不要な家電の廃棄方法を一挙公開! 買取に出すのがおすすめの理由も


「家電を手軽に廃棄するにはどうしたらよいのか?」「買取に出して処分する方法を知りたい」とお悩みではありませんか? 家電には寿命があるため、使えなくなったときは廃棄する必要があります。また、まだ使える家電でも、買い替えで処分を検討することがあるでしょう。家電を廃棄する際はいくつか注意点があるため、知っておくと安心です。

この記事では、不要な家電を廃棄する方法や買取に出すポイントなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. 家電は何ゴミに分類されるのか?
  2. 家電リサイクル法の対象品目は自治体で処分できない
  3. 家電を処分する3つの方法
  4. 買取対象になる家電を紹介
  5. 家電を買取に出すには?
  6. 家電の廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、家電リサイクル法対象品目の処分方法や、買取に出す方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.家電は何ゴミに分類されるのか?

家電のゴミ分類は、以下の4つに分けられます。

1-1.家電リサイクル法対象品

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目は、家電リサイクル法の対象になります。廃棄する際は定められたルールに従う必要があるため注意してください。詳しい手順やかかる費用については、次項でご紹介しましょう。

1-2.小型家電リサイクル法対象品

小型家電リサイクル法の取り組みを行っている自治体では、この法律にのっとって小型家電を回収しています。対象品目には携帯電話やデジタルカメラ・ゲーム機・音響機器などがありますが、自治体によって異なる部分もあるため事前の確認が必要です。

1-3.粗大ゴミ

大型の家電は粗大ゴミに分類している自治体がほとんどです。自治体ごとに「一辺の長さが30cm以上」「指定のゴミ袋に入らないもの」など、粗大ゴミに分類される条件が決まっているため、確認しておきましょう。

1-4.不燃ゴミ

小型家電リサイクル法の対象になるものでも、不燃ゴミとして捨てられる自治体もあります。粗大ゴミに該当しない小型の家電は、指定のゴミ袋に入れて不燃ゴミの日に出しましょう。

2.家電リサイクル法の対象品目は自治体で処分できない

家電リサイクル法について詳しく解説しましょう。

2-1.家電をリサイクルするための法律

家電リサイクル法は一言でいうと「家電をリサイクルするため」の法律です。この法律ができるまで、家庭から出た廃家電はそのほとんどが埋め立て処理されていました。しかし、廃家電の中には有用な資源が含まれており、そのまま埋め立ててしまうと資源をムダにすることになります。また、埋め立て地が減少していることもあり、リサイクルの必要性が取り上げられるようになったのです。

2-2.対象品目を廃棄する手順は?

家電リサイクル法の対象品は、自治体による回収で処分できません。消費者はリサイクル料金を支払って小売業者に引き取ってもらい、小売業者は引き取った対象品を製造業者に引き渡してリサイクルしてもらう必要があるのです。回収料金は品目によって異なるため、事前に確認しておかなければなりません。

3.家電を処分する3つの方法

家電を処分するには、ほかにも以下のような方法があります。

3-1.販売店に引き取ってもらう

買い替えであれば、家電の販売店に引き取りを依頼するのが最も手っ取り早い方法です。家電リサイクル法の対象品であれば確実に引き取ってもらえます。販売店にリサイクル料金と収集運搬料金を支払い、新しい家電を届けてもらった際に、古い家電を回収してもらってください。そのほかの家電も、依頼すれば引き取りに対応してくれる販売店が多いでしょう。処分料金がかかる場合もあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

3-2.不用品回収業者に依頼する

多数の家電をまとめて処分したいときは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。日時を指定して自宅まで回収に来てもらえるため、自分で運ばずに済みます。また、家電の種類ごとに分別する手間も省けるため、大変便利な方法といえるでしょう。ただし、中には悪徳業者も存在するため、業者選びは慎重に行ってください。

3-3.買取に出す

まだ使える家電は、買取に出すのがおすすめです。不要なものを処分してお金がもらえるのは大きなメリットでしょう。中古市場でも需要がある家電は多いため、廃棄してしまうのはもったいないことです。

