デジカメを売りたい方必見! 買取方法や高額買取のポイントをご紹介


「使わなくなったデジカメをただ家に置いておくのはもったいない」「不要なデジカメを売って買い替えの足しにしたい」など、古いデジカメについて考えることがあるでしょう。デジカメは、中古需要が見込めるため、買取してもらえる可能性があります。とはいえ、デジカメの買取価格は、メーカーや機種によって差があるのです。デジカメはいくらで買取してもらえるのか、どんな買取方法がいいのかなど、疑問が浮かんでくるでしょう。デジカメを買取に出す際は、高値で買取してもらうコツや業者の選び方などを知っておくことが大切です。

そこで、本記事では、デジカメの買取相場や具体的な買取方法をご紹介します。

  1. デジカメを高額買取に結びつけるためのポイント
  2. デジカメの買取相場
  3. 買取不可となるデジカメの特徴
  4. デジカメを買取に出す際に確認すべきこと
  5. デジカメを買取に出す方法
  6. 買取業者選びのポイント
  7. 買取不可となったデジカメの処分方法
  8. デジカメの買取や処分でよくある質問

デジカメを売りたいと思っている方は、高額買取のポイントや注意点などを知り、買取で損をしないように知識を身につけておきましょう。

1.デジカメを高額買取に結びつけるためのポイント

デジカメを高額買取に結びつけるためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

1-1.不要になったらできるだけ早く手放す

デジカメは、年式が浅いもののほうが、買取では有利です。旧モデルでも希少価値があれば、高額買取になる可能性があります。しかし、広く流通していたモデルの場合、高年式のものが買取では好まれるのです。不要になったら、できるだけ早く買取に出すようにしましょう。

1-2.普段からお手入れをしておく

デジカメは、普段からお手入れをしておくことが大切です。お手入れをしておけば、カビの発生やホコリの混入などを防ぐことができ、状態を良好に維持できます。査定でも美品は有利で、高額買取につながる可能性が高いでしょう。

1-3.交換レンズと一緒に査定を受ける

デジカメ単体で査定を受けるより、交換レンズなどと一緒に査定を受けたほうが、高額買取が期待できるでしょう。もともとセット販売されていたモデルは、交換レンズが付属品とみなされます。デジカメを売りたいと思っている方は、できるだけまとめ売りをすることを考えてみてください。

1-4.付属品をそろえる

購入時の付属品がそろっていると、買取価格が上がる傾向があります。たとえば、保証書・取扱説明書・ケーブル・交換バッテリー・充電器・外箱などです。できる範囲で付属品を探しておきましょう。

2.デジカメの買取相場

デジカメの買取価格はいくらぐらいなのでしょうか? 買取価格の相場をご紹介します。

2-1.ソニー

ソニーは、Cyber-Shotというシリーズを展開しています。グレードによって買取価格に差が生じますが、買取価格の相場は1万5,000〜3万1,000円程度です。ミラーレス一眼レフカメラの場合、6万3,000〜28万6,000円程度と買取価格に幅があります。

2-2.パナソニック

パナソニックは、LUMIXシリーズを展開しています。コンパクトデジカメ以外に、デジタル一眼レフも人気で、中古需要が高いモデルの1つです。デジタル一眼レフであれば、買取価格も高値になりやすいでしょう。2万7,000〜4万円程度となる場合があります。

2-3.キャノン

キャノンは、PowerShotシリーズを展開しています。キャノンはデジタル一眼レフのほうが人気が高いのが特徴です。コンパクトデジカメはデジタル一眼レフに比べ、買取価格が低めになる傾向があるでしょう。買取相場は、1万1,000円前後となっています。デジタル一眼レフの場合、モデルによって差が生じますが、6万5,000円前後が相場です。

3.買取不可となるデジカメの特徴

デジカメは、すべてが買取対象となるわけではありません。買取不可となるものの特徴を知っておきましょう。

3-1.動作不良やトラブルがあるもの

デジカメは、正常に動作するものだけが買取対象となります。そのため、動作不良やトラブルがあるものは、画質にも影響があると判断され、買取不可となる可能性が高いでしょう。

3-2.汚損・破損があるもの

汚損や破損があるものは、デジカメの価値を著しく損ねてしまいます。レンズやデジカメ内にカビや曇りがあるものも、画質に影響を与えてしまうことから、買取不可となるのです。

3-3.年式が古すぎるもの

デジカメは電子機器であるため、耐用年数があります。製造から5年を過ぎたものは、部品の摩耗なども起こり、動作に問題が生じやすいことから、買取不可となる可能性が高いでしょう。

4.デジカメを買取に出す際に確認すべきこと

デジカメを買取に出す際の注意点や確認すべきことをまとめました。

4-1.細かな部分までしっかり掃除をする

デジカメは、見栄えがいいものほど、買取では有利となります。ボディーは汚れだけでなく、静電気によってホコリなども付着しやすいものです。買取に出す際は、細かな部分までしっかり掃除をしておき、好印象を持ってもらえるよう準備しておきましょう。

4-2.動作確認をしておく

デジカメの買取は、すべての機能が動作することが前提となります。買取に出す際は、事前に動作確認をしておき、スムーズに撮影ができることを確かめておきましょう。

4-3.買取価格の相場を調べておく

買取に出す際は、インターネットなどを使い、事前に買取価格の相場を調べておくことが大切です。大まかな買取価格の相場を知っておくことで、査定時の価格交渉をする際に役立ちます。

