【必見】狭い部屋の収納はアイデア次第!家具やクローゼットの可能性


狭い部屋などに引っ越すと収納スペースがなくて困ってしまう人も多いでしょう。現代では片付ける時間をとることも難しく、どんどん部屋にものがたまってしまいます。また、部屋が散らかっているとデメリットも多くなってしまうのです。この記事では、少しでも狭い部屋の収納が改善する方法についてご紹介します。

  1. 狭い部屋で収納できる?
  2. 狭い部屋の収納方法
  3. 場所・ものから狭い部屋の収納を考える
  4. 狭い部屋の収納アイデア集
  5. 狭い部屋に入らないものを捨てる方法
  6. 狭い部屋を片付けるための役立ち情報
  7. 狭い部屋の収納にかんする質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、狭い部屋の収納や改善方法がわかるのでチェックしてみましょう。

1.狭い部屋で収納できる?

1-1.一般的にどこから狭い部屋?

まず、どのような部屋が狭い部屋となるのか確認しておきます。狭い部屋とは、一般的に部屋だけで6畳ほどの広さしかない部屋です。この部屋にクローゼットなどがあると余計狭く感じます。
また、間取り的に狭く感じる部屋もあるのです。9畳の間取りでもキッチン一体型の部屋だと狭くなってしまいます。反対に、キッチンの場所が分かれている部屋では、6畳ほどの生活スペースはあっても家具を置くと狭くなるのです。

1-2.狭い部屋におけるメリット&デメリット

狭い部屋のメリットは、何といっても家賃を下げて借りられる点。お金をためたい・無駄使いできない人にはうれしいポイントとなります。
しかし、クローゼットをはじめとする収納スペースがないのは、生活していく中で不便を覚えるものです。また、狭い部屋に引っ越す前は広さを感じていても家具などを置いてしまうと狭くなってしまいます。結局、狭い部屋にストレスを覚えて引っ越すことになるのです。

2.狭い部屋の収納方法

2-1.収納するメリット

ものを収納することは、部屋に自分の生活環境を作ることになります。自分の生活する場所が生まれると、精神的に安定してくるものです。その結果、ストレスの減少となって普段の仕事にも打ち込めるようになります。
また、部屋が片付いていないとものを無くしてしまうもの。無くしたものを探すだけで時間も無駄にしているのです。狭い部屋が片付いていれば、このような無駄が無くなってきます。

2-2.収納の基本方法

ものを収納するときの基本は、ものの量をコントロールすることです。部屋にどれだけ収納スペースなどを作ってもものが多いと片付けられません。
また、やたら大きな収納場所を作るのも問題です。狭い部屋では、大きな収納家具を置くだけで部屋が圧迫されてしまいます。自分の生活環境と収納場所の両立を目指しましょう。

2-3.収納するときの注意点

ものを収納するときは、やたら捨てるのは控えるようにします。とりあえずものを捨てれば、部屋は一時的にきれいになるもの。しかし、片付ける習慣がないと再びものを大量に買い込んでしまいます。これでは同じことの繰り返しです。
ものをやたら捨てるのではなく、きちんと自分にとって必要・不必要なものを分ける力を収納と共に見直しましょう。

3.場所・ものから狭い部屋の収納を考える

3-1.収納したいものから考える

1人暮らしの人は、服がかさばって収納にも困っているかと思います。その場合、100均などにも売られている収納カバーに入れておくのがおすすめです。季節ごとにまとめておけば、使わない衣類をまとめておくことができます。
狭い部屋で本や雑誌が置きっぱなしになっている人は、大き目のカゴやファイルボックスに入れておきましょう。まとめて1か所に置くだけで部屋のスペース確保につながります。

3-2.押し入れ・クローゼットの収納

狭い部屋に押し入れやクローゼットがある人は、ぜひ活用しましょう。使うコツは、そのまま使わないこと。押し入れ・クローゼットのどちらもデッドスペースを活用します。
デッドスペースを活用するには、クリアボックスやハンガー、収納棚を入れていきましょう。自分がクローゼット・押し入れに何を入れたいのか考えながらカスタマイズしていきます。また、押し入れを活用してデスクを作る人もいるのです。収納兼勉強・仕事スペースにも使えるのを知っておきましょう。

3‐3.収納スペースの確保が難しい場合

狭い部屋にて収納スペース確保が難しいときは、壁を活用してみます。壁に穴を開けても大丈夫ならばフックなどを付けて服を掛けられるようにしましょう。また、カバンなどを入れられる収納ハンガーをフックに掛ければ、収納場所が一気に増えます。
また、狭い部屋にベッドを入れるのもいいでしょう。一見部屋が狭くなると感じます。しかし、ベッド下収納を生かせれば衣類や細かい雑貨類、生活用品を入れることができるのです。

4.狭い部屋の収納アイデア集

4-1.まず収納したいもの・場所を決める

収納するときは、とにかく収納スペースを作る・ものを捨てる前に「収納したいもの」を考えましょう。同時に、自分が狭い部屋にてクローゼット、押し入れ、ベッド下などに何を入れたいのか。収納したいものが決まってくると、自分がそれをどこに入れるべきか考えるようになります。反対に、狭い部屋にある収納スペースに「何が入るのか」考えてみるのもいいでしょう。

