不用品回収業者の選び方を知りたい! トラブル回避のポイントも解説!


「不用品を処分したいので、信頼できる不用品回収業者の選び方を知りたい」とお考えではありませんか? 断捨離や生前整理・遺品整理などを行う人が増える中、不用品回収業者の数も急増しています。しかし、不用品回収業者の中には、悪質業者が多く含まれているのも事実です。不用品回収を安心して依頼するには、悪質業者を避け、信頼できる不用品回収業者を選ぶことが必要になります。

そこで今回は、不用品回収業者の選び方について詳しく解説しましょう。

  1. 悪質業者の主な特徴は?
  2. 悪質業者とのトラブル事例を紹介
  3. 信頼できる不用品回収業者を見極めるポイント
  4. 不用品回収業者の種類をチェック
  5. 目的に合った不用品回収業者の選び方
  6. 不用品回収業者の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、信頼できる不用品回収業者の見極め方がよく分かり、目的に合った業者を選ぶことができます。不用品回収業者に依頼する予定がある方は、記事を読んでみてください。

1.悪質業者の主な特徴は?

最初に、悪質業者の主な特徴について見ていきましょう。

1-1.飛び込み訪問や勧誘電話が主な営業手段

悪質業者は、飛び込み訪問が基本でアポイントなく突然やってくることが多いのが特徴です。特に、平日の昼間など、高齢者や女性が一人で在宅する時間を狙ってやってくるので注意しましょう。もしくは、勧誘電話をしつこくかけてくることもあります。いずれにしても、自分たちの都合だけで動いているといえるでしょう。

1-2.甘い言葉を前面に出してくる

甘い言葉を前面に出してくるのも、悪質業者によく見られるパターンになります。たとえば、「今だけキャンペーン中で不用品を無料回収している」「今契約すると不用品の処分費用が通常価格の半額になる」などです。こちらが即答できないと、どんどんお得感を前面に出してアピールしてくるので注意してください。特に、無料・キャンペーン中・今だけといった言葉を根拠なく頻発するのが、悪質業者の特徴です。

1-3.何かと理由を付けて家に上がりたがる

悪質業者は何かと理由を付けて家に上がりたがるので、十分に注意してください。見積もりだけならと気を許して家に上げた途端、勝手に家の中を物色して金銭価値の高いものを無理やり回収するのが主な手口になります。無理やり上がり込まれないためには、玄関のドアを開けずに対応することが効果的です。玄関のドアを強くたたく、大声を出すなどの迷惑行為が見られたら、警察に連絡することも考えましょう。

1-4.強い言葉や態度で契約を取ろうとする

悪質業者は、強い言葉や態度で契約を取ろうとするのも大きな特徴です。特に、高齢者や女性などが一人で在宅だと分かると、強気で契約を迫ってくるので注意してください。最初は穏やかな口調や態度でも、契約を渋ったり断ったりした途端に声を荒らげたり強い言葉や態度を示したりするようになります。気の弱い人はそのまま契約してしまいがちですが、断固として断ることが大切です。

1-5.キッパリ断ってもしつこく居座る

悪質業者の多くが、キッパリ断ってもしつこく居座るという特徴が見られます。しつこく居座ることで、顧客が折れることを期待しているのです。しかし、いったん断られたのにしつこく居座るのは、迷惑にほかなりません。顧客の都合を考えず、単に売り上げを上げたいだけの業者であると判断できます。いくら業者が頼み込んできても、絶対に同情してはいけません。契約した途端、態度をガラッと変えてくる可能性が高いからです。

1-6.正式な見積もりや契約書を発行しない

正式な見積もりや契約書を発行しないのも、悪質業者によくあるパターンです。悪質業者は、証拠を残さないために口約束で契約を交わしたがる傾向があるので注意してください。正式なフォーマットで見積もりを発行しない、契約書がなくても大丈夫などと言い張る様子が見られたら、契約してはいけません。後日、高確率で契約内容や金額についてもめることになるからです。

1-7.料金システムが不透明

悪質業者は、料金システムが不透明です。最初は安い金額で不用品を処分できるような口調で近づき、契約後に何かと理由を付けて高額請求になるケースが多く見られます。確かに、不用品回収は部屋数・部屋の広さ・物量・汚れ具合などによって作業内容が変わるため、費用も大きく異なるものです。しかし、きちんとした根拠もなく法外に高額な金額を提示したり、内訳の説明を求めても応じてくれたりしないのでは、不誠実と判断すべきでしょう。実際に、料金システムが不透明な業者は、顧客に知識がないことを逆手に取り、高額請求してくるパターンも多く見られます。

