汚部屋の掃除でお悩みの方! 簡単&スッキリ片付くコツを教えます!


「汚部屋をキレイに掃除したいけど、どんな点に注意すればよいのだろう」「汚部屋の掃除が簡単にできる方法を知りたい」とお考えではありませんか? 汚部屋は放置するとさまざまな問題点があるため、なるべく早く解決する必要があります。しかし、どんな方法で掃除すればよいか、効率よく片付けるにはどんな点に注意すべきかなどよく分からないことでしょう。

そこで今回は、汚部屋の掃除について詳しく解説します。

  1. 汚部屋をそのまま放置する問題点
  2. 汚部屋の掃除に役立つアイテムは?
  3. 汚部屋を掃除する手順
  4. 汚部屋の掃除で出た不用品の処分方法
  5. 汚部屋の掃除後にキレイな部屋を維持するには?
  6. 汚部屋の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、汚部屋を効率よく掃除するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.汚部屋をそのまま放置する問題点

最初に、汚部屋をそのまま放置するとどんな問題点があるか見ていきましょう。

1-1.ものが傷みやすい

汚部屋をそのまま放置すると、ものが傷みやすくなります。汚れが付着したり湿気がこもったりして素材を劣化させるからです。場合によっては、カビが生えてしまうこともあるでしょう。大切にしていたものや思い出の品も、台無しになってしまいます。また、ものが傷みやすいことで新しく購入せざるを得ず、出費がかさむのもデメリットです。

1-2.家が傷みやすい

家が傷みやすいのも、汚部屋をそのままにするデメリットです。汚れたまま掃除しないと、シミが付いて取れなくなったり素材の劣化が進んだりします。また、大量のものがあると湿気がこもりやすく、汚れと混ざってカビの温床になるのもいけません。気が付いたときには、壁や床に深刻なダメージを与えていることもあります。特に賃貸物件では、退去時の原状回復費用がかさむ原因になるので注意が必要です。

1-3.掃除や片付けが大変になる

汚部屋を放置すると、掃除や片付けが大変になるだけです。物量が多かったり汚れていたりすると、掃除や片付けをやっても無駄と考える人もいます。すると、さらに物量が増え続けたり汚れが蓄積されたりして、ますます状況が悪化してしまうのです。汚部屋の掃除や片付けは、現時点で手を付けるのが一番楽に作業できると考えましょう。

1-4.ものをなくしやすい

ものをなくしやすいのも、汚部屋を放置してはいけない理由の一つです。何か必要なものがあっても、大量のものに埋もれてしまい、どこにあるのか分からなくなってしまいます。使いたいときに使いたいものが見つからないのは、とても不便です。また、本来ならあるはずのものを再度購入することが増え、不経済なのもいけません。

1-5.ケガをしやすい

汚部屋をそのままにすると、ケガをしやすくなるのもデメリットです。特にものが多い場合は、足の踏み場がなくなってしまい、誤ってものを踏んだりものにつまずいたりしやすくなります。場合によっては、骨折などの大ケガにつながることもあるので注意しましょう。また、大量のものを積み上げた状態では、比較的小さな地震であっても、ものが崩れてきてケガをすることもあります。

1-6.病気にかかりやすい

汚部屋は不衛生で病気にかかりやすいのも、そのままにしてはいけない理由です。汚部屋には、雑菌やカビが多く存在しています。また、ダニなどの害虫も繁殖しやすく、人によっては、アレルギーを発症することもあるでしょう。また、感染症やそのほかの病気の原因になることもあります。特に免疫力が弱い人は、重症に至ることもあるので注意が必要です。

1-7.精神に悪影響を与えることがある

精神に悪影響を与えることがあるのも、汚部屋をそのままにしてはいけない理由といえます。不衛生でゴミや不用品が散乱していると、精神に大きな影響を与えるものです。目に入る情報が多過ぎると、無意識にイライラしたり疲れやすくなったりします。また、ものごとを前向きに考えられない、他人に攻撃的になる、何もやる気が出ないなどの症状が出ることもあるでしょう。

1-8.知人を招待しづらく交友関係が狭くなる

汚部屋では、知人を招待しづらいものです。結果的に、知人と疎遠になりがちなのも困りごとといえます。いくらネットでの交流が発達しているとはいえ、身近な人たちとの関係が疎遠になるのでは、孤立が深まるだけです。汚部屋をそのままにしたために孤立してしまえば、何かあっても頼れる人がいなくなります。将来、孤独死のリスクが高くなることも大きなデメリットといえるでしょう。

