実家の片付けをスムーズに行うには? 不用品の処分方法も紹介!


「実家を片付けるにはどうすればよいのか?」「不用品が多いので困っている」という人は多いでしょう。高齢になるにつれて家の片付けをすることが難しくなってくるのが現実です。かといって、そのまま放置しておくと「ゴミ屋敷のようになってしまう心配がある」という人もいるでしょう。後から困ることがないように、実家の片付けについては早めに考えておく必要があります。

この記事では、実家を片付けるタイミングや心構え・不用品の処分方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 実家を片付ける必要性は?
  2. 実家を片付ける際のポイントや注意点
  3. 実家の片付けで出た不用品の処分方法
  4. 実家の片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、実家の片付けが必要になるときや、片付けに必要なものなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.実家を片付ける必要性は?

まずは、実家の片付けが必要になるケースや、始めるタイミングなどをご紹介しましょう。

1-1.実家の片付けはどんなときに必要なのか?

実家を片付ける必要性については、さまざまなタイミングで感じることがあるでしょう。その中でも、高齢の親に介護が必要になったとき・親が施設などに入居することになったときに実家の片付けを検討する場合が多いと思います。家を整理して介護しやすい環境にしたり、住まいを引き払うにあたって片付けが必要になったりするのです。そのほかにも、実家に帰ったとき「ものが増えてきた」と感じるようであれば、早めに片付けについて話し合うべきでしょう。

1-2.親が元気なうちに始めるのが理想

実家の片付けは、できれば親が体力的にも精神的にも元気なうちに始めるのが理想です。本人の意思も取り入れながら一緒に片付けをすることが望ましいでしょう。親の判断力がしっかりしていればスムーズに片付けがすすむはずです。そのため、介護や入院などのきっかけがなくても、できるだけ親が健康なうちに取りかかることを考えてみるとよいでしょう。

1-3.遺品整理として片付ける場合も

遺品整理として初めて実家を片付けるケースも少なくないでしょう。親がある程度生前整理をしていた場合、遺品整理はスムーズに終わるはずです。しかし、そうでなかった場合は大量の遺品が出ることが考えられるため、遺品整理に大変な時間と労力がかかります。

2.実家を片付ける際のポイントや注意点

実家を片付けるにあたって必要な心構えや片付けのコツ・注意点などをまとめました。

2-1.片付けに必要なものは?

まずは、実家の片付けに必要なものを用意しましょう。以下のものをそろえておくとスムーズに片付けがすすみます。

  • ゴミ袋・段ボール
  • ガムテープ・ビニールひも
  • マスク・軍手
  • 掃除道具

2-2.親の気持ちを尊重することが大切

実家を片付ける際の心構えとして、「あくまでも親の気持ちを尊重する」ということを覚えておきましょう。実家は親の家であり、自分の家ではありません。片付ける際は「人の家を片付ける」という気持ちを忘れず、当人である親の意見を無視するようなことはしないでください。事前に、どう片付けたいと思っているのかなど、親の気持ちを聞いておくとよいでしょう。

2-3.少しずつゆっくりすすめるのがポイント

実家の片付けは少しずつゆっくりすすめていくのが成功のポイントになります。一気に大量のものを捨てること・部屋の様子が変わることは、高齢者にとって受け入れがたいことです。暮らしていくうちに状況が変わり、必要な片付けの内容が変化してくることもあるでしょう。引っ越しや施設の入居などで急いでいる場合を除き、じっくり丁寧に取りかかっていくべきです。

2-4.自分の価値観を押しつけない

親と自分はあくまでも違う人間なので、自分の価値観を押しつけてはいけません。ゴミのように見えても、親にとっては大切なもの・手放したくないものである可能性もあるのです。「こんなものはいらない」「取っておいても仕方ない」という言葉は絶対に使わないようにしましょう。

2-5.「捨てる」という言葉はNG

もったいない精神が強い高齢者にとって、ものを捨てるという行為に抵抗を感じやすいものです。そのため、「捨てる」という言葉はできるだけ使わないようにしましょう。「ここにあると危険なのでしまっておこう」「ほかに欲しい人がいるので譲ってあげたらどう?」というように、捨てずに処分する方法も提案してあげるのがおすすめです。

3.実家の片付けで出た不用品の処分方法

実家の片付けでは大量の不用品が出ることが予想されます。その不用品を処分する方法や注意点をご紹介しましょう。

3-1.自分で処分するには?

不用品を自分で処分する場合は、自治体のルールごとに分別してゴミとして出すことになります。どの不用品が何ゴミに分類されるかは自治体によって違いがあるため、事前にしっかり確認しておかなければなりません。大型の不用品は粗大ゴミ扱いになるので申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要です。回収日は自分で指定できないため、余裕を持って申し込むことをおすすめします。

3-2.不用品回収業者へ依頼するのがおすすめ

不用品が大量にある場合、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。希望の日時に自宅まで回収に来てもらえるため、手間をかけることなく不用品を一気に処分できます。買取サービスを行っている業者もあり、状態のよい不用品は買取してもらえるのもメリットでしょう。

3-3.信頼できる業者選びを

不用品回収業者に依頼する際は、信頼できる業者選びをするために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容に不明確な点はないか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

3-4.こんな業者に注意

悪質な不用品回収業者を利用すると「見積もりと違う高額な料金を請求された」「回収した不用品を不法投棄された」などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。特に、突然訪問してきて不用品の回収を迫る業者や、所在地を明らかにしない業者などには注意しましょう。

4.実家の片付けに関するよくある質問

「実家の片付けをしたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理はいつ行えばよいのでしょうか?
A.物件の明け渡し期限が迫っている場合などは急ぐ必要がありますが、そうでない場合はタイミングに決まりはありません。四十九日法要など、親族が集まるタイミングで行うケースが多いでしょう。

Q.実家を片付けたいのですが両親が納得してくれません。どのように説得すればよいですか?
A.部屋を片付けることのメリットを伝えましょう。安全性が高くなることや探しものが見つかりやすくなることなど、ポジティブな理由を挙げて説得するのがおすすめです。

Q.不用品回収業者に依頼する流れを教えてください。
A.まずは無料見積もりを依頼し、その内容に納得できたら出張見積もりを予約します。正式な見積もりの内容で問題がなければ、回収作業開始となるのが一般的な流れです。

Q.不用品を少しでも高く買取してもらうコツは何でしょうか?
A.きれいに掃除をし、付属品をそろえることです。また、買取先はしっかり比較して選びましょう。

Q.悪質な不用品回収業者とのトラブルはどこに相談できますか?
A.国民生活センターの窓口に相談するとよいでしょう。

まとめ

実家を片付ける必要性や片付けのポイント・回収業者の選び方などを詳しくご紹介しました。ものが多いこと・親を説得するのが難しいことなど、実家の片付けにはさまざまな問題点があります。こうした問題を解決してスムーズに片付けをするために、ぜひこの記事を参考にしてください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!