家財整理とは? 簡単&効率よく進めるポイントを詳しく教えます!


「そろそろ家財整理を始めたいけど、具体的にどんなポイントに注意すべきか」「家財整理を効率よく進めるコツを知りたい」とお考えではないでしょうか? 家財整理を行いたくても、どんなことをするのか、どんな点に注意すべきかなど、よく分からないと困りますよね。それに、なるべく労力をかけずに進めたいことでしょう。

そこで今回は、家財整理について詳しく解説します。

  1. 家財整理とは?
  2. 家財整理ではどんなことをするのか?
  3. 家財整理を自分でできない場合はどうする?
  4. 信頼できる業者を選ぶポイント
  5. 家財整理を業者に依頼する流れ
  6. 家財整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、家財整理を効率よく進めるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.家財整理とは?

最初に、家財整理とはどんなものか見ていきましょう。

1-1.家財整理の定義

家財整理とは、特定の目的を持って家財を整理することです。具体的には、以下のようなものがあります。

  • 生前整理:老後を暮らしやすくするために身の回りのものや財産を処分・整理する
  • 遺品整理:人が亡くなった後に残されたものを処分する
  • 空き家整理:何らかの理由で空き家になった住宅の残置物を処分する

1-2.家財整理の需要が年々増加している理由

家財整理の需要は、年々増加しています。主な理由の一つが、超高齢化社会が進んでいることです。また、核家族化が進んだことで親子が同居するケースが減り、高齢者の一人暮らしが増加したことも理由になります。高齢者の一人暮らしでは、不用品やゴミをため込んでも注意する人がいません。片付けたくても、手伝ってくれる人がいなくて困っていしまいます。また、孤独死を迎えるケースが急増していることも、家財整理の需要増加につながっているといえるでしょう。

2.家財整理ではどんなことをするのか?

家財整理ではどんなことをするのか、詳しく見ていきましょう。

2-1.家の片付け

家財整理の基本は、家の片付けです。特に、高齢者の家では、足の踏み場がないほど散らかっているケースが多く見られます。まずは、家のものを必要なものと処分すべきものに仕分けすることが必要です。必要なものだけにすることで、収納にも余裕ができスッキリと片付いて安全に暮らせる状態になります。

2-2.不用品の処分やリサイクル

不用品の処分やリサイクルも家財整理で行うことの一つです。家を片付けると、大量の不用品が発生します。さまざまな不用品を仕分けして、適切な方法で処分したりリサイクルしたりすることで、資源を有効活用することが可能です。また、金瀬価値の高いものや状態のよいものは、業者で買取後に中古品として再販されることもあります。

2-3.財産の整理や処分

家財整理では、財産の整理や処分も行うことになります。まずは、家や土地といった不動産から、現金・預金・持ち株などを含め、すべて把握することが重要です。すべての財産を把握したら、不要なものは売却するなどにより処分します。遺品整理の場合は、相続で分配するために売却および現金化することもあるでしょう。

2-4.ハウスクリーニング

家財整理では、ハウスクリーニングも行います。長年住み続けた家には、びっくりするほど汚れがたまっているものです。特に、家具の後ろ側や下側は、ホコリやゴミがたくさんたまっています。また、湿気が多い場所にはカビが生えていることもあるでしょう。さらに、独特の臭いが部屋に染み付いていることもあります。そのため、ハウスクリーニングを仕上げに行うのです。ただし、部屋の汚れがひどいときは、作業の開始時にも簡単な掃除をすることがあります。

3.家財整理を自分でできない場合はどうする?

