倒産品を効率よく処分して換金するには? 閉店した時に可能な限り換金する方法


DSC_0039この不景気の中、倒産する会社が増えています。

筆者はリサイクル事業を営み数年が経過しました。この段階で、知り合ってきた同業者も数多く撤退、倒産しています。

音信不通も含めれば近所だけで10社はあるでしょう。

倒産とはいかないまでも、事業縮小、店じまい。移転などで掛かる費用は莫大です。ただ単に産廃業者へ依頼すると恐ろしい金額になるでしょう。

なんでも買取ります!倒産品大歓迎!!なんて広告に騙されていませんか?

今回は、リサイクル事業を『けっこう極めてきたな』と自負する筆者が一般の人向けにいくつかご紹介していきます。

  1. 倒産品とは?(業者目線もあり)
  2. 倒産品を扱うリサイクル業者について
  3. 倒産品の買取とは
  4. 業者選びは慎重に

以上の4点をご紹介していきます。

1.倒産品とは?(業者目線もあり)

1-1.倒産品とは

倒産品、あまりいい響きではありませんね。
しかし、この倒産品という言葉、ゴミ箱一つから冷蔵庫、新品在庫など中古から新品までさまざまです。一般的に倒産品とは、会社が残した残留物として扱われることが多いです。
一般人から見たら全部まとめて倒産品なのでしょうが、リサイクル業者がみた倒産品とは多少ずれています。リサイクル業者は『お金になるものしか見ていない』というのがポイントです。中古の机や本棚、ファイルやレジスターなど、型落ち製品や今時の電子パネル操作がついていないもの、オートつり銭ではないもの。古臭い机や本棚。特に傷があったり錆びていたら最悪です。
リサイクル業者の多くは、店頭に並べられる製品しか見ていないことを覚えておきましょう。

1-2.どんなものが倒産品として扱われるのか

リサイクル業者の目線で言えば、
商品在庫、つまり販売していたが売れなかった製品です。食品でも買取る業者は大勢いますが、消費期限など近いと販売できないので最低でも3ヶ月以上あることが望ましいです。
また、新品製品でなくとも、中古でも事務用品・店舗什器も買取が可能です。
事務用品は机や椅子などから、カウンター、パーテーション、シュレッダーなど事務機器は一式売ることが出来るでしょう。しかし、事務用品も新しい、古いがあるので古いものは対象外になります。7年程度が境目かもしれませんね。
店舗什器ではコールドテーブル、製氷機、レジスター、エアコン、ガラスショーケースなどさまざまです。カゴ車も買取対象なことがありますので聞いてみるといいでしょう。倒産品ではありませんが、物流センターで破損が出たときに買取を依頼するケースもあります。破損した場合は荷主に弁償しないといけないので弁償金の補填の為ですね。

2.倒産品を扱うリサイクル業者について

2-1.どういうときに依頼するのか?

倒産品というくらいなので、会社が営業が終わってからの対応となることがほとんどです。しかし、この場合は多くの人が損をしています。
まず、営業が終わってから「1番最初に買取業者を入れる」ことを考えなければいけません。
倒産し、店が閉まったあとは片付けや、リース品の返却、ゴミ業者など様々な業者が入ってきます。そのなかで一番雑に扱われるのがリサイクル業者です。

  • どうせ、売れないと思った。
  • 買取する気ないんでしょ
  • ゴミ業者が全部持っていけばキレイになる

そういった人が多く、優先順位が低くなっています。しかし、一番優先すべきはリサイクル業者なのです。なぜなら、あなたの会社の製品を買ってくれる最後のお客さんはリサイクル業者ではないですか?
ほかの業者はあなたからお金を取ることを考えてきますが、リサイクル業者はあなたにお金を払ってくれます。開業5年以内で倒産する経営者はこのあたりの知識や考え方が悪く、だいたい先に入れてしまった業者に
『これ貰っていいか?』
『これはゴミだから持っていく』
と馴染みの業者から声をかけられたり、ゴミ回収業者に難癖つけられて売れる製品を持っていかれるのです。
実際に、弊社でショッピングモールの片付けに行った時は他のゴミ業者が1点5万円以上する機械(食品スーパーなら絶対に持っているものがなかったので担当者に聞きました)を、昨日来たゴミ回収業者が『処分するの大変だろうから全て無料でもっていきますよ』と、持っていったらしいです。この段階で、数十万は損しています。
ゴミを片付けるのは最後。
リースは返却しないといけないためリサイクルショップと同時期程度に取りに来てもらう。
これが一番手元にお金が残る方法です。

