在庫を放置するリスクは? 在庫買取のコツや業者選びのポイントも紹介


「不要になった在庫を処分したいけれど方法が分からない」「このまま放置したらどうなるんだろう?」など、在庫の処分で悩んでいる方は多いでしょう。未使用品または新品が多い在庫なので、専門業者に買い取ってもらうことができます。在庫を無駄にしてしまうと処分費用も高くなってしまいがちです。

そこで、本記事では、在庫を放置するリスクや在庫買取のコツなどを解説します。

  1. 不要になった在庫を放置するリスク
  2. どんな在庫なら買い取ってもらえるのか?
  3. 在庫を買取に出す際の注意点
  4. 在庫買取業者を選ぶポイント
  5. 在庫買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、在庫買取のポイントや注意点などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.不要になった在庫を放置するリスク

まずは、不要になった在庫を放置するリスクについて解説します。

1-1.資金繰りが悪化してしまう

要らなくなった在庫を処分するには費用がかかってしまいます。在庫を売り切れなければ仕入れ代金を回収できないことになるため、利益が発生しません。利益が発生しない・処分費用がかかるというリスクを負い、資金繰りが悪化してしまいます。また、在庫として持っている間も費用がかかるので資金は減少し続けるというわけです。さらに、在庫を抱えている間は倉庫の賃貸料や水道光熱費・人件費も余計に発生することになるでしょう。処分するにも時間と手間がかかるリスクもあるので、さらに資金繰りが悪化してしまいます。

1-2.商品の価値が低下する

不要になった在庫を放置することで商品の価値が低下してしまいます。さまざまな種類の商品がありますが、在庫は保有しているうちに品質が劣化するものが多いでしょう。たとえ、品質が変わらないものだとしても売れ残っている間に商品自体が時代遅れになってしまいます。このことを陳腐化といいますが、商品価値が低下する原因です。商品価値が低下したものは廃棄することになり、損失が発生します。

2.どんな在庫なら買い取ってもらえるのか?

では、どんな在庫なら買い取ってもらうことができるのでしょうか。

2-1.需要があるかが大きなポイント

パソコン・スマホ・OA機器など長期在庫や不良在庫・アウトレット品といったさまざまな種類があります。どんな在庫が買取対象になるのか疑問を感じていると思いますが、基本的に法人も個人も違いはありません。需要があるかが大きなポイントとなります。たとえば、家電・楽器・車用品・洋服・TVゲーム・コスメ・健康食品は需要があるので買い取ってもらえるでしょう。「こんなものまで買い取ってもらえるの?」と驚くようなものまで買取をしてくれる時代です。在庫を廃棄する前に、まずは買い取ってもらえるか業者に問い合わせてください。

2-2.商品の状態も査定のポイント

在庫の買取ポイントとして、商品の状態も大切な要素となります。需要があるジャンルだとしても、再利用できない状態だと買い取ってもらえません。たとえば、衣類に穴が空いていたり、サビやカビがついていたりするものは買取不可になるケースがほとんどでしょう。また、家電を買い取ってもらう場合、製造年月から3~5年以内のものが買取対象となります。5年以上経過しているものは故障しやすい状態と判断されるため、買い取ってもらいにくくなるのです。だからこそ、早めに査定を依頼する必要があります。

2-3.メンテナンスの有無や見た目も重視される

パソコンやOA機器などはメンテナンスをしっかりしているかが査定のポイントとなります。きちんとメンテナンスをしているものほど高価買取が期待できるでしょう。逆に、しっかりとメンテナンスを行っていない商品は買取不可になる可能性があります。また、前述したように商品の状態が買取の大きなポイントとなりますが、きちんと作動するかだけでなく見た目も重要です。基本的に、見た目がきれいでないと買い取ってもらえません。中古で見た目が汚い商品を欲しいという人はいないので、査定前にきれいにしたほうがいいでしょう。

3.在庫を買取に出す際の注意点

ここでは、在庫を買取に出す際の注意点をいくつか説明します。

3-1.買取業者を見極めることが1番重要

まずは、法人買取を行っている業者を選ぶところから始まります。買取業者によって取り扱いジャンルが得意・不得意があったり、買取の条件がバラバラだったりするので注意が必要です。特に、在庫は法人の取り扱いとなるため、法人買取を行っている業者を選ばなければなりません。さまざまな在庫を売りたいと思っている方は、いろいろと融通を効いている買取業者を選ぶのがポイントといえるでしょう。後ほど、【4.在庫買取業者を選ぶポイント】で詳しく説明するのでぜひチェックしてください。

3-2.査定前に在庫の状態を確認する

前述で説明したように、買い取ってもらえる在庫は状態がいいものです。査定前にきちんと確認しておかなければ買取不可になったり、査定額が下がったりしてしまうことになるでしょう。希望額で買い取ってもらうことができるように、事前の確認が必要です。査定前に、どんな在庫があるのか・在庫の状態はどうなっているのか・どのくらいの量があるのか等を確認しましょう。メモにしておけば、買取業者も査定しやすくなります。

3-3.買取の主な流れを確認する

在庫の買取を査定する前に、主な流れを確認することも大切です。在庫の量が多いほど時間と手間がかかるので、きちんと確認しておかなければなりません。後でトラブルにならないためにも、以下の流れをチェックしておきましょう。

  1. 買取業者に問い合わせをする
  2. スタッフが商品・資料を確認しヒアリングを行う
  3. 在庫の希望価格や販売条件などチェックした後、提案の説明を受ける
  4. スタッフからの提案に納得した後、取引を開始
  5. 在庫と代金の受け渡しを行い、取引完了

