引っ越し時の粗大ゴミはどうする? 具体的な処分方法を詳しくご紹介


引っ越しをする際は、たくさんの粗大ゴミが出ます。粗大ゴミの処分は、手間や時間がかかるなどの悩みがあるものです。効率よく粗大ゴミの処分ができる方法はないか、急いで処分したい場合はどうすべきかなどの疑問も出てくるでしょう。

そこで、本記事では、粗大ゴミの処分方法についてご紹介します。

  1. 引っ越し時の粗大ゴミにはどんなものがあるのか?
  2. 引っ越しまで時間がある場合の粗大ゴミ処分方法
  3. 引っ越しまで時間がない場合の粗大ゴミ処分方法
  4. 粗大ゴミとして出すことができないものは?
  5. 引っ越しの粗大ゴミでよくある質問

中には、粗大ゴミとして出すことができないものもあります。粗大ゴミの対象とならないものと処分方法も併せて覚えておきましょう。

1.引っ越し時の粗大ゴミにはどんなものがあるのか?

引っ越し時の粗大ゴミには、どのようなものがあるのでしょうか?

1-1.家具

引っ越し先の間取りに合わせ、家具を処分する場合があるでしょう。ソファー・タンス・チェスト・食器棚・ダイニングセット・ベッドなどがあります。

1-2.家電

引っ越しを機に、家電の買い替えや処分を行うケースもあります。家電はさまざまな種類があり、サイズもまちまちです。小型家電に分類されるものもあります。そのため、家電の種類に応じた方法で処分しなければなりません。

1-3.スポーツ用品

使わなくなったスポーツ用品を、引っ越し時に処分するケースもあります。ウインタースポーツやマリンスポーツに使うものはサイズも大きく、処分が難しいものの1つです。

1-4.健康器具

マッサージチェア・電気治療器・美顔器などの健康器具も、新居で置くスペースがないなどの理由から、引っ越しをきっかけに処分することがあります。

1-5.コンロ

コンロなどの調理器具は、プロパンガスか都市ガスかで取り付けるタイプが異なります。新居に合わない場合、処分を考えなければなりません。

2.引っ越しまで時間がある場合の粗大ゴミ処分方法

引っ越しまで時間にゆとりがある場合の粗大ゴミ処分方法をご紹介します。

2-1.自治体の粗大ゴミ回収へ出す

自治体の粗大ゴミ回収へ出す方法が、最も手軽です。粗大ゴミの回収日は、月2回程度となっています。前もってスケジュールを組み、申請手続きをして出しましょう。

2-2.粗大ゴミ受付センターへ申請する

粗大ゴミは、粗大ゴミ受付センターへ申請が必要です。インターネットでの申請もできます。品目と数量を選び、手数料や回収日時を確認しましょう。

2-3.手数料を支払う

粗大ゴミの処理手数料は、規定料金分の粗大ゴミ処理券を購入するだけで支払いが完了します。コンビニやスーパーで購入してください。

2-4.指定回収日に出す

粗大ゴミの申請時に指定された日時に、粗大ゴミを出してください。通常のゴミ集積所とは出す場所が異なり、排出場所が指定されます。間違わないよう注意しましょう。

2-5.買取に出す方法もある

引っ越しまで時間にゆとりがあるなら、買取に出す方法も考えてみましょう。高年式の家電や美品の家具なら、買取対象になる可能性があります。リサイクルショップなどで査定を受けてみてください。

2-6.自分でリセールする

引っ越しまで時間がある場合は、自分でリセールする方法もあります。ネットオークションやフリマアプリを活用しましょう。希望価格で出品できるのがメリットです。とはいえ、買い手が現れるまでに時間がかかるため、値下げせざるを得ない場合もあります。大型で重量のあるものなどは、運搬方法やこん包の仕方などを考えなければなりません。

2-7.譲渡する

欲しい人に譲渡する方法もあります。譲渡の条件は、話し合いで決めてください。自治体やネットの掲示板で欲しい人を募るといいでしょう。知人など周囲の人に声かけする方法もあります。

3.引っ越しまで時間がない場合の粗大ゴミ処分方法

引っ越しまで間に合わない場合の粗大ゴミ処分方法をご紹介します。

3-1.引っ越し業者へ依頼する

引っ越し業者に粗大ゴミの処分を依頼する方法も考えてみましょう。サカイや日本通運などの大手引っ越し業者では、粗大ゴミの引き取りサービスを行っています。ただし、アートは粗大ゴミの回収を行っていないため、自分で処分方法を考えなければなりません。また、粗大ゴミの引き取りはオプションサービスとなるので、引っ越し費用とは別料金になります。

3-2.不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者は、時間が迫っているときにおすすめの方法です。即日対応してくれるのに加え、粗大ゴミをまとめて回収してくれるため、時間と手間を大幅に削減できます。また、買取にも対応しており、回収と買取を同時に終えることができるのがメリットです。粗大ゴミの回収と買取は、関東家電リサイクル問屋までお問い合わせください。

4.粗大ゴミとして出すことができないものは?