2-2.買取できる理由

なぜ、倒産品を買い取ることができるのでしょうか?
答えは簡単です。売り先があるから。
売り先があるのは、すべてのリサイクルショップに共通しています。
『古物市場』
ある意味、どんなゴミでも値段次第で売れてしまう場所です。
倒産品のようなゴミでも、どこかの業者が300円なら買いたいと思っているものがあるかもしれません。販路の広さ、繋がりが多い会社ほどどんなものでも買取ができるのです。
ただし、製品があまりにもゴミ過ぎると、カゴ車5台満載で500円とかもありえます。

2-3.メリット

どんな形にせよ、あなたにとってどうにもならなくなった倒産品を持って行ってくれるだけでありがたいことです。保管するだけでも費用が発生する。捨てるのにもお金がかかる。倒産した場合、少しでも早く身の回りをきれいにすることが大切です。まずは維持費をなくすためにも荷物を減らしましょう。

2-4.高値がつきやすい倒産品

たまに見かけますが、ユニクロの製品やヒートテックなどの新品、ショッピングモールにも入っているような雑貨屋さんで売っているようなもの。『廃棄』と書かれたダンボールに製品が入っていたこともあります。明らかに廃棄されたものだと、ヒビが入っていたり、割れていたりする木製のまな板。これは不良在庫なのか、産廃業者へ処分を依頼したのかは不明です。ですが、古物市場では1万、2万と普通に値段が付きます。入場には許可証の提示、会員登録などがありますが訳あり品でも値段がつくことを覚えておきましょう。
新設して3年以内であればオフィス用品は全て売れる。と考えてもいいでしょう。オフィス用品はそれほどモデルチェンジしないので綺麗に使えば売れる可能性はあります。
一番売れないのは「食器」です。特に中古などは問題外です。B級品のギフト関連も人気がありません。パッケージが傷み有り、中に黄ばみやシミが有りだと価値が下がります。
厨房用品は傷があっても、古くても使えれば売れる傾向にあるのでステンレスでできた洗い場などは聞いてみるといいでしょう。

3.倒産品の買取とは

3-1.どこの業者へ依頼すればいいのか?

倒産品の買取の場合、個人的にはトレジャーなどリサイクル大手企業、と言われるお店よりも専門のお店の方が好ましいと思います。
それは、仕入先にも考え方はあります。
先程伝えた古物市場で仕入れるのか?
一般人からの仕入れに力を入れているのか?
その違いです。
ネットで調べれば直ぐにわかります。
安い、と言っている人が多いです。
あれだけの店舗と、商品をどうやって維持しているのか?
それは売る人が多いのではありません。市場で買い付けをしているからと思ったほうが正解に近そうです。
一般の人からしか仕入れない。
そう考えているお店を探すことが高く売ることの近道です。
仕入先があなたの持っている製品しかないのだから、お店側も高く買いますから。

3-2.見積もりについて

基本、数が多いのであれば現地見積もりがいいでしょう。
しかし、引越しの時期や片付けの時期はリサイクルショップは忙しいので避けるといいでしょう。
見積もり方法は様々ですので、見積もりに費用が発生するお店。見積もり無料のお店、電話口のみのお店。無料は敷居が低いですが、買取金額が高いとは限りません。むしろ、見積もりも有料の方が『買取価格もサービスも上』の可能性があります。見積もりでも費用が発生するとなると、お店の方針もありますが、

  • 無駄なことは極力しない。
  • ゴミは相手にしない。
  • 一人一人のお客様を大事にする
  • 親切に、不明点や現場でトラブルがないようにする。

などの配慮があることが多いです。
なんでも無料であれば、トラブルも増えるでしょう。
『HPに〇〇って書いてますよね?規約違反です。読むことぐらい誰でもできる』
と言われたらどうしますか?HPに書いてあっても説明してくれるけど、割高な業者の方が営業の姿勢としては親切でまともな感じがしませんか?
無料に釣られる人、そうでない人。客層もかわるので、お店の対応も変わるんだと思います。当然、見積もりの金額にもそれは比例していきます。

