給湯器の買取ポイントを紹介! 高く売るコツや業者選びのポイントなど


「給湯器をどうやって処分すればいいのか」「高く買い取ってもらう方法は?」など、給湯器の処分や買い取ってもらう方法で悩んでいる方は多いでしょう。給湯器を処分する前に、まずは正常に使えるか再利用できる状態か確認することをおすすめします。要らなくなった給湯器はそのままゴミとして処分する方が多いのですが、正常に稼働できる状態なら買取に出すことが可能です。給湯器は元値が高いため、高価買取で売れる可能性があるでしょう。

本記事では、給湯器を買取に出す方法や業者選びのポイントなどを解説します。

  1. 給湯器の処分方法を紹介
  2. 給湯器を買取に出す方法
  3. 給湯器を高く売るポイントは?
  4. 給湯器の買取業者選びのコツ
  5. 給湯器の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、給湯器を高く売るポイントなどが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.給湯器の処分方法を紹介

最初に、給湯器の主な処分方法をチェックしましょう。

1-1.新しい給湯器に替える際に回収してもらう

買い替えの際に、古い給湯器を設置業者などに回収してもらう方法があります。給湯器は頻繁に交換したり処分したりするものではないため、新しい給湯器への買い替え時に処分するケースがほとんどでしょう。自分でどのように処分すればいいのか分かりませんが、給湯器の設置業者に依頼すれば安心して任せることができます。新しい給湯器を設置する際に古い給湯器も回収してもらえるので、まさに一石二鳥といえる方法でしょう。

1-2.給湯器は自治体回収で処分できない

基本的に、給湯器は自治体回収で処分することができません。本来、給湯器の取りつけや取り外し工事にはガス業者が立ち会い、作業を行う必要があるからです。許可がないものは取り外すことができないため、給湯器は粗大ゴミとしても燃えないゴミとしても処分できないことになっています。どうしても処分したいという方は、契約しているガス業者に相談するといいでしょう。取り外してもらった給湯器をガス業者が引き取ってくれるケースがあります。

1-3.処分費用をかけたくない方はリサイクルへ

給湯器を手放す方法は処分だけでなく、リサイクルにまわす方法もあります。リサイクルショップなどでは、ガス給湯器を求めている傾向があるので買い取ってもらえるでしょう。「給湯器は売れない」と思っている方が多いのですが、実は求めている業者はたくさん存在します。ただし、すべての給湯器が買取対象になるわけではないので注意してください。

2.給湯器を買取に出す方法

ここでは、給湯器を買取に出す方法と買取対象になる給湯器の特徴などを解説します。

2-1.動作確認ができる給湯器が買取対象に

基本的に、買取対象となる給湯器は動作確認ができるものです。給湯器本体は数十万円になるなど、元値が高い傾向にあります。そのため、できるだけ購入費用を減らすために新品よりも安値で購入できる中古品を選ぶ方が多いのです。だからこそ、不具合がなく正常に稼働する給湯器は、ほとんどの業者で買い取ってもらえるでしょう。買取に出す場合は、自分で動作確認をしてから査定を依頼してください。

2-2.3大メーカーの給湯器は需要がある

中古市場において需要がある給湯器ほど、買い取ってもらいやすい傾向があります。たとえば、給湯器の3大メーカーといわれているリンナイ・ノーリツ・パロマの給湯器は人気です。ガス・電気・石油給湯器の3種類に分かれますが、最も使用率が高いガス給湯器の需要が高いといえるでしょう。最近では、エコ給湯器も注目されており、中古品で安く購入しようと検討している方も増えています。

2-3.リサイクルショップまたは不用品回収・買取業者を利用する

給湯器の買取を行っているのは、リサイクルショップや不用品回収・買取業者などです。どの業者に依頼すればいいのか悩みがちですが、ほとんどのリサイクルショップでは給湯器の買取を行っています。事前に、ホームページ等でどんな給湯器の買取を行っているのかチェックしておくと安心です。また、不用品回収と買取サービスの両方を行っている業者に依頼すれば、買取不可になったとしても回収してもらえるので時間と手間がかかりません。

3.給湯器を高く売るポイントは?

