電化製品の捨て方は? 正しい処分方法や買取などについて詳しく解説


電化製品は、品目ごとに処分方法が異なるため、捨て方が分からなくて困ることがあります。電化製品の処分が難しく感じるのは、家電リサイクル法・小型家電リサイクル法・PCリサイクル法などが関連しているからです。対象品目ごとの正しい捨て方を覚えておき、処分時の疑問を解消しておきましょう。

  1. 電化製品によって捨て方が違うのはなぜ?
  2. 自治体回収による電化製品の捨て方
  3. 家電リサイクル法対象品目の捨て方
  4. 小型家電リサイクル法対象品目の捨て方
  5. PCリサイクル法対象品目の捨て方
  6. 業者に電化製品の処分を依頼する方法
  7. 電化製品を買取に出す方法
  8. 電化製品の捨て方でよくある質問

電化製品の処分に関する法律を理解することで、正しい捨て方ができるようになるでしょう。また、処分だけでなく、買取に出すことも検討してみてください。

1.電化製品によって捨て方が違うのはなぜ?

なぜ、電化製品は品目ごとに捨て方が異なるのでしょうか? 理由を考えていきます。

1-1.法律が関連している

電化製品の捨て方が難しく感じるのは、法律が関連しているからです。家電リサイクル法・小型家電リサイクル法・PCリサイクル法などがあります。それぞれ対象品目を定めており、法律に沿った捨て方が求められるのです。

1-2.家電リサイクル法

家電リサイクル法の対象品目は、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4つです。メーカーによるリサイクル回収を義務づけており、回収時はリサイクル料金と収集運搬費用がかかります。自治体回収は利用できないので注意してください。

1-3.小型家電リサイクル法

小型家電リサイクル法の対象品目は幅広く、携帯電話やデジタルカメラなどをはじめとする生活家電が対象となっています。小型家電として回収するかどうかは、自治体ごとに異なるものです。リサイクル回収を推進する自治体では、小型家電リサイクルボックスを設置し、積極的に収集を行っています。

1-4.PCリサイクル法

PCリサイクル法では、パソコンの処分時にメーカーによる回収を受けるように定めています。内部の金属資源を有効活用するためです。パソコン本体だけでなく、マウスやキーボードなどの付属品も同時に回収してもらえます。ただし、PCリサイクルマークの有無により、回収時の費用負担が変わるので注意してください。

1-5.粗大ゴミ

小型家電リサイクル法に沿った対応をしていない自治体では、粗大ゴミとして回収する場合があります。家電リサイクル法の対象とならない電化製品を粗大ゴミの回収は、手数料の支払いが必要です。自治体のゴミ分別ルールを確認し、ルールに沿った手順で処分しましょう。

2.自治体回収による電化製品の捨て方

自治体回収で電化製品を処分する際の手順をご紹介します。

2-1.ゴミの分別を確認する

自治体回収を利用する前は、必ずゴミの分別を確認しましょう。ゴミの分別は自治体ごとに異なり、必ずしも粗大ゴミとなるわけではありません。指定袋に入るものであれば、不燃ゴミとして回収してくれる場合もあるからです。

2-2.事前申請をする

粗大ゴミの場合、自治体への事前申請が必要です。自治体の粗大ゴミ受付センターに申し込みをしてください。品目と数量などを伝えると、手数料や指定排出日の案内があります。指定排出日は月に2回程度です。引っ越しなどに伴う電化製品の処分をする場合は、スケジュールにゆとりを持って申し込みを行いましょう。

2-3.手数料の支払いをする

粗大ゴミの回収にかかる手数料の支払いは、粗大ゴミ処理券を購入するだけで完了します。粗大ゴミ処理券は、コンビニやスーパーで購入可能です。事前申請時に案内された規定料金分を購入してください。

