頼すると費用が気になりますが、不用品買取サービスなどを利用すれば節約できるでしょう。

Q.高価買取のポイントは?
A.不用品を高く売りたい方は、購入時の状態に戻すことが大切なポイントです。ホコリや汚れがついている場合は、キレイに掃除しましょう。外観をキレイにするだけでも、見た目がよくなり、高価買取が期待できます。さらに、取扱説明書や元箱などの付属品を全部そろえることも大切です。付属品をすべてそろえることで、買取額が数千円アップする可能性もあります。

Q.お得に粗大ゴミを手放すコツは?
A.買い取ってもらえるものは、処分せずに買取へ出すことです。買取専門業者やリサイクルショップで売れなかったものでも、周囲に欲しがっている人がいる可能性もあります。「これを手放そうと思っているんだけど……」と周囲に伝えていきましょう。譲り先が見つかれば、処分費用をかけずに手放すことができます。町の掲示板などを利用して、無料でも引き取ってもらえる人を探すのも方法の1つです。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れるのか?
A.自分で売りたい場合は、ネットオークションやフリマアプリを利用する方法もあります。ネットオークションやフリマアプリは、インターネットを介して全国から買い手を見つけられる点が大きなメリットです。買取専門業者やリサイクルショップで売れなかったものでも、落札される可能性はあります。
ただし、すぐに落札者が現れるとは限りません。落札されたとしても自分でこん包し、落札者へ送る手間と時間もかかります。また、「写真や説明文とは違う」「傷がついていた」など落札者との間でトラブルが起きやすい点がデメリットです。トラブルを未然に防ぐためにも、商品説明を細かく記載し、分かりやすい写真を複数アップするなど工夫が必要となります。

まとめ

熊谷市における粗大ゴミは、大型の燃えないゴミが対象となります。一部の家電製品は粗大ゴミとして捨てられますが、家電リサイクル法の対象品目はメーカーによる回収とリサイクルが義務付けられているので注意が必要です。自治体回収で間に合わない場合は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。なお、関東家電リサイクル問屋では、不用品の回収だけでなく買取も可能です。処分と買取が同時に利用できるため、処分費用を抑えたい方はぜひ一度お問い合わせください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!