賃貸退去時の掃除は必要なのか? 敷金との関係や掃除すべき箇所も!


「賃貸物件を退去する際に、どのくらい掃除すればよいのか?」とお悩みではありませんか? 引っ越しの準備をしているとき、気になるのが部屋の汚れでしょう。きちんと掃除することで敷金が全額返金される場合もあるため、どこをどの程度まで掃除すべきなのか、しっかり把握しておくと安心です。

この記事では、賃貸退去時の掃除方法や敷金返還につながる掃除のポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 退去時の掃除と敷金返還の関係について
  2. 退去時にチェックされる項目は?
  3. 賃貸退去時に掃除は必要なのか?
  4. 賃貸退去時の掃除方法を紹介
  5. 賃貸退去時の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、賃貸物件の原状回復義務や退去時に掃除すべき範囲などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.退去時の掃除と敷金返還の関係について

賃貸物件を退去する際の掃除は、敷金返還にどの程度影響するのでしょうか。その関係について解説します。

1-1.敷金は本来、退去時に返還される

賃貸物件を契約する際、敷金を支払う場合があります。敷金とは、物件の貸し主に対してあらかじめ預けておくお金のことです。通常、原状回復の必要がなかった場合は退去時に返還されます。原状回復が必要だと判断された場合は、その分の費用が差し引かれて一部返還されるか、全額返還されないケースもあるのです。

1-2.原状回復義務の定義ははっきりしていない

問題なのは、原状回復義務の定義があいまいなことです。どこまでを借り主が負担し、どこからが貸し主負担になるのかがはっきりしていないため、トラブルに発展するケースも少なくありません。国土交通省が発表しているガイドラインを参考にはできますが、法的効力はないのです。本来支払う必要のない原状回復費用を借り主が請求され、裁判になった例もあります。

2.退去時にチェックされる項目は?

賃貸物件を退去する際、チェックされる項目についてご紹介します。

2-1.経年劣化によるものか、過失によるものかがポイント

原状回復費用を借り主が負担するかどうかのポイントは、原因が経年劣化によるものなのか、借り主の過失によるものなのか、ということです。通常に暮らしていても、部屋は劣化していきます。たとえば、自然に起こったフローリングの色落ちやクロスの変色などは、借り主に責任はないと判断されることが多いでしょう。逆に、借り主が注意していれば発生しなかったであろう汚れや破損については、借り主が原状回復義務を負うことになります。たとえば、「家具を移動した際に床が傷ついてしまった」「結露を放置して壁にカビが発生してしまった」などの場合は、借り主が原状回復費用を負担することになるでしょう。

2-2.チェックされるのはこんなところ

退去時にチェックされるのは、以下のような項目です。

  • フローリングに傷やへこみはないか
  • 壁やカーペットにシミやカビはないか
  • 冷蔵庫下にサビ跡がついていないか
  • 壁紙がタバコのヤニで汚れてないか
  • 台所に油汚れが付着していないか
  • 水回りにカビは生えていないか
  • 壁や床に落書きはないか

3.賃貸退去時に掃除は必要なのか?

賃貸物件を退去する際の掃除の必要性についてまとめました。

3-1.掃除することで敷金が返還されやすくなる

部屋をしっかり掃除することで汚れや傷などが目立ちにくくなり、敷金が返還されやすくなります。一見して部屋が汚れていると、次の入居者を探す前に大がかりなクリーニングが必要と判断されてしまうでしょう。しっかり掃除されている部屋なら、「きれいに使ってくれた」という好印象を貸し主に与えることにもつながります。

3-2.入居時の状態に戻す必要はない

原状回復とは、入居時の状態に戻すことを意味しているわけではありません。どんなに気をつけて住んでいても、年月とともに部屋は必ず劣化していきます。普通に生活していて汚れる程度まで原状回復していれば、問題ない場合がほとんどです。

3-3.気持ちよく退去するためにも掃除を

敷金を返還してもらうことはもちろんですが、お世話になった部屋を気持ちよく去るためにも、掃除しておくことをおすすめします。賃借契約書に「退去時の掃除は不要」と記載されている場合もありますが、最低限の掃除はしておきましょう。

4.賃貸退去時の掃除方法を紹介

賃貸物件を退去する際の掃除方法を、箇所別に詳しくご紹介しましょう。

4-1.水回りのカビ

キッチンや洗面所・浴室など水回りのカビには、市販のカビ取り剤を使用しましょう。頑固なカビには、カビ取り剤を吹きかけた上からキッチンペーパーとラップで密閉し、半日ほど放置して洗い流す方法がおすすめです。ただし、変質や劣化の原因になる可能性もあるため、目立たない場所で試してから行うとよいでしょう。

4-2.キッチンの油汚れ

キッチンの頑固な油汚れには、重曹を使った掃除がおすすめです。重曹に少量の水を含ませ、ペースト状にしたものを油汚れの部分に塗っていきます。5~10分ほど放置してから拭き取りましょう。また、換気扇やガスコンロなどの取り外しができる部品は、重曹を溶かしたお湯に浸(つ)け置きするときれいになります。

4-3.フローリングや柱の傷・壁の釘穴

フローリングや柱についてしまった傷は、専用の補修材を使って隠してしまいましょう。また、壁の釘穴もシール材やパテなどを使って隠すことができます。補修材はホームセンターなどで購入できるため、自宅のフローリングや壁の色に合ったものを選んでください。

4-4.冷蔵庫下のサビ跡

冷蔵庫の下にサビ跡が残ってしまった場合は、食器用の中性洗剤や酸素系漂白剤を使って掃除しましょう。ただし、床材の素材によっては色落ちしてしまう可能性があるため、注意してください。

5.賃貸退去時の掃除に関するよくある質問

「賃貸退去時の掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.壁に画びょうの穴が空いてしまった場合、借り主の負担になりますか?
A.国土交通省のガイドラインによれば、画びょうの穴は貸し主負担です。ただし、穴の数が多すぎる場合などは、貸し主の判断によって借り主負担になる場合もあります。

Q.賃借契約書に「退去時の掃除は不要」という記載があるのですが、本当に全く掃除をせず退去してもよいのでしょうか?
A.退去後にハウスクリーニングが入るということなので大がかりな掃除は必要ありません。ただし、マナーとして簡単な掃除はしておくことをおすすめします。

Q.クリーニング費用が高額になりやすいのは、どのような汚れですか?
A.タバコのヤニでクロス全体が汚れてしまっている場合や、エアコンのクリーニングが必要な場合などは、高額になりやすいでしょう。

Q.入居時からあった傷に対して、退去時に修繕費用を請求されることもあるのですか?
A.その可能性は十分にあるため、入居時に、日付入りの写真を撮影しておくことをおすすめします。

Q.敷金返還についてのトラブルはどこに相談すればよいでしょうか?
A.弁護士や行政書士なども相談に応じてますが、まずは国民生活センターに相談してみることをおすすめします。適切なアドバイスをもらえるでしょう。

まとめ

賃貸物件を退去する際の掃除について詳しくご紹介しました。退去時の掃除をどこまで行うべきなのか、迷う人は多いでしょう。借り主が負う原状回復義務についてしっかり把握し、トラブルなく退去できるようにする必要があります。ぜひこの記事を参考に、スムーズな引っ越しをしてください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!