アパートの退去時にはどこまで掃除する? 必要性・方法を徹底解説!


アパートの退去時には、借り主が掃除をする必要があります。退去の際には、住み始めたときと同様の状態に戻すことが原則だからです。今まで住んでいたことへの感謝の気持ちを込め、しっかりと掃除しましょう。しかし、どこまで掃除をすればいいのか・敷金は戻ってくるのかなど、いろいろと悩みますよね。また、掃除の仕方もよく分からないものです。そこで、今回は、アパート退去時の掃除について詳しく解説します。

  1. アパート退去時の掃除の必要性
  2. アパート退去時の掃除と敷金について
  3. アパート退去時の掃除方法
  4. アパート退去時の掃除でよくある質問

この記事を読むことで、アパート退去時の掃除について詳しく分かります。まずは、記事を読んで参考にしてください。

1.アパート退去時の掃除の必要性

最初に、アパート退去時の掃除の必要性について詳しく解説します。

1-1.アパートの退去時に掃除が必要な理由は?

借り主は、アパートの退去時に原状回復をする必要があります。賃貸契約書にも記載があるはずなので確認してください。原状回復とは、元の状態に戻すことです。つまり、賃貸契約を開始したときと同様の状態に戻すことになります。長く暮らしていれば、さまざまな汚れがたまっていくものです。退去時には、キレイに掃除してスッキリさせましょう。

1-2.掃除は借り主の義務? 貸し主の義務?

退去時の掃除は、借り主と貸し主のどちらに義務があるのでしょうか。一般的には、原状回復の義務は借り主にあるものです。しかし、経年による壁紙の色あせや畳・床の傷などは、免責となります。従って、借り主が修復費用を負担する必要はありません。ただし、契約違反(ペット不可の物件でペットを飼っていた・禁煙の物件で喫煙していたなど)が判明した場合は、貸し主から弁償を求められることがあります。

1-3.どこまで掃除する? 貸し主負担はどこまで?

経年による変化がある以上、賃貸契約開始時と完全に同じ状態にすることは不可能です。まずは、自分でできるだけキレイに掃除をすることを心がけてください。なお、汚れやシミなどで、貸し主が負担するべき主なものは以下となります。

  • 日光による壁紙やカーペットの色あせ
  • 壁紙・カーペット・フローリング・畳などの経年による傷み
  • 家電製品や家具を置いたために自然にできた黒ずみ

2.アパート退去時の掃除と敷金について

アパート退去時の掃除について、決まりごとや敷金との関係なども併せて、詳しく解説します。

2-1.退去時の掃除の決まりごとや敷金について

アパートの退去時には、掃除や修復で借り主と貸し主がもめやすいものです。そのため、国土交通省では、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を掲げ、トラブル防止に努めています。このガイドラインと見比べ、不明な点や不利になる点がある場合には、貸し主とよく話し合って解決しましょう。契約を結ぶ際、敷金の支払いを求められるのが一般的です。敷金は、家賃1~3か月分程度を貸し主に支払います。特に問題なく過ごしていれば、退去時に敷金の多くが戻ってくるでしょう。

2-2.掃除をすると返金される敷金が増える?

敷金は、家賃滞納や故意・過失などがあった場合のための「一時預かり金」のようなものです。従って、退去時には借り主に返金されることになります。多くの場合、貸し主が退去時に物件の汚れや傷みをチェックし、過失による損害がなければ全額返金されるべきものです。退去時にきちんと掃除をしておけば、貸し主の印象がよくなるため、返金される敷金が多くなることでしょう。

2-3.アパート退去時の掃除に関する注意点

アパートの掃除で貸し主ともめたときは、よく話し合うことが大切です。しかし、努力をしても解決に至らない場合、第三者機関に相談することもできます。たとえば、独立行政法人国民生活センターでは、退去時の掃除など賃貸トラブルの相談が可能です。ひとりで悩まず、アドバイスを受けるといいでしょう。悪質な場合は、貸し主に勧告してくれることもあります。

3.アパート退去時の掃除方法

アパート退去時の掃除方法について、詳しく解説します。

3-1.アパート退去時の掃除はどこまでする?