ここでは、給湯器を高く売るポイントをいくつか紹介します。

3-1.査定前に汚れをある程度落としておく

給湯器が汚れていないかチェックした上で、ある程度の汚れは自分で拭き取るように心がけましょう。査定の時点できちんと清掃されていると、査定員に良い印象を与えることができます。きれいな状態ほど新品扱いされるので、高価買取につながりやすくなるはずです。本体にホコリがつもっているなら雑巾でやさしく拭き取ってください。外見が汚れていると見た目が悪く、どうしても古い印象を与えてしまうので要注意です。もし可能であれば、接続部分などの細かい部分をクリーニングしてもらってください。

3-2.査定前に動作確認をする

査定前に自分で動作確認をすることも、高価買取の大切なポイントです。基本的に、ガス給湯器はきちんと動作しなければ中古品として買い取ってもらうことができません。使わずに保管していた場合は、正常に動作するか確認してください。電源が入らない・リモコンを操作しても動かない給湯器は、ジャンク品扱いになる可能性があります。また、部品のみの買取になるなど、二束三文で買いたたかれてしまうケースもあるでしょう。自分で修理ができるなら直してから査定を依頼することもできますが、修理できない場合はガス給湯器以外のものと一緒に査定を依頼してください。

3-3.予備の部品や備品などをそろえる

できるだけ、高価買取を期待したい方は予備の部品や備品などをそろえてから査定に出してください。取扱説明書・保証書・ホースなど購入時についてきた付属品はすべてそろえたほうが高く買い取ってもらえる可能性があります。逆に、付属品がない状態では買取不可になってしまう業者もあるほどです。付属品がそろっていたほうが次の買い手が見つかりやすくなるため、業者側も積極的に買い取ろうとします。

3-4.複数の業者に無料査定を依頼する

複数の業者に無料査定を依頼するのも高価買取のポイントとなります。最低でも3~4社に査定を依頼すれば、エアコンがいくらで売れるのかだいたいの目安が把握できるでしょう。さらに、高値がついた買取業者を見つけやすくもなります。業者によって査定基準が異なるため、査定額にも差が生まれやすいのです。適切な査定額で買い取ってもらえるように、複数の業者を比較してください。

4.給湯器の買取業者選びのコツ

ここでは、給湯器の買取業者を選ぶコツを解説します。

4-1.買取金額の交渉が可能か

まずは、買取金額の交渉ができる業者かスタッフの対応やサービスの内容などをチェックしてください。他社よりも1円でも高く買い取りを行っている業者では、査定額の交渉がしやすい傾向があります。ただし、業者スタッフに交渉する際は、上から目線にならないようにしてください。あくまで平等の視点から、どうすれば査定額がアップできるのか丁寧に尋ねるのがポイントです。スタッフに良い印象を与えることができれば、相手も気持ちよく金額を上乗せすることができます。コミュニケーションを大切にすることが、買取金額の交渉ポイントといえるでしょう。

4-2.出張買取が可能か

給湯器は重量があるので持ち込み買取がとても難しい傾向があります。大型であるほど持ち運びが難しくなるため、出張買取が可能な業者を選ぶことが大切です。出張買取が可能な業者なら、スタッフが自宅にやってきてその場で査定を行います。給湯器を取り外す前に買取の可否を知ることができるため、取り外しにかかる費用の支払いも必要ありません。ただし、出張買取を利用する際は、出張費などの手数料がかかるかチェックすることが大切です。

