すぐに部屋が散らかるのは何で!? 今日から使える片付けの基本!


ついこの間片付けをしたばかりなのに、気が付くと部屋が散らかってしまっていてうんざりした経験はありませんか。実はすぐに部屋が散らかってしまう人には特徴があります。原因を把握しその対処法を学べば、散らからない部屋を作ることが可能です。

そこで、今回はすぐに散らかる部屋を散らからない部屋にする方法をご紹介します。

  1. 片付けても部屋がすぐ散らかる原因について考えよう!
  2. 部屋が散らかるのを防ぐための片付け方は?
  3. 部屋が散らかるのを防ぐ習慣・考え方
  4. 部屋の片付けに関するQ&A

この記事を読むことで部屋をキレイに保つためのポイントを押さえることができます。すぐに散らかってしまう部屋にうんざりしている方は、ぜひご一読ください。

1.片付けても部屋がすぐ散らかる原因について考えよう!

まずは、片付けてもすぐに部屋が散らかってしまうのはなぜなのか、その原因について掘り下げていきます。

1-1.「とりあえず」が癖になっている

何かを使った後、「とりあえずここに置いておこう」なんてことをしてはいませんか。たとえば、漫画を読んだ後に机やベッドの周りに置きっぱなしにしていたり、服やバッグを洗濯カゴの中に入れっぱなしにしていたり……。こういった小さな「とりあえず」の行動が積み重なると部屋が散らかっていきます。

1-2.収納のキャパシティを越えている

日本の住宅の多くは狭小住宅であり、収納のキャパシティがあまり大きくありません。そのため、買い物好きの方の家などでは、比較的簡単に収納容量を超えてしまうことがあるのです。許容量を超えていると、いかに工夫して収納しても収納効率が下がってしまいます。上手に収納ができず、使いづらいことで、ものが散らかっていってしまうのです。

1-3.ものの住所が決まっていない

ものの置き場所(住所)が決まっていないと、使うたびに収納場所が変わってしまいます。すると、最初はしっかりと収納することを心がけていても、だんだん置き場所がおざなりになっていってしまうのです。最終的には、「どうせまた使うのだから」と自分の生活スペースの周りに何でもかんでも置くようになってしまい、結果として散らかってしまいます。

1-4.後回し癖

「後で片付けよう」「後で整理しよう」こういった考え方が日常化していると、どうしても部屋は散らかっていってしまいます。

1-5.収納に失敗している

収納と聞くと、何でもかんでも詰め込めば収納だと思っている方がいます。しかし、収納というのは使いやすくて初めて意味があるのです。たとえば、学生旅行のときにバッグに衣類やアメニティを詰め込んだことを思い出してください。いざ使うときに目的のものがどこにあるのかが分からず、または分かっていても底のほうに入っていることですぐに取り出せず、結局バッグの中身をすべて出すはめになった経験はありませんか。いざという時にすぐに見つけられ取り出せることが収納の肝です。収納に失敗して使いづらい状態になっているとものの出し入れがスムーズに行えず、そのしわ寄せが部屋の散らかりとなって現れてしまいます。

2.部屋が散らかるのを防ぐための片付け方は?

この項では部屋がまた散らかってしまうのを防ぐ片付け方をご紹介します。

2-1.ものを減らす

部屋をキレイな状態に保つうえで最も重要なことは「ものを減らすこと」です。ものが少なくなれば、その分だけ収納がしやすくなります。また、収納物を出し入れするのも簡単になるでしょう。収納しきれずあふれてしまうような事態を避けることもできます。ものを減らすだけで散らかってしまう問題を解決することができることもあるので、ぜひ最初に取り組んでくださいね。

2-2.ものの住所を決める

前述したように、ものの定位置が決まっていないとどうしても散らかってしまいがちです。ですから、ものに住所を作りましょう。たとえば、掃除機は洗濯機の横を置き場にするとか、ゲーム機はテレビ台の下を置き場にするなど明確に決め、使ったら必ず同じ場所に戻すようにします。これだけで部屋が散らかりにくくなるので、しっかりと実践しましょう。

2-3.一時保管場所を作る

これも効果的な対処方法です。大きなカゴなどを用意し、定位置の決まっていないものや、処分する可能性が高いものを一時的に置く場所にしましょう。ただし、一時保管場所を作ると、そこに入れっぱなしになってしまうことがあります。これでは意味がありません。週末などを利用して要・不要に仕分け、必要なものはほかの場所に収納するようにしましょう。

