ハードディスクの故障の前兆を知る!故障する前のサインと対処方法!


ハードディスクパソコンのハードディスクにも、寿命があります。
今回は、パソコンのハードディスクが故障する前兆を詳しく解説しましょう。

  1. ハードディスクが壊(こわ)れる前兆を学ぼう
  2. ハードディスクの寿命について
  3. ハードディスクは交換?買い替え?どちらがお得なの?
  4. まとめ

パソコンのハードディスクの故障に備えたい人は、ぜひ記事を読んでくださいね。

1.ハードディスクが壊(こわ)れる前兆を学ぼう

ハードディスクが壊(こわ)れるときは、何かしらの前兆やサインがあります。
故障する前にはどんな症状が見られるのか、詳しく学びましょう。

1-1.カリカリという音が聞こえる

ハードディスクが故障する前兆として多く見ることができる例が、カリカリとした音が聞こえることです。
カリカリとした音が聞こえるときは、頻繁(ひんぱん)にハードディスクにアクセスしている証拠。
特に読み出しや書き込みをしていないときにカリカリと音がしたら、ハードディスクの寿命が近いことを理解しましょう。

1-2.書き込みや読み込みの速度が異常に遅い

今のパソコンは、高機能な物が多いですよね。
当然、高機能なパソコンならばハードディスクへの書き込みや読み込み速度も問題ないはず。
でも、フォルダを開くだけだったり保存するだけだったりなどの簡単な操作でも異常に遅いとなると寿命と考えた方が良いでしょう。
ハードディスクの書き込みや読み込みが遅いことは、作業の効率を落とすだけではありません。
ハードディスクの寿命が近づいている前兆であることを、しっかり認識してください。

1-3. 突然エラーが出て強制終了する

ハードディスクの寿命が近いと、パソコンに突然エラー画面が出て強制終了をするようになります。
特定の操作が原因でない場合は、ハードディスクの寿命と考えて良いでしょう。
パソコンが起動しなくなると、ハードディスクの情報を取り出しにくくなってしまいます。
突然エラーが出て強制終了することが頻繁(ひんぱん)に起こるようになったときは、早めにハードディスクの交換か買い替えを考えましょう。

2.ハードディスクの寿命について

ハードディスクにも、寿命があります。
それでは、ハードディスクの寿命について詳しくお話しましょう。

2-1.物理的な寿命がある

ハードディスクを何年も使うと、円盤部分と磁気ヘッド部分が癒着(ゆちゃく)してしまうことがあります。
これは、経年変化という現象で止(と)めることはできません。
頻繁(ひんぱん)にハードディスクの書き込みや読み込みを繰り返す環境であるほど、ハードディスクへの負担は大きくなります。
物理的な変化による寿命は、仕方のないことと考えましょう。

2-2.温度・湿度・衝撃による変化がある

高温の場所や湿度の高い場所でパソコンを使用することは、ハードディスクの変質の原因になります。
高温の場所で使用すると、熱の影響でハードディスクの円盤部分などが歪(ゆが)みやすいでしょう。
また、湿度の高い場所での使用はハードディスク内にサビが発生する原因にもなります。
さらに、パソコンに強い衝撃を与えることもハードディスクには望ましくありません。
ハードディスクには、外部環境による寿命もあることを覚えておいてください。

2-3.埃(ほこり)やたばこによる影響

埃(ほこり)の多い環境でパソコンを使用すると、パソコン内部にも埃(ほこり)が入り込んでハードディスク内に付着してしまうことがあります。
ハードディスク内に埃(ほこり)が付着することで、読み込みや買い込みが不可能になることも。
また、たばこの煙も埃(ほこり)と同様に、ハードディスクの寿命の原因となります。

3.ハードディスクは交換?買い替え?どちらがお得なの?

ハードディスクの寿命が来たとき、交換する方が良いのか買い替えた方が良いのか悩みますよね。
それでは、実際にどちらがお得なのかについて調べてみたのでご覧ください。

3-1.費用が安いのはハードディスクだけの交換

ハードディスクの寿命が来たとき、今のパソコンの環境をそのままにしたい場合はハードディスクだけの交換を行うと良いでしょう。
自分で交換作業を行うことができると、ハードディスク代だけの費用で済みます。
ノートパソコンのハードディスクなら、ハードディスクの交換も作業自体は簡単でしょう。
ただし、作業中にほかの部品に損傷を与える可能性もあるので注意して行ってください。
パソコン内部は、ハードディスク以外にも湿気や静電気に弱い部品が多いのです。
作業するときには、十分に気を付けましょう。

3-2.パソコン自体が古いのなら買い替えの方がお得

ハードディスクの寿命が来ているときは、パソコン自体も寿命だと考えて良いでしょう。
パソコンが古ければ古いほど、パソコン自体の買い替えをおすすめします。
それに、特に古いパソコンの場合は、対応するハードディスクの型が少ないことも考えられるでしょう。
対応する型をみつけることができても、交換作業が難しかったりハードディスク自体の費用が高額になったりすることもあります。
手間や費用を考えると、新しいパソコンに買い替えた方がお得な場合も多いでしょう。
ハードディスクが故障したときが、パソコンの買い替えタイミングと思ってください。
同時に、古いパソコンを不用品回収業者に引き取ってもらうことも検討しましょう。

3-3.外部ストレージや外付けハードディスクの導入もお得

ハードディスクの故障では、大切なパソコンの情報をすべて台無しにしてしまうこともあります。
普段から、外部ストレージや外付けハードディスクを導入すると慌てないで済むでしょう。
また、外部ストレージや外付けハードディスクの導入は、パソコン内部のハードディスクの寿命を長くする効果も。
ハードディスクが故障して大切な情報が消えてしまう前に、導入を考えてみてください。

4.まとめ

パソコンのハードディスクにも寿命があるため、故障の前兆を学んでおくことで適切な対応ができます。
ハードディスク内の大切な情報を守るためにも、今回の重要ポイントをまとめておきましょう。

  • ハードディスクが壊(こわ)れる前兆を知っておく
  • ハードディスクの寿命について理解する
  • 交換と買い替えのどちらがお得かを知った上で検討する

きちんとした知識を学んで早めに準備することは、ハードディスクの故障に備えるためにも大切ですよ。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!