1-8.スタッフの言葉遣いや態度が悪い

悪質業者は、スタッフの教育が行き届いていないことから、スタッフの言葉遣いや態度の悪さが目立ちます。いきなりなれなれしい言葉遣いで話してきたり、見下したような態度を取ったりすることもあるでしょう。悪質業者は、売り上げノルマがキツいこともあり、スタッフの定着率が悪いため、採用基準を下げざるを得ないのも理由の一つです。いずれにしても、スタッフの言葉遣いや態度が悪いのでは、到底信頼できる業者とはいえません。

1-9.身分証や社員証を提示しない

悪質業者は、身分証や社員証を提示しない、もしくは、提示を求めた際に渋るのが特徴の一つです。悪質業者は、そもそもきちんとした身分証や社員証を持っていないことが多く見られます。理由は、社員証や身分証を提示することにより、社名や連絡先を顧客に知られないようにしているからです。中には、今日はたまたま持ち合わせていないと言い張るケースもあるでしょう。身分証や社員証を提示しないのは、後ろめたい理由があると考え、契約しないほうが賢明です。

2.悪質業者とのトラブル事例を紹介

悪質業者とのトラブルでよくある事例を、詳しくご紹介します。

2-1.無理やり契約させられた

悪質業者とのトラブルでよくあるのが、無理やり契約させされたケースです。特に多いのが、高齢者や女性などが一人で在宅中に悪質業者がやってきて、契約させられるパターンになります。飛び込み訪問などで高齢者や女性が一人で在宅していると分かると、強気な態度で契約を迫るのが特徴です。高齢者の場合は、聴力や判断力の衰えにより、本人もよく分からないうちに契約してしまうこともあります。女性の場合は、強い態度や言葉で契約を迫られ、恐怖を感じて悪質業者の言いなりになってしまいやすいので注意してください。

2-2.勝手に家の中を物色された

悪質業者が勝手に家の中を物色したパターンも、よくあります。悪質業者の本当の目的は、貴金属類など金銭価値の高いものを回収することです。そのため、許可なく家に上がり込んで勝手に部屋の中のものを物色します。やめてほしいと伝えても耳に入らない振りをして、どんどん金銭価値の高いものを回収してしまうので注意が必要です。

2-3.無料で処分できるはずが有料になった

悪質業者の手口の一つに、不用品を無料で処分できるはずが、なぜか有料になったというケースもあります。悪質業者は、「今だけお得」「無料」など、お得感を前面に出して近づいてくるのが特徴です。お得だからと契約してしまうと、いざ不用品を回収してもらった後で何かと理由を付けて有料にされてしまうことがあります。顧客が抗議しても、「無料で回収できるのは貴金属品だけ」「指定品目以外の回収は有料」などとし、あたかも顧客側が悪いかのような態度を取るので気を付けましょう。

2-4.法外に高い費用を請求された

法外に高い費用を請求されるのも、悪質業者とのトラブルでよくあるパターンです。悪質業者は、特に根拠もなく適当な理由で高額な金額を請求してくるため、トラブルが多く発生しています。不用品回収は、業界内で統一された料金システムがあるわけではありません。しかし、明らかに相場より相当高額な費用を請求されるのはおかしいといえます。

2-5.雑な作業で仕上がりが悪い

悪質業者に依頼したばかりに、雑な作業や仕上がりの悪さに閉口したというケースも少なくありません。悪質業者は、作業の丁寧さや品質よりも、とにかく多くの契約を取って売り上げを増やすことだけを考えています。そのため、契約が済んだ後は、適当な作業をして早く完了させようとするのです。たとえば、不用品を乱暴に扱う、きちんと掃除せずに引き上げてしまうなどがあります。業者にクレームを入れても、契約内容はあくまでも不用品回収だけだとし、取り合ってくれません。中には、家に傷を付けたり汚したりしても弁償しないケースも多く、トラブルの原因になっています。

2-6.不当に安い金額で無理やり買取された

不当に安い金額で依頼していないものを無理やり買取されるのも、悪質業者の典型的な手口です。特に、貴金属品やブランド品・骨とう品などの金銭価値の高いものを、不当に安い金額で買取しようとするので注意してください。中には、高額な査定金額を提示し、代金を後日振り込むとして不用品を回収したものの、そのまま音信不通になってしまうケースもあります。

