カラーボックスの処分方法は? 自治体回収や買取について詳しく紹介


カラーボックスは軽量で動かしやすく、縦置きや横置きができる便利な収納です。使いやすい一方、経年劣化などで傷むことがあり、処分を検討する場合があります。カラーボックスの処分を考えたとき、何ゴミに該当するのか、どんな処分方法があるのかなど、さまざまな疑問が出てくるでしょう。カラーボックスを処分する際は、正しい処分の仕方を覚えておけば安心です。

そこで、本記事では、カラーボックスを自治体回収で出す方法や、自治体回収以外の処分方法についてご紹介します。

  1. カラーボックスは何ゴミ?
  2. 自治体回収でカラーボックスを処分する方法
  3. 自治体回収以外でカラーボックスを処分する方法
  4. カラーボックスを買取に出す方法
  5. カラーボックスの処分でよくある質問

状態が良好なカラーボックスは、買取に出すという選択肢もあります。処分方法と併せ、買取に出す方法も覚えておきましょう。

1.カラーボックスは何ゴミ?

そもそもカラーボックスは何ゴミに該当するのでしょうか? ゴミの分別についてご紹介します。

1-1.可燃ゴミ

カラーボックスは木製のものが多いため、解体すれば可燃ゴミとして処分できる場合があります。ノコギリなどで切断し、なるべくサイズを小さくして出しましょう。とはいえ、自治体によっては、解体して出すことを認めていない場合があります。正しく処分するためにも、自治体のルールをしっかり確かめておきましょう。また、可燃ゴミとして出す場合は、ネジなどの金属部品は不燃ゴミに仕分けてください。

1-2.粗大ゴミ

カラーボックスを解体せずに自治体回収で出す場合、多くの場合で粗大ゴミとして扱われます。粗大ゴミは事前申請が必要です。また、手数料の支払いも要するため、必要な手続きを行ってから出してください。全国ほとんどの自治体では、カラーボックスを粗大ゴミに分類しています。しかし、秋田市では、1辺の長さが50cmまでのものは可燃ゴミとして出すことができるため、サイズが小さなカラーボックスであれば、一般ゴミとして処分できるでしょう。

2.自治体回収でカラーボックスを処分する方法

自治体回収でカラーボックスの処分を行う際の手順をご紹介します。

2-1.可燃ゴミの場合

可燃ゴミの場合、カラーボックスを解体して小さくし、ゴミ袋に入れて出します。解体時、破片などでケガをしないよう注意してください。また、ゴミ袋が破れないように、解体したものを新聞紙などで保護しておくといいでしょう。可燃ゴミは、指定回収日にゴミステーションへ出してください。

2-2.粗大ゴミの場合

粗大ゴミの場合、自治体への申請が必要です。自治体の粗大ゴミ受付センターへ申請しましょう。インターネットでの申請も可能です。品目と数量を選択し、手数料と回収日時を確認します。手数料分の粗大ゴミ処理券を購入することで、粗大ゴミの処理費用の支払いは完了です。粗大ゴミの回収日は月2回程度となっています。決められた日時に指定廃棄場所へ出してください。

3.自治体回収以外でカラーボックスを処分する方法

自治体回収以外でカラーボックスを処分する場合、どのような方法があるのでしょうか?

3-1.不用品回収業者に依頼する

不要になったカラーボックスは、不用品回収業者へ引き取りを依頼する方法があります。不用品回収業者は迅速に対応してくれるため、処分を急ぐ場合に最適です。ただし、回収費用が割高で、カラーボックス1つあたり数千円程度かかる場合があります。

3-2.送料無料の回収業者

送料無料で回収としている業者に引き取りを依頼する場合、業者の条件にあてはまる必要があります。無料回収業者が定める送料無料対象品目と同こんなど、送料無料で回収してもらえる条件をあらかじめ確認しておきましょう。