1-9.火災が発生する可能性がある

汚部屋のままでは、火災が発生する可能性があるのも大きな問題です。たとえば、コンセントにホコリやゴミがたまったり、コンセントの上にものが乗ったままになったりすると、火災の原因になることがあります。さらに、ものが大量にあるせいで火災の発見が遅れ、消火活動もままならず、大きな被害につながることがあるので注意しましょう。火災のリスクをなくして安全に暮らすためにも、汚部屋を掃除・片付けることが必要です。

2.汚部屋の掃除に役立つアイテムは?

汚部屋の掃除に役立つアイテムをいくつかご紹介します。

2-1.掃除機

汚部屋の掃除には、掃除機が必要不可欠になります。汚部屋には、大量のホコリや汚れがたまっているからです。一般的な掃除機とハンディータイプの掃除機の2種類を用意できれば、掃除する場所や汚れの性質によって使い分けることができて重宝するでしょう。なお、大容量の掃除機はたくさんのゴミを吸引できるものの、小回りが利かず使いづらいことがあるので注意してください。

2-2.フロアーワイパー

フロアーワイパーを用意すると、汚部屋を楽に掃除することができます。フローリングの汚れを掃除するだけでなく、天井や壁・窓などにも使えて便利です。軽い力で掃除できるので、疲れにくい点でも汚部屋の掃除に向いているといえます。持ち手部分の長さを調節できるタイプのものを選ぶと、使い勝手がよくておすすめです。

2-3.使い捨てタイプの掃除用シート

使い捨てタイプの掃除用シートも、汚部屋の掃除に役立つアイテムの一つです。フロアーワイパーと組み合わせて使えば、少ない労力で効率よく掃除できます。使い捨てタイプの掃除用シートは、汚れたらそのまま捨てることができ、洗濯する手間がかかりません。ウェットタイプとドライタイプの両方を用意すると、なお便利です。

2-4.ゴミ袋・ダンボール箱

ゴミ袋やダンボール箱も、汚部屋の掃除に欠かすことができません。ゴミ袋やダンボール箱は、ゴミや不用品の仕分けと廃棄処分の両方に使用できるからです。たとえば、ゴミ袋やダンボール箱を使用して種類ごとに不用品を分けておくと、何がどれだけあるか分かりやすく、そのまま保管したり処分したりできます。なお、途中で数量不足にならないよう、いずれも多めに用意しておくとよいでしょう。

2-5.そのほかにあると便利なものや服装

汚部屋の掃除では、そのほかにも以下のようなものがあると便利です。

  • メラミンスポンジ
  • はたき
  • 雑巾
  • バケツ
  • 消毒用エタノール
  • 住宅用中性洗剤

なお、掃除するときには、三角巾・マスク・手袋・汚れてもよい洋服を着用しましょう。汚部屋の掃除中、ホコリやカビなどを直接吸い込まずに済み、体に付着するのを防ぐことができます。使い捨てタイプのマスクや手袋を用意すると、汚れたらすぐに交換できるのでおすすめです。

3.汚部屋を掃除する手順

汚部屋を効率よく掃除する手順を、一つずつ見ていきましょう。

3-1.大体の物量と内容を把握する

最初に、汚部屋の掃除を効率よく進めるための準備として、大体の物量と内容を把握しましょう。汚部屋といっても、部屋数・部屋の広さ・物量・汚れ具合によって、必要な労力や時間が大きく異なるからです。実際に掃除する前に現状を把握しておけば、自分一人では掃除や片付けが難しいかどうかも判断できるでしょう。

3-2.掃除の計画を立てる

次に、掃除の計画を立てましょう。具体的には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 掃除場所ごとに掃除方法を決める
  • 掃除に必要な時間を考えて割り振る
  • 掃除の順番を決める

なお、実際に掃除の計画を立てるときは、日程と作業時間に余裕を見ておくことが大切です。また、適宜休憩を入れたり作業が遅れた場合の予備日を設定しておいたりしてください。

3-3.不用品の仕分け基準と処分方法を決める

不用品の仕分け基準と処分方法を決めておくことも、大切なステップの一つです。不用品の仕分け基準については、以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 不具合や故障などで正常に使えない
  • サイズや趣味が合わなくなった
  • 同じようなものが複数ある
  • 直近1年以内に使用したことがない
  • 今後使用する予定がない
  • 特に思い入れがない