4-2.出しやすく入れやすい収納にする

収納は、ものをどこかに追いやることではありません。自分が生活するために必要なものを整理することです。そのため、整理したものは必要なときに出せるようにしておく必要があります。
季節ものなどは、段ボールやクローゼットの奥に入れておくので大丈夫です。それ以外の衣類やキッチン用具、貴重品、リモコンなどは必要に応じて出せるようにしておきましょう。クローゼット収納や押し入れに入れるときも、普段使うものは出しやすくなるように前側に出しておくのがコツです。

4-3.狭い部屋の収納レイアウト

狭い部屋で大事なのは、家具などのレイアウト。ベッドの置く場所を壁に寄せるだけで部屋の中央に空間が生まれます。また、ベッドの側面に違う高さの収納棚を置くことで、部屋が2つに分かれたように見えるのです。これにより、生活空間と寝室が分かれたような間取りになります。

4-4.狭い部屋を広く見せる方法

狭い部屋を広く見せたいときは、低めの家具を選ぶのがいいでしょう。家具が低いと狭い部屋でも広く見えます。また、家具の色に統一感を持たせるのもポイントです。家具の色に統一感があると、部屋全体にまとまり感が出てきて広く感じます。

4‐5.狭い部屋のコーディネート術

狭い部屋でも、自分の住みたい部屋を目指してコーディネートすると収納面と共に住みやすい部屋になってくるです。たとえば、北欧風の部屋にしたいと思ったときは、それを感じさせるような収納道具やベッド、家具に統一してみるのを意識しましょう。下記のアドレスには、いくつかコーディネート術があるので参考にしてみてください。

5.狭い部屋に入らないものを捨てる方法

5‐1.狭い部屋における仕分けの方法

狭い部屋でものを整理するときは、まず使うもの・使わないものに分けましょう。部屋の広さに対して使えないものがあれば処分を検討するのがポイントです。また、どうしても捨てたくないものは無理に捨てる必要はありません。

5‐2.自分にあった仕分けルールを作ろう

クローゼットに収納したものなどを仕分けるときは、自分でルールを作っておきましょう。1年以上着ていない服は捨てる、同じタイプのズボンは捨てる、使っていない家電は売りに出してみるなどルールは何でも大丈夫です。自分にとって無理のないルールを作っていきましょう。

5‐3.狭い部屋にて不要なものはリサイクル

狭い部屋にて使えない不用品は、リサイクルを検討するのもおすすめです。前は使っていたギターや掃除機など、今の部屋では収納できないものは売ってみましょう。意外な値段が付いて臨時収入になることがあります。また、友人になどに譲るなどの方法もあるので検討してみましょう。

5‐4.ごみの置き場所について

狭い部屋では、ごみの置き場所に困る人もいるかと思います。できれば毎回のごみ捨てでこまめに捨てていきましょう。ごみをなかなか捨てられない人は、一時的にベランダに置いておくのもおすすめです。ごみ箱を屋外に置くことで匂いも気にならなくなります。

5‐5.どうしても捨てられないものは?

どれだけクローゼット収納やベッドした収納、部屋のレイアウトを考えても入りきらない「捨てられないもの」があるでしょう。そうした大切なものは、トランクルームに預けるのがおすすめです。トランクルームは毎月の使用料を払うことで借りることができ、大きなスペースも借りられます。どうしても捨てられないものや、ものを一時的に保管する場所として使ってみましょう。

 

6.狭い部屋の収納にかんする質問

Q.クローゼットがなくジャケットなどが収納できないのですが…。

壁などを利用して衣服を掛けられるようにしましょう。その上で、100均などにあるカバーを掛けておけばほこりをかぶることはありません。

Q.収納家具はどんなものを揃えればいいですか?

収納家具については、運びやすいクリアボックスなどがおすすめです。木製のものだと重くて持ち運びが面倒になるので控えましょう。引っ越しのときや模様替えのときにも困ります。

Q.ベッドと敷布団どちらがおすすめですか?

狭い部屋だと、敷き布団を置くのは難しくなるものです。できればベッドのほうがおすすめ。ベッド下を収納に使えます。また、ロフトベッドならば下にデスクを置くことも可能です。

7‐4.トイレ用品を置く場所がありません。

狭い部屋でトイレ用品も置けないときは、トイレの上に収納スペースを作りましょう。100均にある突っ張り棒とカーテンを使えば簡単に作成できます。

7‐5.壁に穴を開けても大丈夫ですか?

壁に穴を開けたりしたいときは、事前に管理会社に確認をとっておきましょう。壁に勝手な加工をすると退去時にお金が発生する場合があります。

8.まとめ

いかがでしたか? この記事では狭い部屋にかんする収納についてまとめました。
狭い部屋では、ものを減らすと共に収納場所を確保することが大切です。クローゼット収納や押し入れの収納、ベッド下収納などを活用してみましょう。また、レイアウトを工夫することで部屋を広く見せることもできます。収納術や部屋のレイアウトを工夫して理想の部屋に近づけましょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!