倉庫の片付けでお困りの方は必読! 効率よく処分する方法・コツ!


「倉庫がゴチャゴチャして困るが、効率のいい片付け方を知りたい」「倉庫の不用品を処分するいい方法はないか」とお考えではないでしょうか。倉庫があると、何でもとりあえず収納してしまいますよね。しかし、整頓せずに放置するとものであふれてしまい、何がどこに入っているのか分かりづらくなるものです。まずはきちんと片付けて、本来の倉庫の機能を取り戻しましょう。

今回は、倉庫の片付けについて詳しく解説します。

  1. 倉庫の片付けが大変な理由は?
  2. 倉庫を片付ける方法
  3. 倉庫の片付けで出た不用品の処分方法
  4. 倉庫の片付けをプロに依頼する場合
  5. 倉庫の片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、倉庫を効率よく片付ける方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.倉庫の片付けが大変な理由は?

最初に、倉庫を片付ける必要性やよくある悩みを見ていきましょう。

1-1.倉庫を片付ける必要性

倉庫は、「必要だがすぐに使わないもの」を保管しておくところです。倉庫として適切に機能させるためにも、片付けが必要になります。きちんと片付いている倉庫は、何が・どこに・どれだけあるか分かりやすく、使いやすいことでしょう。しかし、片付けが不十分だと、必要なものが見つかりづらくなります。また、新たに保管しようとしてもスペースが足りないなど、何かと不便でしょう。

1-2.倉庫の片付けでよくある悩み

倉庫の片付けには、以下のような悩みがあります。

1-2-1.とりあえず何でも入れてしまう

収納スペースが足りなくなったときなど、とりあえず倉庫に入れておくと、いつの間にか大量のものであふれてしまいます。いくら倉庫が保管のための場所であるとはいえ、無計画に収納するのはいけません。

1-2-2.どこに何があるか分からない

何も考えずに倉庫に収納したため、どこに何があるのか分からないという悩みもよく耳にします。倉庫に保管してあっても、内容を把握できていないのでは意味がありません。

1-2-3.中のものを片付けにくい

倉庫は計画的に収納しないと、中がゴチャゴチャしてしまいがちです。特に、大きなものや重いものが邪魔になり、必要なものを取り出しにくいという悩みを聞きます。

1-2-4.不用品が多く入っている

倉庫に不用品が多く保管してあるため、無駄にスペースを占有していることもよくあります。不用品を処分したくても、時間がない・処分方法が分からないなどの理由でそのままになってしまうのです。

2.倉庫を片付ける方法

倉庫を効率よく片付ける方法やコツを詳しく解説します。

2-1.何が入っているか点検し不用品を仕分ける

最初に、倉庫に何がどれだけ入っているか点検してみましょう。内部で作業できないのなら、倉庫の外にすべてものを出してください。次に、不用品を仕分けましょう。不用品の仕分け基準は、以下を参考にしてください。

  • 不具合や故障などで正常使用できない
  • 傷みや汚れがひどい
  • 1年以上使用していない
  • 今後使う予定がない
  • 特に思い入れがない
  • 保管期限を過ぎた書類(法人の場合)

2-2.定位置を決めて収納する

倉庫に収納する際は、定位置を決めておくことも大切です。定位置を決めておけば、必要なときに取り出しやすくなります。また、使った後に定位置に戻すことで、倉庫が散らかることもありません。定位置を決めるときは、使用頻度などを考慮し、使いやすく配置していきましょう。

2-3.使用頻度や特性を考慮して収納する

倉庫の収納は、使用頻度やものの特性を考慮して行いましょう。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 使用頻度の高いもの・すぐ使うものは手前や取り出しやすい位置
  • 使用頻度が低いものは奥や上部・下部
  • 重たいものは下部
  • 大きさや長さがあるものは隅

また、ラックや収納ケースを使うと倉庫の空間を上手に使用することができ、収納力がアップします。片付けや出し入れも楽にできるので活用してみてください。

2-4.ラベリングとリスト化で分かりやすくする

倉庫に収納するときは、ラベリングとリスト化で分かりやすくしておくことをおすすめします。ラックや収納ケースを使用して収納し、ラベリングをしておきましょう。さらに、倉庫の収納内容をリスト化しておけば、実際に何がどれだけあるのかすぐに分かります。また、出し入れもしやすくなり、使いたいときに見つけやすくなるでしょう。特に、法人の倉庫では、在庫管理にも役立ち業務の効率化につながります。

2-5.大掃除や決算などのタイミングで片付けよう

倉庫の片付けは、以下のようなタイミングで片付けることをおすすめします。

  • 大掃除
  • 引っ越し
  • 生前整理
  • 法人の決算前

また、毎月1回程度片付ける日を決めて実行するのもいいでしょう。

2-6.倉庫の片付けは計画性が大切

倉庫の片付けは、計画的に行いましょう。計画を立てないまま始めると挫折してしまったり、無駄に時間や労力を消耗してしまったりします。十分な時間を確保してから、スケジュールを組みましょう。物量が多い・倉庫が広いなどの場合は、無理をせず複数日に分けて作業することをおすすめします。作業中も、適宜スケジュールと照らし合わせ、遅れが発生していたら早めに修正していきましょう。

