家庭用・業務用のコピー機・複合機の廃棄方法で安く済む方法は??


どこの家庭でも今では1台は持っているであろうコピー機。今はそんなコピー機も捨てるのにお金がかかる時代なのは知っていますか?
地域によって違いはありますが、粗大ゴミと分類されてしまうと自治体の決めた料金、500円程度が必要になります。
これが複合機ではもっと高額になることもあるでしょう。さらにコピー機、複合機共にデータが記録できるタイプでは内蔵されたデータ。顧客情報や連絡先などを削除する必要があったりと意外とめんどくさいものです。
それでも、捨てる側からすると気になるのはその処分料金。果たしてそれはいくらになるのでしょうか?具体的な金額は各業者、自治体により異なりますが目安を調べていきましょう。

1. 家庭で使っている場合は家庭ごみとして捨てることができる。粗大ゴミか家電リサイクルへ。

一般家庭で使われている普通のコピー機、もしくはデスクトップパソコン3台分くらいの大きさの小型複合機程度であれば家庭ごみ捨てることが可能です。

  • ビニール袋に入らないといけない
  • 重さが決まっている
  • 自治体によってはコピー機は粗大ゴミ、もしくは小型家電リサイクル対象

など障害はいくつかありますが役所に聞いてみるといいでしょう。
今は小型家電リサイクル法と言う法律があり、電化製品を安易に捨てることができない自治体も存在しています。
もし小型家電リサイクル回収施設へ持っていくことが義務であれば面倒ですが持っていかないといけません。回収を行ってくれる自治体があればいいのですが大変かもしれませんね。
気になる料金は自治体次第です。無料で捨てることもできれば500円程度必要なところもあるでしょう。

2. 業務用コピー機、複合機は家庭ごみでは捨てられません。ではどこに依頼するのか?

コンビニにあるような複合機は安易に捨てることができません。ではどこに捨てるのか?どのように処分すればいいのか?

  • メーカーに依頼する
  • 産業廃棄業者に依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する

この3つが早くて便利です。
メーカーはリース契約していれば無料で引き取ってくれるでしょう。でも、古くてリースも終わっている状態であれば引き取りは有料にもなります。
とある人が、5万~3万くらいはかかるのでないか。コピー屋の業績にもよる。といっていました。
メーカーに依頼する場合は2万円以上は覚悟したほうがいいかもしれませんね。
残りの産廃業者と不用品回収業者は値段は変わらないかもしれません。設置してある環境にもよりますが1万円程度は必要でしょう。
どちらかといえば不用品回収業者の方が急でも対応してくれて値段交渉にも応じてくれそうなイメージはありますね。
筆者も産廃業者を使ったことがありましたが、値切りやサービスは一切ありませんでした。

3. 無料で捨てられるところもある。

業務用複合機(大型)。家庭用の複合機(小型)。これらを無料で引き取っている業者も存在します。重たくて大変なので数は少ないですし、
いろいろと条件があるようで本当に無料で引き取るのか判断できかねます。自己責任で行ってください。
また、持込のみ無料とうたっているところもありますので不用意に依頼して出張で引き取ってもらと金銭の要求もありえますのでご注意ください。
もし家庭用のコピー機なら家電量販店が下取り、無料引取りをやっていることもあるので買い替えの場合は相談してみてはいかがでしょうか?

最後に。

いかがでしたか? コピー機と簡単に言ってもいろいろと捨てるのはルールがあるようです。できる限り無料で処分したいですが、実際はそうもいかないようです。

  • 家庭で使っているコピー機でも有料になることがある。
  • 業務用は捨てるのに1万円以上はかかる(新しければ買い取りもしてくれるところがあるでしょう)。
  • 無料で引き取ってくれるところがある。

もし無料の業者を見つけることができても、簡単に信じないで本当に無料か、送った後に有料になったりしないのか?
依頼する前によく確認しておくことが大切です。近所に安く捨てることができるところがあればいいですね。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!