4.買取対象になる家電を紹介

買取対象になりやすい家電の特徴をまとめました。

4-1.人気メーカーのもの

中古市場で人気が高いのは、やはり有名メーカーの家電です。パナソニックやシャープ・日立・ソニーなどの家電は、知名度が高く品質もよいため、品目にかかわらず買取対象になりやすいでしょう。ハイスペックモデルやロングランモデルの家具であれば高価買取も十分期待できます。

4-2.汚れや傷が少ないもの

汚れや傷など家具の状態も、査定の際に大きく影響します。目立たないものであれば買取価格が大きく下がることはありませんが、落とすのが難しい汚れや家電の前面に大きな傷がある場合などは、買取対象外になる可能性もあるでしょう。

4-3.製造から5年以内のもの

家電買取の目安を「製造から5年以内」としている業者も多くなっています。5年以上経過している家電はすぐ寿命がきてしまう可能性が高いため、買取を断られてしまうケースも少なくありません。ただし、5年以上たっていてもデザイン性や機能性にすぐれた家電は買取の対象になる場合もあるでしょう。一つの目安として覚えておいてください。

5.家電を買取に出すには?

家電を買取に出す方法についてご紹介しましょう。

5-1.リサイクルショップ

リサイクルショップに家電を持ち込んだ場合、その場で査定してもらえるため手軽な方法といえます。すぐ現金化したい人におすすめです。ただし、状態が悪く買取対象にならなかった場合、再び持ち帰らなければなりません。特に、大型の家電は持ち込むのが大変なため、出張買取に対応しているリサイクルショップを利用するとよいでしょう。

5-2.家電専門の買取業者

家電専門の買取業者であれば、家電の詳しい知識を持つスタッフが査定してくれるため、相場を反映した買取価格がつきやすいでしょう。また、出張買取に対応している業者も多く、自分で持ち込む手間が省けます。もともとの値段が高い家電を買取に出したいときは利用してみるとよいでしょう。

5-3.買取に対応している不用品回収業者

不用品回収業者の中には、不用品の回収だけでなく買取にも対応している業者もあります。状態がよければ買取、状態が悪ければ回収という形で引き取ってくれるため、不要な家電を確実に処分することが可能です。「できるだけ手間をかけず確実に処分したい」という人は依頼してみることをおすすめします。

6.家電の廃棄に関するよくある質問

「家電を廃棄したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.家電の平均的な寿命は何年ぐらいでしょうか?
A.一般的には約10年の家電が多くなっています。ただし、使用頻度や使い方・メンテナンス方法によって寿命に差が出る場合もあるでしょう。

Q.粗大ゴミとして家電を廃棄する場合、注意すべきことは何ですか?
A.回収日時を指定されるため、都合のよいタイミングで捨てることができない可能性があります。余裕を持って回収の申し込みをしましょう。また、回収場所へ持っていくのは回収当日の朝にしてください。何日も前から置いておくと近隣住民や通行人の邪魔になってしまいます。

Q.家電を買取に出したいのですが、買取相場を調べる方法はあるのでしょうか?
A.複数の買取業者に無料見積もりを依頼し、比較することで大まかな相場を把握できるはずです。

Q.無料の不用品回収業者は利用しないほうがよいでしょうか?
A.なぜ無料で回収できるのかをきちんと説明できる業者であれば、利用しても問題ないと思います。

Q.悪質な買取業者を利用した場合、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性があるのでしょうか?
A.相場よりはるかに安い金額で買取される・依頼していないものまで買取に出すよう迫られるなどのトラブル例が報告されています。

まとめ

不要になった家電を廃棄する方法や、買取に出す際の注意点などを詳しくご紹介しました。使わなくなった家電をとっておいても場所をとるだけなので、早めの処分がおすすめです。状態によっては買取に出すことも検討しましょう。ぜひこの記事を参考に、適切な方法で家電を処分してください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!