3-3.寄付する

業者による引き取り以外では、カラーボックスを寄付する方法があります。発展途上国などへ物資を支援している団体へ寄付する方法です。カラーボックスは貴重な資源として、発展途上国で重宝されています。支援団体へ問い合わせをし、寄付ができるか事前に確かめてください。

3-4.譲渡する

カラーボックスを譲渡する方法もあります。譲渡はものを循環してゴミを削減するリサイクル活動の1つです。資源の有効活用につながるでしょう。知人に譲る方法もあれば、自治体やネットの掲示板などを利用して募る方法もあります。掲示板で募る場合は、状態がしっかり分かるよう、画像や紹介文などを工夫しましょう。

4.カラーボックスを買取に出す方法

カラーボックスの状態が良好であれば、買取に出すことも考えてみましょう。買取対象となるものの特徴や査定アップのポイントなどをご紹介します。

4-1.買取対象となるもの

買取対象となるカラーボックスは、傷・汚れ・臭いの付着がないものです。歪(ゆが)みやぐらつきなどがないことも、買取では重要なポイントとなります。正常に使えるものであれば、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

4-2.査定アップのポイント

カラーボックスの査定アップに導くためには、査定前に細かな部分まで掃除しておくことが大切です。シール跡は丁寧に取り除き、カビがある場合はカビ取りを行いましょう。見栄えがよくなるだけで、査定額がアップする可能性があります。

4-3.買取業者の選び方

カラーボックスの買取業者を選ぶ際は、家具の買取実績が豊富な業者を選びましょう。カラーボックスは元値が安いため、一般的なリサイクルショップなどでは買取価格がつきにくいのです。家具の買取を積極的に行っている業者であれば、取扱品目も幅広く、カラーボックスを適正価格で買取してもらえるでしょう。また、買取方法は、宅配買取・持ち込み買取・出張買取など、業者によってさまざまです。利用しやすい買取方法を採用している業者を選ぶといいでしょう。

5.カラーボックスの処分でよくある質問

カラーボックスの処分に関する質問を集めました。

Q.可燃ゴミとして処分する場合、どのくらいのサイズに解体すればいいのか?
A.1辺の長さを30cmより短くするといいでしょう。30cmより長くなってしまうと、粗大ゴミとして扱われてしまう場合があり、可燃ゴミとして出すことができなくなるので注意してください。

Q.カラーボックスの寄付は年間をとおして募っているのか?
A.支援団体によって異なります。支援団体をいくつかピックアップし、寄付を募っているか問い合わせてみましょう。寄付する際の送料負担や集荷方法なども確認しておくと安心です。

Q.三段のカラーボックスと二段のカラーボックスでは、どちらが中古需要を見込めるのか?
A.どちらも同程度の中古需要が見込めます。しかし、買取では、段数より状態を考慮されるため、丁寧に掃除をしておくことが大切です。

Q.カラーボックスを出張買取に出す際の注意点は?
A.カラーボックスは元値が安く、高額査定が難しい場合があります。出張買取の場合、出張費用が発生するケースもあるのです。買取価格から出張費用が差し引かれるため、利益がきちんと得られるか熟慮しましょう。ほかにも同時に処分したいものがある場合は、一緒に査定を受けると買取価格がアップする可能性があります。

Q.カラーボックスを粗大ゴミとして処分する場合、手数料はいくらかかるのか?
A.自治体によって手数料は異なります。数百円程度という自治体がほとんどです。ただし、複数のカラーボックスを処分する際は、個数分の手数料がかかるので注意しましょう。

まとめ

カラーボックスは、可燃ゴミや粗大ゴミに分類する自治体が多くなっています。可燃ゴミとして出す場合、サイズが大きいものは解体しなければならないケースもあるでしょう。自治体のルールをしっかり確かめてください。状態が良好なカラーボックスは、買取に出すという選択肢もあります。なるべく細かな部分まで掃除しておき、査定時の印象をよくするのが査定アップのポイントです。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!