粗大ゴミとして出すことができないものを覚えておきましょう。

4-1.家電リサイクル法対象品目

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目は、家電リサイクル法に基づいた処分が求められるため、粗大ゴミとして出すことができません。リサイクル回収が推進されています。購入した店舗に依頼し、リサイクル料金を支払って引き取りをしてもらいましょう。詳しい手続きなどについては、一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページで確認できます。

4-2.テレビ

テレビは、ブラウン管・液晶どちらも家電リサイクル法に基づいた処分をしなければなりません。リサイクル料金は、以下のとおりです。

  • 15インチ以下:1,870円〜
  • 16インチ以上:2,970円〜

メーカーや機種によってリサイクル料金が異なるので注意してください。

4-3.冷蔵庫

冷蔵庫だけでなく、冷凍庫も家電リサイクル法の対象品目です。容量によってリサイクル料金が異なるので注意してください。

  • 170リットル以下:3740円〜
  • 171リットル以上:4730円〜

4-4.洗濯機

洗濯機と同様に、乾燥機も家電リサイクル法に基づいた処分が求められます。リサイクル料金は、2,530円程度です。メーカーや機種によって変わるため、事前に確認しておきましょう。

4-5.エアコン

エアコンは、メーカーと畳数によってリサイクル料金が異なります。リサイクル料金は、990円程度です。窓に取り付けるタイプの冷風機も、家電リサイクル法の対象品目として処分しなければなりません。

4-6.持ち込みができない場合は収集運搬費用がかかる

既述したリサイクル料金は、指定引取場所へ持参した場合です。自分で持ち込みができない場合は、収集運搬費用が別途かかります。

5.引っ越しの粗大ゴミでよくある質問

引っ越しの粗大ゴミに関する質問を集めました。

Q.引っ越しの粗大ゴミ処分はいつごろから考え始めたほうがいいのか?
A.引っ越しの予定が決まったら、すぐに考え始めましょう。自治体の粗大ゴミ回収は月2回程度で、申請順に回収がなされます。早めに申請を終え、ゆとりを持って引っ越し日を迎えたほうが安心です。

Q.引っ越し業者は、粗大ゴミの買取をしてくれないのか?
A.業者によっては、買取に対応している場合があります。買取対象品目を限定している場合もあるでしょう。見積時に、相談してみてください。

Q.不用品回収業者は、家電リサイクル法の対象品目は引き取りしてくれるのか?
A.はい、引き取りしてもらえます。関東家電リサイクル問屋では、家電リサイクル法対象品目の買取強化中です。処分費用の節約につながります。お気軽にお問い合わせください。

Q.自治体の粗大ゴミは自分で運搬しなければならないのか?
A.はい、自力で運搬が必要です。ソファーやベッドなどの大型家具は、運搬が困難な場合が多いでしょう。家電リサイクル法の対象品目となる洗濯機や冷蔵庫などとともに、無理に自分で処分しようとせず、業者に依頼したほうが安心です。

Q.粗大ゴミ以外にも処分したいものがある場合に便利な方法は?
A.不用品回収業者を利用する方法です。スプレー缶やライターなどの危険物も、まとめて処分してくれます。粗大ゴミをまとめて処分するとお得になる料金プランもあり、処分費用の削減につながるでしょう。関東家電リサイクル問屋へご相談ください。

まとめ

引っ越し時は、大量の粗大ゴミが出ます。時間にゆとりがある場合は、自治体の粗大ゴミを利用する方法や、リサイクルショップもしくはインターネットを利用して買取に出す方法がいいでしょう。引っ越し日が迫っている場合は、不用品回収業者などを利用すると安心です。即日対応も可能で、買取にも応じてもらえます。引っ越し時の粗大ゴミ回収は、関東家電リサイクル問屋へご連絡ください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!