主な流れは上記のとおりですが、買取業者によっては異なるケースがあります。どんな流れで買取を行うのか・きちんとヒアリングを行ってくれるかが大切です。

4.在庫買取業者を選ぶポイント

ここでは、在庫買取業者を選ぶポイントを解説します。

4-1.出張買取を行っているか

在庫買取の場合、一般的に出張買取を依頼することになります。在庫をたくさん抱えているところほど、自分たちで搬出したり業者に運んだりするのが困難になるでしょう。また、会社で使用するOA機器なども処分したいと思っている方は、出張買取のほうが時間も手間もかかりません。業者スタッフがやってきてその場で査定を行い買い取ってもらえるので、スピーディーに取り引きを進めることができるでしょう。できるだけ、出張買取を行っている業者に依頼してください。

4-2.見積書を書類で提出してくれるか

業者選びの際は、見積書をきちんと書類で提出してくれるか確認が必要です。買取業者の中には、見積書を書類ではなく口頭で説明するところがあります。口頭だけだと後から「言った・言っていない」とトラブルになってしまう恐れがあるので要注意です。また、書類で提出してくれたとしても、詳細が記載されていない可能性もあるでしょう。見積書の内容をしっかりと確認して、疑問点がある場合はスタッフに尋ねることが大切です。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

優良業者ほどスタッフの対応が丁寧でスピーディーな傾向があります。不正を働く悪徳業者は、どうすれば安価で買い取られるかを考えているため、対応が悪くなってしまうものです。きちんと説明してくれない・電話をかけてもなかなか担当者につながらない・折り返しの電話がこないなどの業者には依頼してはいけません。直接店舗に行けない場合は、電話で問い合わせて対応が丁寧かチェックしてください。

4-4.法人に対しても買取を行っているか

個人だけでなく法人に対しても買取を行っているか確認することが大切です。買取業者の中には、法人に対してサービスを展開していないところがあります。法人に対応している買取業者は、独自の再販ルートを持っていたり、法人所有の在庫処分や買取に長(た)けていたりという点が特徴です。また、買取サービスを行うためには古物商の許可を取得する必要があります。古物商の許可を取得していない業者は悪徳業者の可能性があるので避けましょう。ホームページ等に古物商の許可番号が掲載されているか確認してください。

4-5.さまざまなジャンルを取り扱っているか

どの業者に依頼すべきか悩んでいるときは、さまざまなジャンルを取り扱っているか確認が必要です。多数のジャンルを扱っている業者ほど、買取がスピーディーに進めることができるでしょう。ジャンルの取扱数が少ない業者に依頼すれば、別の業者に再び依頼しなければなりません。手間と時間がかかるからこそ、さまざまなジャンルを扱っている業者に依頼するのがポイントです。また、できるだけ高く売りたい方は、まとめて売ったほうが高く売れる可能性があります。

5.在庫買取に関してよくある質問

在庫買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.買取業者に依頼するメリットは?
A.大きなメリットは、短期間で現金化できることです。店舗の閉鎖や在庫処分を急いでいる場合、アウトレット商品として売り切るには時間がないケースが多いでしょう。その場合、買取業者に依頼すればすぐに査定してもらえるので即現金化することができます。現金化までに時間がかからないことは、資金繰りで悩んでいる方にもメリットが大きいといえるでしょう。

Q.在庫を処分するタイミングはいつがいいのか?
A.できるだけ、早めに売却したほうが高く売れる可能性があります。前述したように、在庫を多く抱えたり、放置したりするほど、在庫処分に費用がかかり買取が難しくなりがちです。できれば、決算期までに処分してください。決算期末に残った在庫は税金が必要になり、在庫が増えるほど利益が出るとみなされてしまいます。決算期を過ぎてから期末日前に処分したことにすると、粉飾決算ということになってしまうので要注意です。

Q.在庫リスクを最小限に抑えるコツは?
A.買取に出して、売れるものはなるべく売ることがポイントです。また、在庫を抱えないように適正在庫を維持し続けることも重要となります。適正在庫を把握するには、まず在庫を取り巻く環境を加味しなければなりません。さらに、需要予測に基づいた適切な発注と毎日の在庫管理が求められるようになります。在庫を抱えないように見直しをしてください。在庫を処分した後でも、再び在庫を抱えないように調整することが大切です。

Q.おすすめの買取業者は?
A.さまざまな不用品の買取を行っている関東家電リサイクル問屋がおすすめです。埼玉県を中心にサービスを展開しているほか、最短で即日可能であるのはもちろん、不用品の処分も受けつけています。そのため、不用品が買取不可だったとしても、処分が依頼できるでしょう。ほかの業者を探したり依頼したりする必要がないので手間と時間がかかりません。また、買取商品のジャンルも豊富に取り扱っています。無料相談や無料見積もりも受けつけているので、悩んでいる方は1度お問い合わせください。

Q.買取以外に在庫を売る方法は?
A.時間に余裕があればセールとして売り切る方法があります。決算セールや在庫一掃処分セールとして売り払う方法です。通常だと現金化するのが困難になってしまった在庫でも、値下げすることで売れる可能性があります。また、アウトレットで販売も可能です。通常の価格では売ることができない傷もの・売れ残った商品も安く販売できるでしょう。ただし、極端に値下げしてしまうとブランドや会社としての商品価値が下がるデメリットもあります。その点を踏まえた上で在庫を処分することが大切です。

まとめ

不要になった在庫を放置するほど費用がかさんでしまうことになります。在庫を保管するにもお金がかかってしまうので、なるべく早めに買い取ってもらいましょう。さまざまな商品を在庫処分として買取を行っている業者があります。新品・未使用品かつ中古市場で需要があるものほど高価買取が期待できるでしょう。また、在庫をまとめて買取に出すことで査定額がアップする可能性もあります。複数の業者を比較して、高値がついたところに依頼してください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!