2-4.指定排出日に指定廃棄場所に出す

粗大ゴミは通常のゴミとは異なり、排出できる日を指定されます。指定排出日を守り、指定廃棄場所に出してください。通常のゴミステーションではなく、自治体から指示があった場所に出すことが大切です。

3.家電リサイクル法対象品目の捨て方

家電リサイクル法の対象品目を捨てる際の手順をご紹介します。

3-1.方法は3つある

家電リサイクル法対象品目の処分方法は、3つあります。購入した店舗に持参して引き取りを依頼する・自治体から紹介された店舗に持参する・指定引取場所への持ち込みです。買い替えで処分する場合は、購入予定の店舗に回収可能か問い合わせておくといいでしょう。リサイクル料金や収集運搬費用は必要ですが、購入と処分が同時にできて便利です。

3-2.店舗で引き取り依頼をする

購入した店舗・自治体から紹介された店舗のどちらでも、リサイクル回収の手続きは同じです。大手家電量販店なら、電化製品の引き取りを行っています。複写式になっている家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金と収集運搬費用を支払ってください。控えは、番号でリサイクル状況を確認できるため、手元に保管しておきましょう。

3-3.指定引取場所を確認して持ち込む

自分で持ち込む場合は、お住まいの近くにある指定引取場所を確認しておきましょう。一般財団法人家電製品協会のホームページから検索できます。収集運搬費用の支払いは不要ですが、リサイクル料金は支払わなければなりません。リサイクル料金の支払いは、郵便局で家電リサイクル券に必要事項を記入し、窓口またはATMで振り込みを行えば完了します。

4.小型家電リサイクル法対象品目の捨て方

小型家電リサイクル法対象品目を処分する手順をご紹介します。

4-1.小型家電リサイクルボックスの設置場所を確認する

小型家電リサイクルボックスは、自治体が公共施設や家電量販店などに設置しています。事前に設置場所を確認して持ち込みましょう。投入口のサイズより大きいものは、リサイクル回収ができません。持ち込む前に、廃棄する電化製品のサイズを測っておくと安心です。

4-2.無料で利用できるのがメリット

小型家電リサイクルボックスのメリットは、誰でも無料で利用できることです。設置場所までの運搬は、自分で行ってください。常時受け付けているため、事前の申し込みも不要です。

5.PCリサイクル法対象品目の捨て方

PCリサイクル法対象品目を処分する際の手順をご紹介します。

5-1.パソコンメーカーに申し込みをする

PCリサイクル法の対象品目は、パソコン・液晶ディスプレー・ディスプレー一体型パソコンなどです。パソコンメーカーに直接リサイクル回収の申し込みを行ってください。

5-2.PCリサイクルマークがあるものは無料回収

2003年10月以降に流通しているパソコンには、PCリサイクルマークが付与されています。PCリサイクルマークがあるものは、リサイクル料金がかかりません。無料でメーカーによる回収を受けることができます。PCリサイクルマークがない場合は、振り込みでリサイクル料金の支払いが必要です。

5-3.配送はエコゆうパック伝票を使う

配送手配は、メーカーから提供されるエコゆうパック伝票を使いましょう。最寄りの郵便局に持参して発送手配するか、郵便局に集荷してもらう方法があります。エコゆうパック伝票の控えは、リサイクル回収完了まで保管してください。

6.業者に電化製品の処分を依頼する方法

業者に依頼し、電化製品の引き取りをしてもらう方法もあります。依頼方法や手順などを見ていきましょう。

6-1.業者のホームページから問い合わせをする

電化製品の回収を行う業者を探し、ホームページから問い合わせをしてください。「電化製品 回収 大阪などの地名」で業者を探すことができます。東京や埼玉など関東にお住まいの方は、電化製品の回収に力を入れている、関東家電リサイクル問屋までご連絡ください。

6-2.見積もりを比較する

業者により、電化製品の回収費用はさまざまです。品目による違いもあるでしょう。出張費用などがかかるケースもあります。複数の業者から見積もりを出してもらい、比較することが大切です。費用だけでなく、サービス面や担当者の対応なども比べて選びましょう。