5.デジカメを買取に出す方法

デジカメの買取方法についてご紹介します。

5-1.リサイクルショップ

リサイクルショップでもデジカメの買取を行っています。ブックオフなど近隣のリサイクルショップに持ち込んで査定を受けるだけです。自宅近くであれば、いつでも気軽に利用できます。しかし、リサイクルショップはデジカメの知識に長(た)けていない場合もあり、適正価格で買取してもらえない場合があるでしょう。

5-2.不用品回収業者

不用品回収業者は、不用品の回収以外に、デジカメの買取もしています。リサイクルショップより高値で買取してもらえる場合が多いでしょう。とはいえ、出張買取が基本であるため、買取価格から出張費用などの諸経費が差し引かれてしまいます。諸経費を相殺後に、買取価格が大きく下落しないよう、業者の買取価格を比較し、慎重に買取先を決めることが大切です。

5-3.カメラ買取専門業者

キタムラなどカメラ買取専門業者は、デジカメ・フィルムカメラ・交換レンズなどの買取を専門に行う業者です。デジカメに関する知識が豊富で、中古需要を熟知しています。メーカーや機種などの価値を見極め、適正価格で買取してくれるのがメリットでしょう。デジカメを高額買取してもらいたい場合におすすめの買取方法です。

6.買取業者選びのポイント

買取業者は、どのようなポイントに注意して選べばいいのでしょうか? 業者の選び方をご紹介します。

6-1.デジカメの買取実績が豊富

デジカメの買取実績が豊富な業者は、中古需要や人気機種などの傾向を理解し、適正価格を判断することができます。業者を比較する際は、業者のホームページなどをチェックし、過去の実績を確認しましょう。

6-2.誠実に対応してくれること

業者を選ぶ際は、メールや電話などの対応が誠実であることを確かめてください。質問や問い合わせに対し、迅速かつ丁寧な対応をしてくれる業者であれば、安心感を抱くことができます。また、利用者の声に目を向けることも大切です。クチコミなどで高評価を得ている業者であることをチェックしてください。

6-3.複数の業者を比較すること

複数の業者で査定を受け、比較することが大切です。買取価格は業者によって異なります。買取価格が極端に低い業者は、避けたほうが安心です。できるだけ相場に近い買取価格をつけてくれる業者を選びましょう。

7.買取不可となったデジカメの処分方法

買取してもらえないデジカメは、処分を検討しなければなりません。どのような方法で処分すればいいのでしょうか? 具体的な方法をご紹介します。

7-1.自治体回収

自治体回収でデジカメを処分する方法があります。自治体によって分別ルールが異なるため、事前に自治体のホームページなどで確認しておきましょう。多くの場合、デジカメは不燃ゴミや金属ゴミなどに分類されます。自治体のルールに従い、正しく処分してください。

7-2.不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者は、デジカメ1台でも回収してくれます。ほかの不用品も同時に回収してくれるため、まとめて不用品を処分したい場合におすすめです。ただし、不用品回収業者の回収費用は割高で、デジカメ1台あたり数千円かかる場合があります。また、出張回収が基本で、出張費用が加算される場合もあるので注意してください。節約できる料金プランを利用するなど、処分費用を削減できる方法を考えるのも1つの方法です。

7-3.小型家電としてリサイクルする

デジカメは、小型家電に該当します。自治体が設置する小型家電リサイクルボックスを利用し、デジカメを処分する方法がおすすめです。誰でも無料で利用でき、処分費用を節約できます。ただし、設置場所が限られているため、設置場所までデジカメを持ち込まなければなりません。

7-4.下取りに出す

デジカメの買い替えで手放す場合は、下取りに出す方法も検討してみましょう。下取り可能かどうかは、販売店によって異なります。また、一定水準を満たしたものに限り、下取り可能など、販売店ごとに条件を定めている場合もあるでしょう。事前に販売店の下取りサービスについて調べておくことが大切です。

8.デジカメの買取や処分でよくある質問

デジカメの買取や処分に関する質問を集めました。

Q.デジカメは、性能によって買取価格に差が生じるのか?
A.はい、差が出てきます。デジカメは大まかに分けて、初心者向け・アマチュア〜ハイアマチュア向け・プロ向けの3種類です。プロ向けなど上位機種になるほど高機能で高画質になり、買取価格も高くなるでしょう。

Q.本体に凹(へこ)みがある場合、マイナス査定になるのか?
A.はい、マイナス査定になります。凹みは傷と同等のダメージと判断され、デジカメの価値を大きく損ねる要素です。できるだけ美観を損ねないよう、普段の保存環境や使い方などに注意してください。

Q.査定前にデジカメの掃除をする際、ホコリはどうやって取り除いたらいいのか?
A.ブロアーなど、レンズを傷つけることなく、ホコリを吹き飛ばすことができるアイテムを使い、表面のホコリを取り除きましょう。ただし、自分で掃除が難しい内部のホコリは、メーカーなどにメンテナンスを依頼したほうが安心です。

Q.カメラ買取専門業者の買取方法は?
A.業者によって買取方法が異なります。宅配買取・持ち込み買取・出張買取などです。利用しやすい方法を導入していることも、業者選びでは大切なポイントとなります。

Q.最も手軽にデジカメを処分する方法は?
A.小型家電リサイクルボックスを利用することです。投入口に入れるだけで、処分とデジカメのリサイクルが完了します。処分費用も節約でき、ゴミの削減や環境保護にもつながる活動です。

まとめ

デジカメは、買取してもらえる可能性が高い製品です。同一メーカーでも、上級機種のほうが高額買取が期待できるでしょう。買取価格は業者によって差があるため、複数の業者で査定を受け、比較することが大切です。買取方法と併せ、買取に出す際の注意点も覚えておき、高額買取に結びつけましょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!