「家具の捨て方が知りたい」そんなあなたに役立つ3つの方法をご紹介します!


新生活が始まると、それに合わせて家具も買い替えていく必要がありますよね。
「結婚した」「子供が生まれた」「子供が成長して独立した」など生活の変化に合わせて家具を買い替えるもしくは減らすことが必要になります。 
あなたは今、家具の買い替えを検討中ですか?
もしそうなら、いらなくなった家具の捨て方に悩んでいませんか? 
そんなあなたのために、この記事では家具を効率良く処分する方法をご紹介します。

家具の捨て方その1:自治体で回収してもらう

いらなくなった家具は自治体で粗大ゴミとして回収してくれます。
回収に必要な見積もりを取ったりする必要が無いので手間のかからない方法ですよね。 
では、家具を適当にゴミ集積場に出しておけば、回収して貰えるのでしょうか? 
そうではありません。
自治体によって家具の捨て方が異なるので、一度役所に電話して処分方法を聞いてみましょう。
「指定された日に集積場に出してください」「大きさは○○cmにしてください」など色々な指定がありますので、自治体のルールを守って正しく処分することが大切です。 
また料金が数千円かかることもあります。その点も最初に聞いておくといいですね。

家具の捨て方その2:オークションで売る

家具の捨て方として、ネットオークションも活用できます。 
まだきれいな家具やデザイナーズ家具などは、オークションでも十分値が付くことでしょう。
自分でお客さんとのやり取りや梱包作業まで行わなければいけませんが、業者を通していないので手数料を取られることもありません。 
家具をただ捨てるのは簡単ですが、少しでもお金に変えることが出来たらいいと思いますよね。
まだきれいな家具を処分する時には、ネットオークションを活用してみるのもおすすめですよ。

家具の捨て方その3:不用品回収業者に依頼する

大きな学習机やタンスなどを一人で捨てるのはなかなか大変ですよね。
集積場まで持って行くのは大変だと思うなら、不用品回収業者に依頼することが出来ます。 
家具の処分を不用品回収業者に依頼する場合、ポイントがあります。
それは、不用品回収だけでなく買取りもしている業者を選ぶことです。
不用品回収と同時に買取りをしてくれる業者では、まだ使える家具を買い取ってくれることがあります。
処分したい家具がたくさんある場合、買取り価格で回収料金を相殺してくれるかも知れません。
そのような業者を選べば、安く手間をかけずにいらない家具を処分することが出来るでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は家具の捨て方を3つご紹介しました。

  1. 自治体で回収して貰う
  2. オークションで売る
  3. 不用品回収業者に依頼する

もし、家具の捨て方に迷っているなら、この3つの方法を検討してみることをお勧めします。

この記事が役に立ったと思ったら下のボタンを押してシェアしてくださいね。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!