乗らなくなった原付の廃車手続きってこんなに簡単!?


原付原付って便利ですよね。高校生から乗れるし、燃費はそこそこだし、手軽に乗れる感じで多くの人が利用しています。
そんな原付、処分するときに悩んでいませんか?
市の粗大ゴミで捨てるなんてできないし、バイク屋でも有料処分だし、どうしたらいいのだろう。今日はそんな原付の廃車方法~処分までわかりやすく簡単にご紹介していきます。

1.こんなに簡単だったのか?原付の廃車方法

車や原付は書類が多くて手続きが難しい。そう思ってはいませんか?ではここで簡単にご紹介します。
こんなに簡単って思える廃車手続き
必要なもの

  • 原付のナンバープレート
  • 印鑑
  • 購入したときもらった書類(座席の裏にずっとある書類です)
  • 廃車申告書(市役所でもらってください)

以上です。原付本体は要りません。書き方も簡単なので1時間もかかりません。書く事もないので次に進みます。

2.どうやって処分したらいいの??

2-1.廃車後に処分する方法

原付のナンバーを返納したらもう乗れません。ゴミになります。ではどのように処分するのでしょうか?
・粗大ゴミでは捨てられない
市のごみ回収では原付は捨ててくれません。バイクの処分はバイク屋に。それが一番近道です。

廃車手続きも無料でやってくれて回収も無料

2-2.いざ捨てる時にいくらかかるのか?

ちょっとも前までは【処分代金1万円】なんて普通でしたが今はほとんどが無料です。中には買取するところもいるでしょう。実は原付は発展途上国にすごく売れます。なので前から【輸出】業者には美味しい商品だったんです。
よっぽどあくどいバイク屋でなければ無料で引き取ってくれるでしょう。

3.買取業者について

正直いいところもあれば悪いところもあります。ただ、大きい会社だから良いとも限りませんし、小さいからダメとも限りません。ちょっと前に大手のバイク買取業者がネットで叩かれてましたね。

  • ヤクザだ
  • 売らないって言っても帰らない
  • 態度が悪い

などなど。
買取業者はここ数年でかなり増えています。そんな中まともな企業を探すのは大変です。少なくても筆者は(広告)に力を入れている企業は避けています。
広告は有料です。ワンクリック数百円~数千円します。それだけのお金をドブに捨てているのだからかなり利益が高いはず。そう思ってしまいます。せっかく廃車手続きは自分でしたのにいざその先は処分されないで不法投棄されるもの悔しいですし、何社か見てみることをすすめます。一番は家の近所の長くやっているバイク屋ですね。

4.依頼するときの注意

バイクの買取で注意が必要なのは

  • 出張で見積もりに来るのか?
  • キャンセル料金は?
  • 売らなくてもいいのか?

この3つです。トラックで引き取る気マンマンで来られて断りにくかったり、断ったら料金取られないか?迷っていてただいくらか知りたいだけでもいいのか?などが重要な抑えどころです。相手も商売なのでお金が1円もかからないで捨てられるのかをじゅうぶん考えて電話しましょう。

おわりに

バイクって、どこの家庭にもだいたいあって、捨てる時に悩むんですよね。バイク屋に言ってみたらなんとなくお金取られたり、まだ動くと思うと捨てられなかったり、そんな経験はありませんか?意外と愛着があるんですよね。今日は

  • こんなに簡単だったのか?原付の廃車方法
  • どうやって処分したらいいの??
  • 買取業者について
  • 依頼するときの注意

以上4点をご紹介しました。
売るときは外人ではなく日本人で、お店もあり、ある程度信用できるところが理想ですよね。トラブルに巻き込まれないように気をつけて行きましょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!