なお、不用品の処分方法については、この記事の「4.汚部屋の掃除で出た不用品の処分方法」を参考にしてください。

3-4.必要な道具を準備する

作業に入る前に、必要な道具をすべて準備し、ひとまとめにしておきましょう。作業を始めてから必要なものを用意しているのでは、効率が下がってしまいます。それぞれすぐ使える状態に整えておくと、作業時間の短縮につながって便利です。また、最初に必要な道具をそろえることで、足りないものが分かりやすいのもメリットといえます。

3-5.計画に沿って汚部屋の掃除・片付けを行う

掃除の準備が整ったら、計画に沿って掃除と片付けを進めていきましょう。作業中も、こまめに進み具合をチェックし、適宜修正していくことがおすすめです。想像以上に作業が大変で時間がかかった場合は、予備日を利用して調整してみてください。遅れを取り戻そうと無理をすると、途中で挫折しやすくなるので注意しましょう。

3-6.ゴミや不用品を処分し仕上げに掃除して完了

汚部屋の掃除が終わったらゴミや不用品を処分し、仕上げに掃除して完了です。最初の状態と比べると、見違えるようにキレイな部屋になっていることでしょう。狭く感じていた部屋も、ゴミや不用品がなくなると随分広く感じるものです。また、気持ちがスッキリと前向きになることでしょう。せっかく汚部屋を脱出できたのですから、元に戻らないよう気を付けてください。具体的には、この記事の「5.汚部屋の掃除後にキレイな部屋を維持するには?」を参考にするとよいでしょう。

4.汚部屋の掃除で出た不用品の処分方法

汚部屋の掃除では、大量の不用品が出ます。ここでは、不用品の主な処分方法を詳しくご紹介しましょう。

4-1.自治体回収にゴミとして出す

汚部屋の掃除で出た不用品は、素材などによって分類し、自治体回収にゴミとして出すことができます。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 可燃ゴミ:紙・布・木材など焼却処分可能な素材のもの
  • 不燃ゴミ:ガラス・金属・陶器など焼却処分できない素材のもの
  • 資源ゴミ:空き缶・ペットボトル・空きびんなど再生可能な資源でできているもの
  • 特定ゴミ:乾電池・充電池・蛍光灯・水銀入り製品など
  • 粗大ゴミ:ガラスや金属など焼却処分できないもので、一定の大きさがあるもの(家電リサイクル法・パソコンリサイクル法の対象品目は除く)

なお、自治体によってゴミの名称や分類基準・出し方が異なるので注意してください。上記のうち、粗大ゴミは事前申し込みが必要で、有料回収となる自治体が多くなります。より詳しい内容は、自治体のホームページなどで確認してください。

4-2.自治体回収に小型家電として出す

ドライヤーなど比較的小さな家電は、自治体回収に小型家電として出すことも可能です。小型家電として処分する場合は、役所や商業施設などに設置してある小型家電専用回収ボックスに投入してください。無料で処分でき、自治体によって回収後に資源リサイクルしてもらえます。ただし、小型家電の対象品目は自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。また、小型家電専用ボックスの設置場所まで、自分で持っていくことになります。

4-3.販売店の回収サービスを利用する

大型家具やピアノなど、自治体回収で粗大ゴミとしても回収してもらえないものは、販売店の回収サービスを利用して処分してもらうことができます。家電についても、家電リサイクル法の対象品目以外は、家電販売店で回収してもらえることがあるので調べてみましょう。ただし、買い替えを伴わない場合は有料回収となるのが一般的なので、事前に確認してみてください。なお、大型家具やピアノは指定日時・場所で回収してもらえることがほとんどですが、家電販売店の回収サービスでは店頭持ち込みが条件となっていることもあるので注意しましょう。

