遺品整理でエアコンを処分するには? 業者に依頼するメリットも!


「遺品整理で出たエアコンはどうやって処分すればよいのかわからない」「処分費用はどのくらいかかるのか?」とお悩みではありませんか? 遺品整理ではさまざまな種類の遺品を片付けなければならないため、処分方法に困ることもあるのではないでしょうか。特に、エアコンは粗大ゴミとして捨てることができないので処分する際には注意が必要です。

この記事では、遺品整理で出たエアコンの処分方法や、業者に依頼するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. エアコンを処分する前に確認するポイント
  2. 遺品整理でエアコンを処分するには?
  3. 遺品整理で出たエアコンの処分費用
  4. エアコンの処分を不用品回収業者に依頼するメリット
  5. 遺品整理でエアコンを処分する方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンを取り外す際の注意点や、手間をかけずに処分する方法などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.エアコンを処分する前に確認するポイント

まずは、エアコンを処分する前に確認すべきポイントにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

1-1.家電リサイクル法の内容を確認する

エアコンは家電リサイクル法の対象品目なので処分する際は注意が必要です。家電リサイクル法とは廃家電に含まれる有用資源を再資源化するための法律で、エアコンのほかに冷蔵庫・テレビ・洗濯機が対象になります。この4品目は自治体による回収をおこなっていないため、不要になった場合は家電リサイクル法にのっとって処分しなければなりません。粗大ゴミとして捨てることはできないので注意してください。

1-2.買取対象にならないか確認する

エアコンの状態がよければ買取対象になる可能性があります。使用年数が短く正常に動作する場合は、買取に出して処分することも検討するのがおすすめです。異音や異臭などの不具合があるもの・汚れや傷が目立つものなどは買取対象にならないので処分する必要があります。

1-3.取り外す方法を確認する

エアコンは自分で取り外すこともできますが、正しい知識や道具が必要です。失敗するとケガをする心配もあるのでおすすめはできません。エアコンを処分する際は、取り外し作業と処分をまとめて依頼できる業者を選んだほうがよいでしょう。自分で持ち込んで処分する場合は、取り外しを依頼できる業者を探す必要があります。

2.遺品整理でエアコンを処分するには?

遺品整理で出たエアコンを処分する方法には、次のようなものがあります。

2-1.家電量販店に回収を依頼する

家電リサイクル法に基づいてエアコンを処分する場合は、家電量販店に回収を依頼することが可能です。新しいエアコンを購入する家電量販店や、処分したいエアコンを購入した家電量販店に回収してもらいましょう。その場合はリサイクル料金と運搬料金を家電量販店に支払う必要があります。

2-2.自分で指定引取場所へ持ち込む

買い替えではなく処分だけを依頼する場合や、どこで購入したかわからない場合などは、自分で指定引取場所へ持ち込むことも可能です。この場合は事前に郵便局の窓口でリサイクル料金を支払ってから、最寄りの指定引取場所へ持っていく流れになります。自分で運搬するので運搬料金はかかりません。

2-3.業者に依頼する

不用品回収業者や遺品整理業者に処分を依頼する方法もおすすめです。エアコンの取り外し作業もまとめて依頼できる業者を探してみるとよいでしょう。まずは無料見積もりを依頼し、その内容に納得できたら正式に依頼するのが一般的な流れです。

3.遺品整理で出たエアコンの処分費用

遺品整理で出たエアコンを処分する際にかかる費用についてご紹介しましょう。

3-1.エアコンのリサイクル料金は?

エアコンのリサイクル料金はメーカーや種類によって異なります。国内主要メーカーのエアコンだと990円(税別)の場合がほとんどなので確認してみるとよいでしょう。メーカーやエアコンの型によっては2,000円以上になることもあるので注意してください。

3-2.運搬費用が必要な場合も

家電量販店にエアコンの運搬を依頼する場合は、リサイクル料金のほかに収集運搬料金がかかります。金額は家電量販店によって異なるので事前に確認しておくとよいでしょう。前述したように、自分で指定引取場所へ持ち込む場合であれば収集運搬料金は発生しません。

4.エアコンの処分を不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼してエアコンを処分するメリットをご紹介します。

4-1.ほかの不用品もまとめて処分してもらえる

不用品回収業者に依頼するメリットは、エアコン以外の不用品もまとめて処分してもらえることです。遺品整理の際にはさまざまな種類の不用品が大量に出ることが予想されます。そのすべてを一気に処分できることは大きなメリットではないでしょうか。

4-2.手間をかけず短時間で処分できる

状況によっては早めに遺品整理を終えなければならないこともあるでしょう。特に、故人が賃貸物件に住んでいて明け渡し期限が迫っている場合は、間に合わない可能性もあります。不用品回収業者に依頼すれば数時間~数日で作業を終わらせることができるため、急いでいるときも安心です。

4-3.買取してもらえる場合もある

不用品の買取に対応している業者であれば、状態のよい遺品を買取してもらえます。リサイクル料金や収集運搬料金をかけてエアコンを処分することを考えると、買取してもらえるのは大変お得です。そのほかの遺品にも買取対象になるものがあれば、処分費用を大幅に抑えることができる可能性があります。

5.遺品整理でエアコンを処分する方法に関するよくある質問

「遺品整理で出たエアコンを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.エアコンの寿命は何年ぐらいでしょうか?
A.使用頻度やメンテナンスの方法にもよりますが、一般的には10年が平均寿命といわれています。

Q.エアコンの室外機も家電リサイクル法の対象になるのでしょうか?
A.対象になります。そのため、室外機だけ粗大ゴミとして捨てるということはできません。

Q.エアコンを高く買取してもらうためのコツを教えてください。
A.きれいに掃除をし、付属品もそろえて買取に出しましょう。6~7月上旬ごろに買取に出すと高価買取してもらえる可能性が高くなります。

Q.不用品回収業者を選ぶ際のポイントは何でしょうか?
A.豊富な実績があるか・料金体系は明確か・無料見積もりを受け付けているか・廃棄物収集運搬業や古物商の許可を受けているかなどをチェックしてください。

Q.悪質な不用品回収業者に多い特徴にはどのようなものがありますか?
A.ホームページがない業者や、所在地を明らかにしない業者には要注意です。また、トラックで近所を回りながら無料回収を宣伝している業者も利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

遺品整理で出たエアコンを処分する方法や、処分する前に確認すべきことなどをご紹介しました。家電リサイクル法の対象品目であるエアコンは、粗大ゴミとして出すことができません。遺品整理でほかにも大量の不用品が出た場合は、業者に回収を依頼することも検討したほうがよいでしょう。ぜひこの記事を参考に、遺品整理をスムーズに進めてください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!