物を捨てる基準を5つ紹介! 不要なものを捨てて自分を変えるには?


「物が捨てられなくて困っている」「捨てる基準を知りたい」という人は多いでしょう。最近は断捨離ブームもあり、シンプルな生活に憧れる人が増えてきました。しかし、実際には「部屋に物があふれている」「もったいなくて捨てらない」という人が多く、理想の暮らしを手に入れるのは難しいのが現状です。物が多くて困っている場合、「捨てる基準」が分かれば問題が解決する可能性があります。

この記事では、物を捨てる基準やポイント・捨てる物の処分方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 物を捨てる必要性は?
  2. 物を捨てる基準例
  3. 物を捨てる際のポイント
  4. 捨てた物の処分方法
  5. 物を捨てる基準に関するよくある質問

この記事を読むことで、物を捨てられない理由や捨てる必要性・処分方法のメリットやデメリットなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.物を捨てる必要性は?

まずは、物を捨てる必要性や捨てられない理由などをまとめました。

1-1.物を捨てることでたくさんの得がある

物を減らすことで、時間やお金・場所などさまざまな面でたくさんの得があります。まず、物が少なくなれば目的の物を見つけやすくなり、「物を探す」ということがなくなるでしょう。物が見つからなくて新たに似たような物を買うこともなくなります。また、物を置くための場所も少なくて済むという点もメリットです。部屋を広く使えるようになり、掃除もしやすくなります。その分、ストレスから解放され、気持ち的にも自由や快適さを手に入れることができるでしょう。

1-2.なかなか捨てられない物もある

捨てたいと思っても、なかなか捨てられない物もあります。特に、増えがちな洋服や本・細かい物が多い文具などは、捨てるのが難しいでしょう。人からプレゼントされた物や思い出のつまった物となると、なおさらです。

1-3.捨てられない理由は?

物が捨てられない理由は、「高かったのでもったいない」「もらった物なので捨てにくい」「いつか使うかもしれない」などがほとんどです。しかし、このような理由で残しておいた物を、実際に使用することはないでしょう。本当に必要な物であれば、「使う」という前提で使用するはずです。そのため、「もったいない」という意識を持つこともありません。「もったいない」と考えるようになった時点で、もう自分にとって必要のない物であると自覚しなければならないのです。

2.物を捨てる基準例

物を捨てられない人は、「物を捨てるための基準」を作るのがおすすめです。基準例をいくつかご紹介しましょう。

2-1.壊れている物

壊れていてもう使えない物は、すぐに捨てるべきです。壊れている物をいつまでも残しておいても、今後使うことは絶対にありません。修理に出そうと思って放置したままの物や、面倒で処分していなかった物などは、迷うことなく捨ててしまいましょう。

2-2.1年以上使っていない物

1年以上使っていない物は、今後も使うことはないでしょう。特定の季節だけ使う物であっても、1年を通して使っていなければもう必要はありません。「来年は使うかもしれない」という考えは捨て、潔く処分するべきです。

2-3.持っていることを忘れていた物

クローゼットや引き出しから出てきて「こんな物持っていたのか」と驚くこともあると思います。今までなくても困ることはなかった物なので、捨ててしまっても問題ないでしょう。

2-4.役割の同じ物が複数ある場合

ハサミや同じサイズのバッグ・爪切り・ボールペンなど、「役割の同じ物が何個もある」という家も多いと思います。ついうっかり増えてしまってそのままにしてしまいがちです。一番気に入っている物を一つだけ残して、後は捨てましょう。

2-5.1回も使ったことがない物

持っていても1回も使ったことがない物は、今後も使うことはありません。「必要になるときがくるかもしれない」と思って残しておくのは、スペースの無駄です。本当に必要な物のためのスペースを確保するためにも、捨てることをおすすめします。

3.物を捨てる際のポイント

物を捨てる際に覚えておくべきポイントをいくつかご紹介しましょう。

3-1.短時間で決める

物を捨てる際は、時間をかけずに済ませてしまうのがおすすめです。物を手に取るたびに「懐かしい」などと感慨にふけっていると、捨てない言い訳が浮かんできてしまいます。タイムリミットを決めて、短時間で捨てる物を決めてしまうのが一番です。