アパートの退去時にどこまで掃除をするのかについては、以下を目安にするといいでしょう。なお、掃除をしなくてもいい場所は、前項1-3で記述した内容を参考にしてください。

<掃除をする場所>

  • 日常生活で主に使用していた場所
  • 汚れが目立つ場所
  • 掃除によって汚れが落ちる場所

3-2.よくある汚れの種類

アパートの汚れでよくあるものは、以下のとおりです。自分で取ることができる汚れは、できるだけ掃除でキレイにしておきましょう。

  • カーペットのシミ
  • 浴室やキッチンのカビ・水あか
  • トイレの黒ずみ汚れ・カビ
  • フローリングや畳の汚れ

3-3.アパートの掃除方法について

アパートの掃除は、以下の手順で進めるといいでしょう。限られた時間を有効活用するためにも、計画をしっかり立てて進めましょう。

  • 掃除の順番と必要な時間を考え、計画を立てる
  • 最初に粗大ゴミや不用品を片づける
  • 大体片づいたら計画どおりに進めていく
  • 途中で休憩をはさみつつ、進み具合をチェックする
  • すべての掃除を終えたら、キレイになったことを確認して終了

また、主な汚れ掃除方法については、以下を参考にしてください。

  • カーペットのシミ:中性洗剤を水で薄めたものを布に含ませ、シミの周辺をたたくように汚れを取り、最後に水ぶきする
  • 浴室やキッチンのカビ・水あか:カビ取り剤を使う・水あかは、水1Lにクエン酸5g溶かしたものをキッチンペーパーに含ませて張りつけ、1時間後にはがしてこすり洗いをする
  • フローリングや畳の汚れ:水を含ませてよくしぼったぞうきんで表面をふき、最後にからぶきで仕上げる

3-4.アパートを掃除するときのポイント

アパートを掃除するときは、以下のポイントを心がけてください。

  • 掃除は上から下へ行う(例:天井から床・壁の上部から下部)
  • 汚れの少ない場所から始める
  • 水回りなど時間がかかるところは「つけ置き」などを利用して効率よく進める
  • どうしても取れない汚れはあきらめてもよい(場合によってはプロに依頼する)

4.アパート退去時の掃除でよくある質問

最後に、アパート退去時の掃除でよくある質問に回答します。それぞれ役に立つので参考にしてください。

Q.掃除中に身に覚えがない汚れや傷を見つけた場合は?
A.まずは、その場で汚れや傷の状態を撮影し、退去時に報告しましょう。何も言わずにいると、借り主の落ち度となり、修復費用を請求されることがあります。身に覚えがないことをきちんと説明しておくことが大切です。ただし、入居時に確認しなかったことで、一部負担となる可能性があります。

Q.どうしても取れない汚れはそのままにしていい?
A.努力をしても取れない汚れもあります。その場合は、掃除をしたけど取れなかったことを退去時に伝えましょう。経年や通常の日常生活で発生したものなら、問題ありません。ただし、マジックで誤って書いてしまったなど、過失によるものは後日請求がくる可能性があります。

Q.退去時の掃除費用を貸し主に請求できる?
A.借り主が自ら行った部分については、費用請求できません。日常生活で発生した汚れの掃除は、借り主負担となります。ただし、費用請求できなくても、まったく掃除をしないで退去するのはいけません。後日、貸し主からクリーニング代を余分に請求されることがあります。

Q.退去時の掃除はいつから始めるといい?
A.退去日の直前に始めると間に合いません。まだ余裕があると思っているうちに日にちがたつので注意しましょう。余裕を持って作業を進めるためには、1週間程度前から少しずつ進めるといいでしょう。特に、粗大ゴミや不用品の仕分けと処分に時間がかかるものです。

Q.部屋が汚すぎて、自分では手がつけられないときは?
A.「汚部屋」のような状態でゴミや不用品が多すぎる場合は、当クリーンハウス埼玉をはじめとするプロの業者に依頼すると便利です。ゴミや不用品の仕分け・処分・掃除まで依頼できるので、時間や労力をかけずにキレイになります。費用はかかりますが、メリットも大きいので検討してみてください。

まとめ

今回は、アパート退去時の掃除について詳しく解説しました。気持ちよく退去するためにも、きちんと掃除をしておきましょう。なお、思わぬトラブルを避けるためにも、どこまで掃除するべきかについて、正しい知識が必要です。掃除のポイントは、賃貸契約書に基づき、できるだけ原状回復できるように努めてください。通常使用の範囲による汚れや傷み・経年による劣化などは、借り主の責任ではありません。もしも、貸し主からクリーニング代の請求があったら、話し合いをしてください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!