4-4.家電リサイクル法やパソコンリサイクル法に沿って処分する

以下のようなものは、家電リサイクル法やパソコンリサイクル法に沿って処分することも可能です。

パソコンリサイクル法対象品目

  • パソコン
  • パソコン用モニター

家電リサイクル法対象品目

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機

家電リサイクル法やパソコンリサイクル法に基づいて処分する方法や費用などは、以下を参考にしてください。

​​​なお、いずれも処分するのに手間や日数がかかるので、余裕を持って進めることが必要です。

4-5.知人や福祉施設に譲る

不用品でも、未使用品でまだ十分に使えるものなどは、知人や福祉施設に譲ることを考えてみましょう。まずは、もらってくれそうな知人や福祉施設に問い合わせてみてください。譲り先が見つかれば、資源を有効活用できるだけでなく、喜んで使ってもらえます。なお、福祉施設に譲る場合は、自分で配送を手配し、配送費用を自己負担するのが一般的です。いくら無料で譲る場合であっても、先方の希望を無視して不用品を押し付けたり、いきなり送付したりするのはやめましょう。

4-6.不用品回収業者に処分してもらう

汚部屋の掃除で出た不用品は、不用品回収業者に処分してもらうことも可能です。不用品回収業者に処分してもらうと、都合のよい日時を指定して回収してもらえる、不用品を種類ごとに仕分ける必要がない、大量の不用品を1回で処分できるなど多くのメリットがあります。汚部屋の不用品がスッキリ片付くほか、掃除してキレイに仕上げてくれるのポイントです。

4-7.買取に出す

不用品の中でも、状態がよく十分に再利用できるものは買取に出すことも考えてみるとよいでしょう。

4-7-1.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは、ありとあらゆる不用品を買取してもらえます。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込むなどの方法で査定を受けてみてください。提示金額に納得できる場合は、そのまま不用品を引き渡して代金を受け取りましょう。なお、リサイクルショップは買取が主体なので、万が一買取不可になった場合は引き取り処分も依頼できないことがあります。

4-7-2.不用品回収業者に買取してもらう

汚部屋の掃除で出た不用品は、不用品回収業者に買取してもらうのもよいでしょう。買取を希望する場合は、業者の査定を受けてみてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。不用品回収業者に買取を依頼した場合、都合のよい日時・場所で回収してもらえて便利です。また、買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できます。なお、当関東家電リサイクル問屋でも、不用品の買取をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

4-7-3.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、不用品を売ることもできます。普段から利用しており、手続きの流れに慣れている場合は、検討してみるとよいでしょう。自分で売りたい価格を設定でき、タイミングによっては高額落札もあります。ただし、出品数が多いと出品手続きや管理が大変になるのが問題です。また、落札まではこまめに進捗をチェックし、落札後はこん包や配送をスムーズに行う必要があります。面倒だと感じるようなら、そのほかの方法で買取に出すことがおすすめです。

5.汚部屋の掃除後にキレイな部屋を維持するには?

せっかく汚部屋を掃除しても、すぐに元どおりになるのでは困ります。ここでは、キレイな部屋を維持するためのポイントを詳しくご紹介しましょう。

5-1.汚れたらすぐ掃除する

まずは、汚れたらすぐ掃除するようにしましょう。汚れが付着したばかりなら簡単に掃除でき、疲れにくいのもメリットです。すぐ掃除すれば、長くても数分程度でキレイになります。慣れてしまえば、面倒だと考える前に体が動くようになるでしょう。汚部屋に戻りたくないのなら、最初が肝心です。

5-2.手が届くところに掃除用具を置いておく

汚れたらすぐ掃除できるよう、手が届くところに掃除用具を置いておくのもよい方法です。たとえば、ハンディー掃除機やハンディーモップなど、小型の掃除道具を手に届くところに置いておけば、汚れを発見したときにサッと掃除できます。キッチン・ダイニング・リビング・トイレなど主な場所ごとに専用の掃除道具を用意しておけば、わざわざ掃除道具を出してくる手間もかからないのもメリットです。

5-3.ものを使用した後は必ず元の場所に戻す

汚部屋にしないためには、ものを使用した後、必ず元の場所に戻すことを徹底してください。使った都度元の場所に戻すことができれば、部屋が散らかることもありません。後から片付けよう、手元に置いておいたほうが便利だといった考え方はやめましょう。ものを使用した後に元の場所に戻すことが習慣になれば、必要なときにすぐ使えるほか、紛失しなくなるのもメリットです。

5-4.不要なものを買わない・もらわない

不要なものを買わない・もらわないことも、汚部屋に戻さないために必要な心がけです。汚部屋にしてしまう人は、単に安かった、何となく気に入ったなどの理由でものを買う傾向があります。しかし、特に必要ないものであるため、そのまま放置しがちです。すると、いつの間にか部屋がものであふれてしまいます。また、無料だからもらわないと損、サンプルを配布しているとついもらってしまうといった人も注意してください。たとえ無料であっても、不用品はもらわないようにしましょう。