家財整理を自分でできない場合は、業者に依頼することをおすすめします。

3-1.自分でできないと家族や親族に大きな負担がかかる

家財整理を自分でできない場合、家族や親族に大きな負担がかかってしまうものです。たとえば、生前整理を行っていた人とまったくやらなかった人では、遺品整理の負担が大きく異なります。また、家族や親族に手伝ってもらおうと思っても、それぞれに仕事や都合があるため、なかなか予定を調整できないことでしょう。特に、遠方に住んでいる場合は、気軽に作業を頼みづらいのも事実です。自分で家財整理ができない場合は、業者に依頼することを考えてください。

3-2.業者に依頼する主なメリット

家財整理を業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分で作業するより効率がよい
  • 自分で作業するよりキレイに仕上がる
  • 都合のよい日時に作業してもらえる
  • 時間や労力の大幅な節約になる
  • 不用品の処分や買取を依頼できる

4.信頼できる業者を選ぶポイント

家財整理を業者に依頼するときは、いくつかのポイントをチェックしてじっくり見極めることが必要です。

4-1.家財整理の実績が豊富にある

家財整理の実績が豊富にある業者なら、安心して依頼することができます。さまざまなケースの家財整理をこなしているため、臨機応変に対応してもらいやすいのもメリットです。ただし、家財整理でも、生前整理の実績だけが多いのか、遺品整理や空き家整理まで広くカバーしているのかも細かくチェックしてください。たとえば、遺品整理を依頼したいのなら、遺品整理の実績が多い業者がおすすめです。なお、当関東家電リサイクル問屋でも、あらゆるケースの家財整理をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-2.丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある

家財整理を依頼するのなら、丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある業者を選びましょう。家財整理は、家の中に入って作業することになります。どんなに散らかっていたり汚れていたりしても、丁寧な作業をしてくれる業者が理想です。また、高品質な仕上がりで評判がよいことも確認してください。不用品を片付けてもらっても、最後の仕上げが雑なようでは不満が残ります。

4-3.見積もりは無料

見積もりは無料であることも、重要なポイントです。家財整理は、部屋の広さや汚れ具合・物量などで金額が大きく異なります。したがって、多くの場合で現場視察を行うことになるでしょう。業者からすれば、出張費や人件費として少なくとも1回数千円程度は支払ってもらいたいはずです。しかし、あえて無料とすることで多くの顧客に自社を検討してもらいやすくしています。実際に、見積もりを無料にしても正式契約を多く取ることができたほうが利益が増えるでしょう。賢い業者は、見積もりを無料にするメリットをよく理解しているといえます。

4-4.リーズナブルで分かりやすい料金システム

リーズナブルで分かりやすい料金システムがあることも、信頼できる業者の特徴です。信頼できる業者には、多くの依頼が集まるため、リーズナブルな料金にしても十分に利益があります。ホームページに料金一覧を掲載してある業者も多いので、参考にしてみるとよいでしょう。ただし、中には他社との無用な価格競争を避けるため、ホームページに料金一覧を掲載していない場合もあります。具体的な金額を知りたいときは、見積もりを依頼してみるとよいでしょう。

4-5.不用品の買取も積極的に行っている

不用品の処分だけでなく、買取も積極的に行っている業者を選ぶとよいでしょう。家財整理で出た不用品の中には、まだ十分に使用できるものも含まれています。中には、金銭価値が高いものもあるでしょう。不用品の中で買取してもらえるものがあれば、家財整理の費用と相殺して節約できます。家財整理をなるべく安く抑えたい人には、外せないポイントといえるでしょう。

4-6.都合のよい日時と場所で作業してもらえる

都合のよい日時と場所で作業してもらえることも確認しておきましょう。どんなによい業者であっても、サービスエリア外になるのでは家財整理を依頼することができません。また、都合のよい日時に作業してもらえないのでは、何かと不便です。業者によっては、安い料金で依頼できる代わりに、作業日時を指定できないこともあるので注意してください。

4-7.スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい

スタッフの対応が親切で、顧客からの評判がよい業者なら信頼できます。家財整理は、依頼者の家に上がり込んで作業するため、スタッフの質が満足度に大きく影響するものです。礼儀正しく、丁寧な対応ができるスタッフなら、問題ありません。しかし、スタッフの態度が悪かったり作業が雑だったりすれば、大きな不満につながります。気持ちよく取り引きするためにも、スタッフの対応のよさは重要なポイントでしょう。また、スタッフの対応がよければ、顧客からの評判も大体よいので確認してみてください。