6-3.日程を調整して引き取りを依頼する

電化製品を回収してもらう日程は、調整可能です。都合のいい日時を伝え、引き取りを依頼しましょう。早朝や夜間を希望する場合は、対応可能か確認してください。業者により、即日対応ができる場合もあります。

7.電化製品を買取に出す方法

電化製品の状態が良好な場合は、買取に出すという選択肢もあります。買取対象となるものや業者の選び方などを覚えておきましょう。

7-1.買取対象となるもの

電化製品の買取では、高年式のものが好まれます。製造から3年以内のものが、買取対象となりやすいでしょう。また、目立つ汚れや傷がなく、動作が正常にできるものであることが条件です。有名メーカーのものや人気モデルは、高額買取になる可能性が高くなります。

7-2.買取実績が豊富な業者を選ぶこと

電化製品の買取は、買取実績が豊富な業者を選びましょう。実績が豊富な業者は、電化製品の価値を見極め買取査定します。また、取扱品目も充実しているため、さまざまなものを買取してくれるのが魅力でしょう。関東家電リサイクル問屋は、電化製品の買取も行っています。高額買取を希望される方は、ぜひお問い合わせください。

7-3.査定前は必ず清掃と点検をすること

高額査定を目指すなら、買取時の印象をよくするため、必ず清掃と点検を行うことをおすすめします。外観だけでなく、細かな部分までホコリや汚れを拭き取り、動作確認も行ってください。付属品の有無も確かめましょう。

7-4.複数の業者で査定を受けること

査定は、複数の業者で受けることをおすすめします。業者によって買取の査定基準が異なるからです。査定価格を比較し、相場を探りながら、納得できる買取業者を見つけましょう。

8.電化製品の捨て方でよくある質問

電化製品の捨て方に関する質問を集めました。

Q.法律に沿った捨て方をせず、ゴミステーションに出してしまった場合はどうなる?
A.回収されません。また、放置した場合、不法投棄と見なされ、罪に問われます。法律に沿った捨て方が求められるのです。

Q.無料回収をうたう回収業者は信頼してもいいのか?
A.業者の見極めが大切です。事業所をきちんと構え、回収したものをきちんとリユースやリサイクルしている業者なら安心でしょう。しかし、トラック1台で営業する廃品回収業者などは、高額請求や高圧的な態度などでトラブルが多いため、利用しないでください。

Q.家電リサイクル法の対象品目をメーカーに回収依頼する場合、費用はどのくらいかかるのか?
A.品目・メーカー・サイズによって異なります。詳細な費用を知りたい場合は、一般財団法人家電製品協会のホームページから検索しましょう。メーカー別の正確なリサイクル料金を調べることができます。

Q.急いで電化製品を処分したい場合はどの方法がいいのか?
A.不用品回収業者が最も迅速な回収をしてくれます。即日対応も可能であるため、引っ越しなどで急いでいる場合でも、慌てることなく処分できるでしょう。関東家電リサイクル問屋は即日対応ができます。急いで処分したい方は、無料査定依頼フォームもしくは電話でご連絡ください。

Q.家電リサイクル法・小型家電・粗大ゴミをまとめて処分できる方法は?
A.回収業者を活用しましょう。まとめて引き取りしてもらえます。訪問回収が可能であるため、分別や取り外しなどの手間がなく、スムーズに処分ができるでしょう。古い電化製品でも、回収してもらえます。費用はかかってもまとめて処分できるのはとても便利な方法です。

まとめ

電化製品の中には、リサイクルに関する法律が定められているものがあるため、捨て方が難しいと感じてしまうものです。しかし、法律に基づいた捨て方を覚えてしまえば、処分方法で迷うことがありません。本記事を参考に、電化製品を処分する際の参考にしてください。また、買取についても覚えておきましょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!