店舗用品は買取可能? 売却方法や高く売るコツを詳しく解説!


オフィスの移転・店舗の閉鎖・店舗用品の買い換えなどで、店舗用品が不要になることがあります。「まだ十分に使えるのに廃棄はもったいない」というケースも多いでしょう。そんなときは業者に買取してもらうこともできます。ただし、どのような店舗用品でも買取可能なわけではありません。また、高値買取してもらうにはコツがあります。

今回は、店舗用品を買取してもらう方法や高値買取してもらうコツなどを紹介しましょう。

  1. 買取可能な店舗用品
  2. 新品に近づけるほど高値がつく
  3. 店舗用品を買取してもらう方法
  4. 店舗用品の廃棄方法
  5. 業者は実績で選ぶ
  6. 店舗用品の買取に関するよくある質問

この記事を読めば、店舗用品を売るタイミングも分かります。店舗用品の処分に困っている人は、この記事を読んで参考にしてください。

1.買取可能な店舗用品

はじめに、買取可能な店舗用品について解説します。どのようなものが中古品でも需要があるのでしょうか?

1-1.買取可能な品物は業者によって違う

店舗用品にはさまざまなものがあります。店舗用品を買取している業者によって買取してくれるものが異なるので、まずは確認しましょう。関東家電リサイクル問屋では、冷蔵ショーケース・冷凍ストッカー・製氷機・ワインセラーなどを買取しています。ですから、買取希望の店舗用品を取り扱っている業者を探しましょう。

1-2.買取業者によって買取条件も違う

買取業者によって店舗用品の買取条件も違います。基本的に新しくて使用感の少ないものが買取条件です。ただし、使用感が少ないものでも電化製品は製造後10年以上たっているものは買取が難しいでしょう。また、外国メーカーよりも日本メーカーのもののほうが値段がつきやすくなっています。

2.新品に近づけるほど高値がつく

前述したように、店舗用品は新品に近いほど高値がつきやすくなっています。店舗用品は置いておくだけで劣化が進むので、不要になったらすぐに買取してもらいましょう。また、1個1個売却するよりまとめて売却した方が値段がつきやすいこともあります。店舗の移転、閉鎖する場合はまとめて店舗用品を査定してもらいましょう。査定前に落とせる汚れは全て落としておき、付属品もそろえておくのがおすすめです。

3.店舗用品を買取してもらう方法

この項では、店舗用品を買取してもらう手順を紹介します。

3-1.買取希望の品をまとめる

はじめに、買取してもらいたい店舗用品をまとめておきましょう。買取希望リストなどを作っておくと管理も楽です。

3-2.業者を探す

買取希望の品を取り扱っている業者を探しましょう。今はホームページを持っている業者も多いので、ネット査定を依頼することもできます。関東家電リサイクル問屋でも、ホームページから電話やwebにより無料査定が可能です。ぜひ、ご利用ください。

3-3.査定と売却

業者が決まったら店舗まで査定に来てもらいましょう。買取額に納得がいったら契約となります。搬出などは業者に任せられるので、立ち会いだけするのが一般的です。

4.店舗用品の廃棄方法

店舗用品は事業系のゴミになるので値段がつかずに買取不可のものは、事業系のゴミを処分する業者に依頼して回収してもらいましょう。自治体に回収を依頼することはできません。なお、自治体によっては自分で持ち込む場合に限り、ゴミ処分場で受け入れてくれるところもあるので、確認してみてください。また、買取業者によっては有料で処分を請け負っているところもあるので、そこに依頼してもいいでしょう。

5.業者は実績で選ぶ

店舗用品を買取している業者は実績で選びましょう。新規に参入してくる業者にも優良な業者はありますが、初めて依頼するならば実績がある業者の方が安心です。また、業者の名前を検索してみて悪評がないか探してみましょう。現在は、悪評もすぐに広まります。口コミサイトも参考になりますが、短期間に高評価がついている業者より、長期にわたってよい評価がついている業者を選ぶと安心です。

6.店舗用品の買取に関するよくある質問

この項では、店舗用品の買取に関するよくある質問を紹介します。

Q.店舗に残った在庫なども買取してもらえるでしょうか?
A.在庫の場合は店舗用品とは別ですが、一緒に買取してくれる業者もあります。また、在庫を専門に買取する業者もあるので、利用してもいいでしょう。

Q.棚などは買取可能ですか?
A.ものによります。金属製でしっかりしているものならば買取してもらえるでしょう。

Q.どこの業者でも買取不可のものはありますか?
A.たとえば、特注してオーダーメイドの品などは個性的すぎて買取不可のこともあるでしょう。

Q.業務用の冷蔵庫などは需要が高いようですね。
A.はい。冷蔵庫や冷蔵ショーケースは元値が高く需要もあるので、中古でも値段がつきやすくなっています。

Q.食器類は買取してもらえるでしょうか?
A.はい。まとめてならば値段がつきやすくなっています。

まとめ

今回は、店舗用品の買取について解説しました。店舗用品はさまざまな種類があります。ですから、業者によって買取できるものが異なってくるのです。まずは買取希望の品をピックアップして業者を探すといいでしょう。買取希望の品がたくさんあるという場合は、複数の業者に依頼することも考えるといいですね。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!