3.倉庫の片付けで出た不用品の処分方法

倉庫の片付けで出た不用品の処分方法や、注意点を解説しましょう。

3-1.自宅倉庫なら自治体に処分を依頼できる

自宅倉庫で出た不用品なら、自治体にゴミとして処分を依頼できます。自治体のゴミ回収ルールを確認し、マナーを守って出しましょう。可燃ゴミや不燃ゴミなら、無料で処分できます。ただし、物量によっては、数回に分ける必要があるでしょう。また、粗大ゴミは事前予約が必要で、有料となることが多いので注意してください。なお、物量が多くても自分で車両を手配できる場合は、処理施設へ直接持ち込み可能な場合もあります。

3-2.不用品回収業者に依頼すると楽に処分できる

倉庫の片付けで出た不用品は、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。特におすすめは、買取も行っている業者です。処分する不用品の中に買取対象となるものがあれば、処分費用と相殺できて安くできます。予想より安く上がることもあるので、まずは、業者に見積もりを依頼するといいでしょう。

3-3.法人の場合は産業廃棄物扱いになる

法人の場合、倉庫の不用品は産業廃棄物扱いになります。したがって、自治体にゴミとして処分を依頼できません。法人から出た不用品の処分は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼する必要があります。なお、当関東家電リサイクル問屋でも、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みです。ぜひ、ご相談ください。

4.倉庫の片付けをプロに依頼する場合

倉庫の片付けは、プロに依頼すると何かと便利です。

4-1.物量が多い・法人の倉庫の片付けなどにおすすめ

以下のような倉庫の片付けは、プロに依頼するといいでしょう。

  • 物量が多い
  • 広い
  • 処分する人員や時間が確保できない
  • できるだけ楽に片付けたい
  • 法人の倉庫
  • 買取してもらいたいものがある

4-2.費用目安は自宅倉庫で1.5万円~

倉庫の片付けを業者に依頼した場合の費用は、自宅倉庫なら1.5万円~が相場です。法人倉庫は、広さや内容によっては10万円以上になることもあります。実際の費用は、広さ・物量・汚れ方・買取の有無などによって大きく異なるため、詳しくは、業者から見積もりをもらって確認してください。

4-3.信頼できる業者のポイントは?

信頼できる業者を選ぶには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 倉庫の片付け実績が豊富
  • 希望の日時・場所で依頼できる
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 買取も行っている
  • 丁寧で誠実な対応をしており、顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得済み
  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得済み(法人が依頼する場合)

なお、当関東家電リサイクル問屋でも、倉庫の片付けや不用品の処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-4.悪徳業者に注意しよう

悪徳業者には十分に注意しましょう。悪徳業者の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 飛び込み営業が主なスタイル
  • 「無料回収」を必要以上に強調する
  • 契約が取れるまでしつこく居座る
  • とにかく現場を見たいと言い張る

無料で倉庫の不用品を片付けてくれるはずが、勝手に重要なものを回収してしまったり何かと理由をつけて高額になったりなどトラブルが絶えません。倉庫の片付けは、信頼できる業者に依頼してください。

5.倉庫の片付けに関するよくある質問

最後に、倉庫の片付けに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.倉庫におすすめの収納用具は?
A.湿気や熱に強い素材のものです。倉庫内は、屋外の天候や気温の影響を受けやすくなります。ステンレス製のものなど、腐食しにくい素材の収納用具なら安心です。

Q.必要なものが倉庫に入りきらない場合はどうする?
A.収納方法を工夫するか、ほかの収納場所を確保しましょう。少量なら、1か月数千円程度~利用できるレンタルスペースがおすすめです。

Q.業者に倉庫の片付けを依頼した場合は立ち会いするべきか?
A.作業中ずっと立ち会う必要はありません。なお、最終確認だけ立ち会いが必要など、業者によって異なるので見積時に確認してみるといいでしょう。

Q.倉庫の片付けを途中までやると費用節約になる?
A.節約できることもあるでしょう。ただし、片付けの手間や労力を考えると最初から業者に依頼することをおすすめします。

Q.倉庫の不用品の買取価格に不満がある場合はどうする?
A.まずは、業者に確認して査定理由を説明してもらいましょう。正当な理由があるのなら、相場と受け入れることも必要です。なお、説明を受けても納得できない場合は、改めてほかの業者に依頼することもできます。

まとめ

今回は、倉庫の片付けについて詳しく解説しました。倉庫は、いつの間にか不用品であふれてしまいがちです。ゴチャゴチャした倉庫を片付けるには、最初にすべてのものを出し、必要なものと不用品を仕分け、不用品を処分すれば倉庫のスペースに余裕が出ます。後は、必要なものだけを収納していきましょう。なお、倉庫の不用品は、信頼できる不用品回収業者に処分を依頼するといいでしょう。買取も行っている業者なら、買取対象となるものが含まれていた場合、処分費用と相殺できて安くなるのでお得です。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!