3.部屋が散らかるのを防ぐ習慣・考え方

次に部屋が散らかるのを防ぐうえで取り入れたい習慣や考え方、NG行為などについてご紹介します。

3-1.ルールを作って守る

部屋が散らかるのは、ルールを守らないことが大きな理由です。ものを床に置かない・とりあえず置きはしない・ものの住所を決めるといった散らかさないためのルールを設け、このルールをしっかりと守ることが何よりも大切となります。ルールさえ守っていれば、少なくともひどく散らかる事態にはなりません。

3-2.思い立ったらすぐに行動する

せっかくルールなどを設けても、後回しにすると、結果としてルールを守れないことが多々あります。後回しはせず、すぐに実行に移すことが大切です。また、何か、よりよくするためのアイデアが見つかったときも、すぐに取り入れるようにしましょう。

3-3.分かりやすい収納を心がける

前述したように、使いづらい収納をしてしまうとものの出し入れがしづらくなり、片付けがおざなりになりがちです。そこで、使いやすく分かりやすい収納を心がけるようにしましょう。そのためには、「収納ボックス」と「ラベリング」がキーワードになります。引き出し式の収納ボックスを縦に積んで使うことで大量のものを小分けに収納できて便利です。さらに、それぞれの引き出しにラベルを付けて何が入っているかを記しておけば、一目で分かるので出し入れがスムーズに行えます。

3-4.友人や恋人を定期的に家に招く

部屋をなぜキレイな状態に保ちたいのかというと、やはり周りの目が気になるからという方が多いと思います。そこで、積極的に友人や恋人を家に呼ぶ約束をするようにしましょう。こうすることで、部屋をキレイに保つためのモチベーションを保つことができます。

3-5.無理をするのはNG

中には細かなルールをたくさん作り、すべてを厳格に守ろうと無理をしてしまう方がいます。確かに、ルールを守ることができればそれが一番ですが、それは自然にできればの話です。無理をしてやっていると次第にどこかで揺り戻しが起き、挫折してしまう原因になります。まずは無理のないところから始め、慣れとともに徐々にルールを増やしたり厳格に守ったりするようにしましょう。

4.部屋の片付けに関するQ&A

最後に部屋の片付けに関する質問とその回答をご紹介します。

Q.散らかりがちなものは何ですか?
A.散らかりやすいものとしては服・書籍・書類・化粧品などが代表例として挙げられます。これらのものは意識して片付けるようにしましょう。

Q.散らかっていたほうが落ち着くのですが?
A.確かに、人は狭い場所に安心感を抱くので、部屋が散らかっていて狭くなっていると落ち着くこともあるでしょう。しかし、これは慣れの部分が大きいので、時間が解決してくれます。散らかった部屋は悪影響も多いので、やはりキレイに保っていたほうがよいでしょう。

Q.散らかった部屋の悪影響とは?
A.害虫・悪臭・アレルギーなどが顕著な悪影響として挙げられます。部屋が散らかっているとホコリがたまりやすくなり、ヒメカツオブシムシなどの害虫が発生しやすくなるでしょう。また、ホコリのある場所に長期間いるとハウスダスト症候群などのアレルギーにもかかりやすくなります。また、ゴミ袋などがそのままになっていれば悪臭なども発生するでしょう。

Q.ものを捨てる際の基準を教えてください
A.ものを捨てる基準があるとスムーズに部屋を片付けることができます。以下のような基準を設け、自分のペースに合わせて実践しましょう。

  • 故障している
  • 不具合がある
  • 1年以上使っていない
  • 代替可能
  • 電子化が可能(書籍・DVD・ソフトなど)
  • 期限が切れたもの

Q.不用品の処分方法にはどのような方法がありますか?
A.不用品の処分方法には以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 自治体による回収(可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミなど)
  • 不用品回収業者
  • リサイクルショップ
  • ネットオークションやフリマサイト
  • 寄付

まとめ

今回はつい散らかりがちな部屋をキレイに保つための秘けつをご紹介しました。キレイな状態を保てない理由にはものが多すぎる・ルールを決めていない・後回し癖などが主な原因として挙げられます。すべてを一度に修正することは難しいと思いますので、今回ご紹介したことを少しずつ取り入れていってくださいね。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!