3-2.「どうなりたいか」をイメージする

物を捨てることで「どうなりたいか」をイメージしてみましょう。たとえば、「物を減らして部屋を広くしたい」「余分な物を捨てて気持ちもすっきりしたい」など、なりたいイメージがあれば作業を進めやすいはずです。

3-3.捨てたい物から捨てる

まずは、捨てたい物から先に捨てていきましょう。ゴミ同然の物や本当に不要な物から捨てていき、捨てるべきか迷っている物は後回しにしてください。どんどん物が減っていくことが気持ちよくなり、迷っている物も捨てやすくなるはずです。

4.捨てた物の処分方法

捨てた物を処分する方法について、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

4-1.人に譲る、または寄付する

友人や知人に譲る、または寄付することで、本当に必要としている人に使ってもらうことができます。人に喜んでもらえること、物が無駄にならないことなどがメリットです。ただし、譲り先を自分で探す手間と時間はかかります。特に、団体や施設などに寄付する場合は、どこでどんな物の寄付を受け付けているのか、きちんと調べる必要があるでしょう。

4-2.自治体のゴミ回収を利用して処分する

ゴミとして捨てる場合は、自治体のゴミ回収を利用する方法が一般的です。指定の曜日にゴミ捨て場に置いておくだけなので、手軽に処分できます。ただし、自分でゴミの分別をする・捨て方のルールを事前に確認しておくなど、ある程度の手間は必要です。ゴミ回収のルールは自治体によって異なるため、ホームページなどをチェックして調べておきましょう。また、粗大ゴミの場合は事前に申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要です。

4-3.売却する

まだ使える状態の物は、リサイクルショップなどを利用して売却する方法もおすすめです。家電の場合いは、正常に動作する物で状態がきれいであれば、買取してもらえる可能性が高いでしょう。ただし、壊れている物や汚れが目立つ物などは買取対象外になるため、その場合はほかの処分方法を検討する必要があります。

4-4.不用品回収業者に依頼する

処分したい物が大量にある場合は、不用品回収業者に依頼して回収してもらいましょう。「持ち込み回収」「宅配回収」「出張回収」の中から、自分に合った回収方法を選択できます。自分で持ち込むのが難しい場合や、大型の不用品がある場合などは、出張回収を利用するとよいでしょう。業者によっては回収と同時に買取も受け付けているため、状態のよい物は買取してもらえます。ただし、中には悪質な営業をしているところもあるため、業者選びは慎重に行ってください。

4-5.ネットオークションに出品する

ネットオークションなどに出品して売却する方法もあります。利用者が多いため買い手が見つかる可能性が高いこと、自分で出品価格を設定できることがメリットです。その反面、買い手が見つかるまで手元に置いておかなければならないというデメリットもあります。また、取り引き相手との間でトラブルが発生する可能性もあるため、慣れていない人は注意が必要です。

5.物を捨てる基準に関するよくある質問

「物を捨てる基準を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.思い出の品を捨てることに抵抗があります。どうすればよいでしょうか?
A.手に取ってみて何か心に感じるところがあれば、残しておいてもよいと思います。また、写真に撮影して残す、という方法もおすすめです。

Q.不用品を高く買取してもらうためのポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、外箱や付属品をそろえておきましょう。買取業者を比較して選ぶことも大切です。

Q.  捨てるかどうか迷う物がたくさんあって片付けが進みません。どうしたらよいでしょうか?
A.ひとまず「保留」にしておき、段ボールなどにまとめておいてください。1か月ほどたってから再度考えてみましょう。少し時間を空けることで冷静に判断できるはずです。

Q.なぜ無料で不用品を回収できる業者があるのでしょうか?
A.回収した不用品をリユース・リサイクルすることで利益を得ているためです。修理不可能な家電などは、分解して部品を再利用しています。

Q.悪質な不用品回収業者の特徴を教えてください。
A.一般廃棄物収集運搬業の許可を得ずに営業している業者や、事務所の所在地を明らかにしていない業者には注意しましょう。また、飛び込みで訪問してくる業者も利用しないことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 物を捨てる基準や捨てる際のポイントなどを詳しくご紹介しました。「なかなか物を捨てられない」「物を減らして部屋も心もすっきりしたい」という人は多いと思います。物を捨てるためには、まず何を基準にして捨てる物と残す物を決めるかが重要です。自分にとって不要な物を捨てるために、ぜひこの記事を参考にしてください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!