4-8.古物商など業務に必要な許可を取得済み

古物商など、業務に必要な許可を取得済みかどうかも確認しておきましょう。きちんとした業者なら、必要な許可を取得済みのはずです。業者がどんな許可を取得済みかについては、ホームページなどでチェックできます。もしも、ホームページなどで確認できないときは、直接問い合わせても構いません。万が一、無許可だったり話をはぐらかされたりする場合は、契約しないでください。不法行為に加担したと見なされる場合があります。

5.家財整理を業者に依頼する流れ

家財整理を業者に依頼する流れを詳しく見ていきましょう。

5-1.家財整理を依頼する業者を選ぶ

最初に、家財整理を依頼する業者を選びましょう。主なポイントは、この記事の「4.信頼できる業者を選ぶポイント」を参考にしてください。家財整理がスムーズに進むかどうかは、信頼できる業者を選ぶことにかかっているといっても過言ではありません。細かな点までしっかりチェックして、納得できる業者を探してください。

5-2.見積もりを検討して正式契約する

業者選びが終わったら、見積もりを依頼してみましょう。この時点では、2~3社に見積もりを依頼しても構いません。業者から見積もりが届いたら、以下の内容を確認してください。

  • 依頼してから迅速に出されたか
  • 依頼内容に沿って作成されているか
  • 不明な項目で計上されていないか
  • 法外に高い金額になっていないか
  • 作成日・有効期限・担当者名・社名などの記載漏れがないか
  • 書面の場合は正式なフォーマットで発行されており、社印の押印はあるか

上記の内容以外であっても、見積もりに不明な点があるときは、業者に連絡して説明してもらったり見積もりを出し直してもらったりすることをおすすめします。見積もりがそろったら、内容やスタッフの対応のよさなどをじっくり比較・検討して業者を選び、正式に契約してください。

5-3.指定日時に業者が作業する

業者と正式に契約すると、指定日時に業者がやってきて家財整理の作業に入ります。業者によっては、作業中の在宅が必要になることもあるので確認しておきましょう。すべての作業が終わると業者から連絡があるので、一緒に現場を確認してください。特に問題がなければ、完了です。その場もしくは業者指定の方法で、費用を支払ってください。

6.家財整理に関するよくある質問

最後に、家財整理に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.生前整理を40代に行うのは早過ぎる?
A.いいえ。40代でも必要だと感じたら行って構いません。また、40代のうちに1回経験しておけば、将来また行うときにもスムーズに作業できるでしょう。

Q.財産を処分するときは一存で進めてもよい?
A.自分名義の財産であり、家族や親族の生活に影響を与えないものなら、処分して構いません。反対に、自分名義の財産であっても家族や親族が住んでいる家を一存で処分するのは、トラブルになるのでやめましょう。

Q.親に家財整理をすすめても嫌がられてしまうのですが?
A.高齢者の中には、家財整理を行うと縁起が悪いと考える人もいます。まずは、家財整理のメリットを分かりやすく話すことから始めるとよいでしょう。今のうちに作業することで、親にも子どもにも大きなメリットがあることを理解してもらうことが大切です。

Q.家財整理で出た不用品の中で高く売れるものは?
A.以下のようなものです。いずれも故障や不具合がなく、外観がキレイなことが条件になります。

  • 製造後3年以内の家電
  • ブランド家具
  • ブランド品のバッグ
  • 貴金属類
  • 着物
  • 骨とう品

また、趣味のコレクションなども、内容によっては高く売れることがあります。なお、業者によっても、買取可能な品目が異なるので確認が必要です。

Q.親が入院中でも家財整理を進めてよい?
A.できるなら、親に承諾をもらってから作業してください。いくら親子であっても、無断で作業するとわだかまりが残りやすいからです。

まとめ

今回は、家財整理の進め方について詳しく解説しました。家財整理をスムーズに進めるためには、業者に任せることもおすすめです。特に、家の片付けや不用品の処分は、自分たちだけで行おうとすると大変な手間と時間がかかります。家を片付けるだけでも相当の労力を使うので、業者の力を借りるとよいでしょう。なお、家財整理を依頼するには、信頼できる業者かよく見極めることが大切です。後悔しないためにも、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、相談しながら進めるとよいでしょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!