3-3.買取方法

基本的にその場でトラックに積んだ分は現金買取です。
その場で数百万も払えないようなお店に頼むと逃げられる可能性もあるのでその場で支払えないようなお店には依頼しないほうがいいでしょう。
お店の規模もありますが、トラック2台分程度であれば1日で終わるはずです。

3-4.高価買取のコツ

単純にいくつかありますが、

荷物がどこにあるのか?

これはそこそこ大切です。大量の荷物をトラックまで運ぶの、どこにあるのかは業者も確認します。
自分の会社の社員を使ってトラックのそばまで運ぶことができればかなり優遇されるかもしれません。

製品の状態

保管状態、現在綺麗か?により金額が変わります。新品であれば元箱まで。中古であれば使用感がどの程度あるのか?が見られます。

納期

いつまでに作業を完了しない解けないのか?これはそこそこ大切です。忙しい時期だと、予定が合わずにお断り。なんてこともありえます。余裕を持って依頼できるようにしましょう。
依頼が多く来ているお店ということは、それだけ人気がある。ほかの人が満足している可能性がある。ということです。ただ、1人でやっているような回収業者、買取業者もいるので法人ではない場合は注意しないと話術に騙されている可能性がありますので、慎重に判断してください。

4.業者選びは慎重に

4-1.信頼できる業者の選び方

筆者の経験では、見積もり無料、と言う買取業者ほど【ダメ】な印象があります。

理由はいくつかありますが、話を全く聞いていませんし、対応が悪いです。

1つ、
「脚付きマットレスを買い取って欲しいけど、大丈夫ですか?」
【見てみないとわかりません】
当日、実際にスタッフの人が1人で来ました。
【脚付きマットレスは買取りできません】
「それ、言いましたよね?電話で」
【わかりませんが、処分で5,000円もらえば引き取れます。】
「キャンセルしてください」
こんなやり取りが実際にお客様の家でエアコンを外している時にありました。
キャンセルも、見積もりも無料!!
の会社らしいです。でも、これってどうなんですかね?なんでも無料では、この程度らしいです。

2つ、
洗濯機を売る時に、電話では何も言われなかったが現地にて、
「動作の確認ができないものは買取りできません。キャンセルか、処分代5,000円です」
というところもいるそうです。HPには、電化製品は動作の確認が必要と書いてあっても、そこまで読んでいなかったのは客が悪い。と言われます。
めんどうでも、細く説明してくれるお店の方があなたにとってきっと頼りになるお店になるはずです。

4-2.料金について

見積もりで料金がかかるところ、かからないところを比べてみてもいいともいます。どのくらい金額が変わるのか?条件は?それらを比べて自分にあったほうに依頼しましょう。
人数が必要だったり、ほかの予約を止めている場合はキャンセルの時にキャンセル料金が発生することもあるので注意しましょう。

終わりに

いかがでしたか?倒産品といえど、うまくリサイクル業者を見つけることができれば残った製品をお金に変えることができます。ゴミで処分するのは最後の手段にして、残った製品を販売してみてはいかがでしょうか?
今日は、

  1. 倒産品とは?(業者目線もあり)
  2. 倒産品を扱うリサイクル業者について
  3. 倒産品の買取とは
  4. 業者選びは慎重に

以上の4つをご紹介してきました。

ゲームや玩具の倒産品も売れたりしますが、高価なものと安いものでばらつきがあるので全部まとめて引き取ってもらうなど、ある程度自分の中での希望額に沿うようなら依頼してしまうのも手です。以前、貴金属買取のおたからやの片付けに行きましたが比重計など高価なものも引き取ってきたので店じまいの時に1円もかけないで店の片付け、売却をする方も考え方を変えれば可能です。見積もりの時に料金は発生しますがご相談いただければ現地にて弊社スタッフが相談に乗ります。最後の片付け、売却はぜひ関東家電リサイクル問屋へご相談ください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!