IHクッキングヒーターの掃除方法を一挙公開! 汚れを防止するコツも


「IHクッキングヒーターの掃除方法を詳しく知りたい」という人は多いでしょう。IHクッキングヒーターは手入れがしやすいのが特徴です。しかし、当然のことながら汚れを放置してしまうと掃除するのが大変になってしまいます。こびりついた頑固な汚れをきれいにするには、一体どうしたらよいのでしょうか。

この記事では、IHクッキングヒーターの掃除方法や掃除に役立つアイテム・汚れを防止するコツなどを詳しくご紹介します。

  1. IHクッキングヒーターにつく汚れの種類は?
  2. IHクッキングヒーターの掃除に役立つアイテム3選
  3. IHクッキングヒーターの掃除方法を紹介
  4. IHクッキングヒーターを掃除する際の注意点
  5. IHクッキングヒーターの汚れを予防するには?
  6. IHクッキングヒーターの掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、IHクッキングヒーターの頑固な汚れの落とし方や、汚れが蓄積しないように普段から気をつけることなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.IHクッキングヒーターにつく汚れの種類は?

まずは、IHクッキングヒーターが汚れる原因についてご紹介しましょう。

1-1.吹きこぼれ

火にかけていた鍋が吹きこぼれてIHクッキングヒーターが汚れてしまうことはよくあると思います。調理を中断して掃除するのは面倒なのでつい後回しにしてしまいがちですよね。吹きこぼれをそのままにするとIHクッキングヒーターの故障にもつながるため、すぐ対処するのが望ましいでしょう。

1-2.焦げつき

吹きこぼれが鍋やフライパンの底につき、IHクッキングヒーターの天板に焦げつきとして移ってしまうことも多いでしょう。鍋やフライパンの底がもともと汚れていた場合も焦げつき汚れが付着しやすくなります。頑固な焦げつきは水拭きだけできれいにならない場合が多いため、注意が必要です。

1-3.油汚れ

もう一つしつこい汚れといえば、油汚れです。油は水に溶けにくいため、サッと拭いただけではきれいになりません。少しずつ蓄積されてくすみができてしまうことも多くなっています。

2.IHクッキングヒーターの掃除に役立つアイテム3選

IHクッキングヒーターを掃除するにあたって、便利なアイテムをご紹介しましょう。

2-1.重曹

吹きこぼれや油汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹を使うと効果的です。重曹は粉のまま使うほかにも、少量の水を加えてペースト状にする方法や、水に溶かしてスプレーボトルに入れて使う方法があります。掃除する箇所や汚れの程度によって使い分けるとよいでしょう。

2-2.アルミホイル

焦げつき汚れには、スポンジの代わりにアルミホイルを使う方法がおすすめです。アルミホイルを適当に丸めてこするだけで汚れがきれいに落ちます。この方法を推奨しているメーカーもあるため、取扱説明書などを確認してみるとよいでしょう。機種によってはアルミホイルが使用できないものもあるので注意してください。

2-3.使い古した歯ブラシ

IHクッキングヒーターの周りにできる隙間や、排気カバーの細かい部分などを掃除するために、使い古した歯ブラシがあると便利です。歯ブラシはキッチン以外の掃除にも役立つことが多いため、使用済みのものを捨てずに取っておくことをおすすめします。

3.IHクッキングヒーターの掃除方法を紹介

IHクッキングヒーターの掃除方法を場所ごとにご紹介しましょう。

3-1.天板

天板は最も掃除しやすい場所なので「汚れたら拭く」を心がけていれば汚れが蓄積することはないでしょう。サッと拭いても落ちないときは、重曹に少量の水を加えてペースト状にし、汚れた箇所に塗るのが効果的です。丸めたアルミホイルで円を描くように優しくこすりましょう。

3-2.グリル

魚焼きグリルは使用するたびに必ず掃除しましょう。取り外したグリルプレートは中性洗剤で洗い、グリル本体も中性洗剤を含ませた布で拭き掃除してください。グリルプレートに頑固な油汚れや焦げがついてしまった場合は、水を入れて中性洗剤を溶かし、1時間ほど浸けてから洗いましょう。

3-3.排気口

排気口は週に1回程度、取り外して中性洗剤で洗ってください。排気口の中は重曹水をつけた歯ブラシでこすります。歯ブラシが届かない部分は、割りばしに重曹水を含ませたキッチンペーパーを巻きつけたものを使うとよいでしょう。最後に布で水拭きしてください。

4.IHクッキングヒーターを掃除する際の注意点

IHクッキングヒーターを掃除するにあたって知っておきたい注意点をまとめました。

4-1.必ず電源を切ってから掃除する

IHクッキングヒーターを掃除する際は、必ず電源を切って行いましょう。電源が入ったまま掃除をすると危険なうえ、故障の原因になる可能性があります。調理後すぐ掃除をする場合は、完全に冷めるまで待ってから取りかかりましょう。

4-2.金属たわしは使わない

IHクッキングヒーターの天板はガラス製なので、金属たわしのように固いものを使ってこすると表面のコーティングがはがれたり傷ついたりしてしまいます。こびりついた汚れがあっても金属たわしは絶対に使わないでください。

4-3.分解しない

IHクッキングヒーターを分解して掃除しようとするのはやめましょう。無理に分解しようとすると天板が割れたり故障したりする恐れがあります。隙間に入り込んだ汚れは小さめのブラシを使って取り除きましょう。

5.IHクッキングヒーターの汚れを予防するには?

IHクッキングヒーターに汚れが蓄積しないように、普段からできる対策についてご紹介しましょう。

5-1.こまめに掃除をする

IHクッキングヒーターは汚れが蓄積すると掃除が大変になります。使用後は必ず掃除するようにしましょう。特に天板は汚れやすいため、調理のたびにサッと拭くことを習慣づけてください。1日の最後に重曹水を吹きかけて拭き掃除しておくとさらに効果的です。

5-2.汚れ防止グッズを活用する

市販の汚れ防止グッズを活用する方法もあります。焦げつきを防止するIHコンロマットや排気口の専用カバーなどが人気です。また、キッチンの天板との隙間にゴミが入るのを防ぐために、メンディングテープを貼るのもおすすめの方法となっています。使いやすいグッズを探してみるとよいでしょう。

6.IHクッキングヒーターの掃除に関するよくある質問

「IHクッキングヒーターを掃除したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.お手入れ機能がついているのですが、どのように掃除してくれるのでしょうか?
A.庫内を高温にして油汚れを焼き切ってくれます。

Q.  アルミホイルの代わりにラップでも焦げつきを落とすことはできるのでしょうか?
A.ラップでもアルミホイルと同様の効果があります。

Q.IHクッキングヒーターの掃除はどのくらいの頻度で行えばよいですか?
A.簡単な拭き掃除を毎日していれば、本格的な掃除は月に1回程度でよいでしょう。

Q.自分で掃除してもきれいにならない場合はどうすればよいですか?
A.ハウスクリーニング業者などのプロに依頼するとよいでしょう。費用はかかりますが、見違えるほどきれいになるはずです。

Q.IHクッキングヒーターの掃除に使えない洗剤はありますか?
A.酸性やアルカリ性が強い洗剤や食酢は、天板表面の変色を招く可能性があるので使用しないでください。

まとめ

IHクッキングヒーターの掃除方法について詳しくご紹介しました。IHクッキングヒーターの掃除を楽にするためには、普段からこまめに掃除をして汚れをためないようにすることが大切です。ぜひこの記事を参考に、おすすめの掃除方法や汚れを予防するポイントを知ってください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!