店舗閉店に伴う不用品・在庫の処分方法は? 一番楽な片付け方を解説!


「店舗を閉店するにあたり、不用品や在庫の処分方法を知りたい」「できるだけお金をかけず処分できる方法はないだろうか」とお考えではないでしょうか。店舗閉店時には、店内をスッキリ片付けておきたいですよね。しかし、なるべく損せずに不用品や在庫を処分するにはコツがあります。

今回は、店舗閉店に伴う不用品や在庫の処分方法を詳しく解説しましょう。

  1. 店舗閉店時に必要なことは?
  2. 店舗閉店に伴う不用品の処分方法
  3. 店舗閉店に伴う在庫品の処分方法
  4. 店舗閉店に伴う処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、店舗閉店時の処分についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.店舗閉店時に必要なことは?

最初に、店舗閉店時に必要なことを確認していきましょう。

1-1.居抜きかスケルトンかで対応が異なる

店舗閉店時には、居抜きかスケルトンかで対応が異なります。具体的には、以下のとおりです。

  • 居抜き:在庫の処分だけでなく、店舗の設備を完全に撤去する必要がある
  • スケルトン:在庫の処分は必要だが、店舗の設備はそのまま残しておける

賃貸物件の場合は、基本的には契約書の内容に従うことになります。ただし、本来はスケルトン対応が必要でも、次の契約者が決まっており、すぐに営業開始を希望する場合は、居抜きとなるケースもあるので確認してください。

1-2.不用品の処分方法を決めておく

店舗閉店に伴う不用品の処分方法を決めておくことも大切です。たとえば、以下のようなものが不用品となります。

  • 調理設備・調理道具
  • 食器類
  • ショーケースや什器(じゅうき)
  • 照明器具
  • イス・机
  • キャビネット
  • エアコン
  • テレビ
  • ソファー・テーブル

店舗のクリーニングを退去期日までに完了させるためにも、不用品の処分は早めに進めていきましょう。

2.店舗閉店に伴う不用品の処分方法

不用品の主な処分方法をご紹介します。

2-1.事業用ゴミは自治体に出すことができない

店舗閉店に伴う不用品は事業用であるため、自治体で処分してもらうことはできません。そのため、不用品の内容によって、以下のような方法で不用品の処分を進める必要があります。

  • 店舗設備買取業者に依頼する
  • 不用品回収業者に処分を依頼する

希望日時に回収してもらうためにも、業者の手配はできるだけ早く行いましょう。繁忙期や直前に依頼した場合、業者によっては先約があり手配できないことがあります。

2-2.まずは見積もりを依頼しよう

業者に不用品の回収を依頼する場合は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 業者に連絡して見積もりを依頼する
  2. 業者が現場確認のためにやってくる
  3. 現場確認後、業者から見積もりが届いたら内容を確認する
  4. 特に問題なければ、正式に依頼する
  5. 指定日時に業者がやってきて不用品の回収をする

3.店舗閉店に伴う在庫品の処分方法

店舗閉店に際し、在庫品の処分方法も確認しておきましょう。

3-1.最終セールや買取処分を進める

店舗閉店時の在庫は、最終セールや業者の買取処分を利用して消化しましょう。最終セールを行う場合は、できるだけ早めに広告を出すなどし、多くの人に来てもらうことが大切です。なお、最終セールを行う時間がない・大量の在庫がある・早く処分したいといった場合は、業者に買取処分してもらうことをおすすめします。最終セールで売れ残った在庫を処分したいときにも検討してください。

3-2.信頼できる業者に依頼しよう

買取処分は、信頼できる業者に依頼すれば安心です。具体的には以下のポイントを参考にしてください。

  • 店舗の在庫買取で豊富な実績がある
  • 買取と不用品の処分の両方を行っている
  • 誠実な査定をしている
  • 見積もりは無料
  • 希望日時・場所で依頼可能
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得済み

なお、当関東家電リサイクル問屋でも、店舗閉店に伴う買取処分をお受けしています。不用品の処分も行っていますので、ぜひご検討ください。

3-3.悪徳業者に注意すること

悪徳業者に注意してください。相場と比較して不当に安く買いたたく業者もいます。また、見積もりで適正価格を提示しておきながら、最終的に何かと理由をつけて安くするケースもあるので注意しましょう。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、信頼できる業者に依頼してください。

4.店舗閉店に伴う処分に関するよくある質問

最後に、店舗閉店に伴う処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.不用品や在庫品の処分に必要な期間は?
A.物量や内容によりますが、少なくとも2週間以上は見ておきましょう。できるだけ早めに処分してしまったほうが、最終日に慌てずに済むのでおすすめです。

Q.最終セールでも売れ残ったものはどうすればいい?
A.まずは、業者に買取してもらえるか確認しましょう。買取不可となったものは、改めて処分方法を考えてください。

Q.不用品や在庫品をできるだけ高く売るためのコツは?
A.以下のポイントを参考にしてください。

  • ホコリや汚れをキレイにしておく
  • 整理整頓し、何がどれだけあるかリスト化しておく
  • できるだけ早く売る
  • 不用品や在庫品の買取を強化している業者に依頼する

Q.いったん回収してもらった不用品を返品してもらうことはできる?
A.まずは、業者に確認してみましょう。再販先が決まっていなかったり資源リサイクルに回す前だったりすれば、返品してもらえることがあります。ただし、返品にかかる手数料や配送費用を負担することになるでしょう。

Q.業者から買取代金を現金でもらうことはできる?
A.業者によります。急ぎで現金化したいときは、現金決済を行っている業者に依頼するといいでしょう。ただし、現金決済を理由に、相場より安く買取しているところもあるので注意してください。

まとめ

今回は、店舗閉店に伴う処分について詳しく解説しました。不用品や在庫品の処分は、早めに済ませることが大切です。スケルトンか居抜きか確認後、閉店スケジュールをきちんと組んで対応していきましょう。なお、店舗閉店に伴う処分は、買取も行っている不用品回収業者に依頼すると何かと便利でおすすめです。信頼できる業者とよく相談し、進めてください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!