5-5.こまめに不用品を処分する

こまめに不用品を処分し、物量を増やさないようにすることも汚部屋を防ぐコツです。今は必要なものでも、後日不用品になるものもあります。すき間時間などを利用し、こまめに不用品をチェックして処分しましょう。常に必要なものだけが残り、掃除や片付けの効率もグンとアップします。

5-6.定期的に知人を招待する

定期的に知人を招待して家に上げることも、汚部屋の予防策になります。特にキレイ好きな人や好意を持っている相手を招待し、掃除せざるを得ない状況を作るとよいでしょう。相手に嫌われたくない、よい印象を与えたいと考えると、自然に掃除や片付けの手が進みます。知人がやってくるたびに掃除を念入りにするようになるため、汚部屋に戻ることもなくなるでしょう。

5-7.定期的にプロのハウスクリーニングサービスを利用する

再び汚部屋に戻るのが心配な場合は、定期的にプロのハウスクリーニングサービスを利用するのもよいでしょう。1か月に1回でも、プロの手が入ると随分違います。なお、ハウスクリーニング業者は、どんなにひどい状態でも、仕事と割りきって淡々と作業してくれるため、必要以上の気遣いは不要です。お金はかかりますが、掃除にかかる労力と時間の節約になり、ピカピカに仕上げてもらえるので、検討してみるとよいでしょう。

6.汚部屋の掃除に関するよくある質問

最後に、汚部屋の掃除に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.汚部屋にしてしまいやすい人の特徴は?
A.以下を参考にしてください。

  • 掃除が嫌い
  • 体を動かすのが嫌い
  • 掃除や片付けの習慣がない
  • 掃除の方法を知らない
  • 部屋が汚れていたりものが散乱していたりしても平気
  • 仕事などで多忙過ぎる
  • 大きなストレスを抱えている
  • ものを捨てることに強い罪悪感がある
  • ものを買ったりもらったりするのが好き
  • 家族や友達と疎遠になっている

Q.汚部屋の掃除中、気分が悪くなったらどうする?
A.換気が悪い、疲労がたまっているなどの状況で作業すると、作業中に気分が悪くなることがあります。作業を中止し、風とおしのよい場所に移動して十分に休んでみてください。衣服をゆるめて体を横にし、体調の回復に努めましょう。

Q.掃除を始めてもなかなかモチベーションが続かないのですが?
A.小さな目標を設定し、達成したら自分にプチごほうびを与えるとよいでしょう。たとえば、今日の作業範囲を終えたら、大好きなスイーツを食べてよいことにするなどです。挫折を防ぐためにも、無理なく達成できる目標を設定するとよいでしょう。小さな達成感を積み上げていくと、掃除のモチベーションを保ちやすくなります。

Q.不用品として処分する決心が付かないものがあるのですが?
A.いったん保留にし、数日経過してから再度検討してみるとよいでしょう。気持ちが整理でき、処分する決心が付くことがあります。再度迷う場合は、無理に処分せずそのままにしておきましょう。

Q.信頼できる買取業者・不用品回収業者を選ぶポイントは?
A.以下のようなポイントに当てはまる業者なら信頼できるでしょう。

  • 不用品の買取・処分実績が豊富
  • 丁寧な作業と仕上がりのよさで提要がある
  • 見積もりや査定は無料
  • なるべく高く買取している
  • 処分費用がリーズナブルで分かりやすい
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 回収後の不用品を適切な方法で再販・資源リサイクルしている
  • スタッフが親切で感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 古物商など業務に必要な許可を取得済み

なお、当関東家電リサイクル問屋でも不用品の買取および引き取り処分で数多くの実績があります。ぜひ、ご検討ください。

まとめ

今回は、汚部屋の掃除について詳しく解説しました。汚部屋の掃除を効率よく進めるためには、最初に全体の物量を把握して作業計画を立てることが大切です。また、掃除方法や掃除の順番、不用品の処分基準などを決めておくことで、スムーズに作業しやすくなります。なお、汚部屋の掃除で出た不用品でも、状態によっては買取してもらえることがあるので調べてみるとよいでしょう。その際、不用品の引き取りも同時に依頼できる業者を選ぶと、大変便利でおすすめです。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!