4-3.査定額からの減額がないか

査定を依頼した際に、減額がないかどうか確認することも大切なポイントとなります。悪徳業者でよくあるのが、相場よりも安く買い取り、高値で売るやり方です。実際に、「ほかの業者よりも安く買い取られた」というトラブルが続出しています。査定時に適当な言い訳をつけて、査定額を減額しようとするのが悪徳業者の特徴です。あまりにも安い査定額をつけられた場合は、なぜその金額になったのか説明を受けてください。具体的に説明してくれる業者なら信用できますが、適当にいい流すところは信用できません。

4-4.無料査定や無料相談が可能か

買取業者を選ぶ際は、無料査定や無料相談を行っているところを選びましょう。優良業者の多くは、無料で相談を受けつけたり、手数料に関係なく出張査定をしたりしています。手数料を請求するところほど悪徳業者の可能性があるので要注意です。どんな質問に対しても丁寧かつスピーディーに対応してくれるか、スタッフの対応にも注目してください。特に、電話対応が悪い業者は悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。不用品の回収と買取を行っている関東家電リサイクル問屋では、3651日年中無休で無料査定や無料相談を受けつけています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

5.給湯器の買取に関してよくある質問

給湯器の買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.分解すれば燃えないゴミとして捨てられるのか?
A.基本的に、給湯器は自治体回収ができないものですが、自分で分解して燃えないゴミとして処分することができます。必ずできるとはいえないため、具体的な処分方法に関しては自治体に相談したほうがいいでしょう。ただし、分解して燃えないゴミとして処分する場合、自分で取り外さなければなりません。ガス給湯器は資格を持った人でないととても危険な作業となるため、素人が扱うのは絶対にNGです。分解して処分するよりも専門家に任せたほうがいいでしょう。

Q.ジャンク品でも買い取ってもらえるのか?
A.家電の買取専門店や総合リサイクルショップの中には、ジャンク品でも買い取りを行っているところがあります。給湯器の中には、貴重な資源が含まれているため、部品として再販売できるからです。ただし、通常よりも買取額が低くなったり、二束三文にしかならなかったりするケースもあります。それでも売りたいという方は、ジャンク品でも買取を行っている業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れるのか?
A.給湯器を自分で売る場合、ネットオークションやフリマアプリでも売却が可能です。自分で希望額をつけて出品できること・全国から買い手を見つけられることが大きなメリットとなります。しかし、買い手が見つかっても取り外しやこん包・配送などで手間と時間がかかるという点がデメリットです。また、有名なブランドで見た目がきれいな給湯器でなければ買い手がつかない可能性もあります。その点を踏まえた上で利用してください。

Q.製造年月や型番を調べる方法は?
A.ほとんどの給湯器には、本体にラベルが貼ってあると思います。本体に貼られているラベルには、製造年月・型番・ガスの種類など細かい内容が記載されているため、買取の際に役立つ情報が入手できるでしょう。事前に情報を把握しておけば、買取額をすぐに提示できるので買取業者側にとっても手間と時間がかかりません。よりスピーディーに買い取ってもらえるでしょう。

Q.無料回収業者に依頼してもいいのか?
A.あまりおすすめしません。なぜなら、近年、無料回収業者との間でトラブルが続出しているからです。トラックに積み込んだ後に追加費用を請求したり、回収されたものが不法投棄されていたりするなど、トラブルが相次いでいるので注意してください。特に、街中をまわっている無料回収業者は実店舗がないのでトラブルになりやすい傾向があります。無料回収業者よりも適切な値段で回収を行っている業者に依頼したほうが安心です。

まとめ

正常に稼働する給湯器は、買取対象になる可能性があります。買い取ってもらうことができれば、処分費用をかけずに捨てることができるので一石二鳥です。ただし、すべてのエアコンが買取対象になるわけではありません。製造年月から結構経過しているものや不具合が出ているエアコンは、買い取ってもらえない傾向があります。査定を依頼する前に、型番・状態・付属品の有無などをチェックしましょう。高く売るポイントを把握しておけば、納得できる査定額で売りに出すことができます。買い取ってもらえなかった場合は、不用品回収業者などに依頼するといいでしょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!