2-7.回収後の不用品を不法投棄された

悪質業者による不用品の不法投棄も、大きな問題です。悪質業者は、回収後の不用品をきちんとリサイクルせず、山林などに不法投棄することがあります。中には、顧客の個人情報などが分かる状態で捨てられているものもあり、思わぬ情報流出による二次被害が心配になるケースもあるでしょう。また、たとえ実際に不法投棄をしたのは悪質業者であっても、顧客としてきちんとチェックせずに依頼したと見なされることもあるので注意が必要です。

3.信頼できる不用品回収業者を見極めるポイント

信頼できる不用品回収業者を見極めるためには、以下のポイントを参考にしてください。

3-1.不用品の回収実績が豊富にある

まずは、不用品回収の実績が豊富にあることをチェックしましょう。実績が豊富にあることは、多くの利用者から支持されていることを意味するからです。また、不用品の取り扱いも慣れているので、安心して依頼できるのもメリットでしょう。なお、当関東家電リサイクル問屋でも不用品回収の実績が多数あり、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3-2.見積もりは無料

信頼できる不用品回収業者は、多くが見積もりを無料で行っています。見積もりだけでも、時間や手間がかかるため、本来なら有料であってもおかしくありません。しかし、あえて無料にすることで、多くの顧客から検討してもらいやすくしているのです。実際に、見積もりから正式な依頼につながることが多いことから、見積もりを無料にすることは正しい戦略といえます。こうした仕組みを理解している点で、信頼できる業者と判断してよいでしょう。

3-3.リーズナブルで分かりやすい料金システム

リーズナブルで分かりやすい料金システムがあることも、信頼できる業者のポイントです。不用品回収は、物量や内容によって料金が大きく異なります。しかし、料金システムが分かりづらいのでは、顧客が安心して依頼することができません。そこで、信頼できる業者は、分かりやすい料金システムに整えているのです。しかも、リーズナブルなので、顧客が気軽に依頼しやすいのもメリットといえます。

3-4.都合のよい日時・場所で回収してもらえる

信頼できる業者は、都合のよい日時・場所で回収してもらえるのも特徴の一つです。不用品回収を依頼する人の多くは、多忙だったり特定の日までに不用品を処分したかったりします。その点、信頼できる業者なら、顧客の事情をくみ取り、顧客にとって都合のよい日時と場所で回収してもらえるので安心です。

3-5.可能なものは買取もしている

可能なものは買取しているのも、信頼できる業者といえます。不用品の中には、まだ十分に使えるものも多く含まれているものです。信頼できる業者は、再利用できるものをできるだけ買取して中古品として再販しています。まだ使えるものを廃棄処分せずに済むだけでなく、買取代金とそのほかの不用品の処分費用を相殺できる点も大きなメリットです。信頼できる業者は、無理やり不当に安い金額で買取することはないので安心してください。

3-6.回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている

信頼できる業者は、回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしています。まだ十分に使えるものは簡単な調整やクリーニングをした後に再販、そのほかの不用品もなるべく再資源化してリサイクルしているのです。実際に、リサイクルの方法や様子をホームページに掲げているケースが多くあります。なお、ホームページにリサイクル内容の記載がなくても、業者に問い合わせた際、きちんと説明できるなら信頼してよいでしょう。

3-7.スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい

スタッフの感じがよく、顧客からの評判もよい業者なら、終始安心して取り引きできます。信頼できる業者は、スタッフの教育に力を入れているからです。言葉遣いや対応などの基本マナーから、不用品回収業務に必要な専門知識まできちんと教育しているため、やり取りしていても不安を感じることがありません。スタッフとのコミュニケーションもスムーズに行えるので、行き違いが発生しづらく、トラブルに発展しにくいのもメリットです。

3-8.業務に必要な許可を取得済み

信頼できる業者か判断するには、業務に必要な許可を取得済みであることも重要なポイントになります。信頼できる業者なら、業務に必要な許可をきちんと取得し、法律に沿って業務を行っているからです。実際に、回収後の不用品を適切な方法で再販もしくは再資源化していることを確認できれば、安心して依頼することができます。業者がどんな許可を得ているかについては、業者のホームページや名刺などで確認できるほか、直接業者に問い合わせてみるのもよいでしょう。

4.不用品回収業者の種類をチェック

不用品回収業者は、いくつかの種類に分けることができます。

4-1.不用品回収業者

不用品回収業者は、不用品の回収や処分を主に取り扱っている業者のことです。不用品回収業者は、顧客から回収した不用品を再販もしくは再資源化することにより、利益を得ています。なお、業者によって、不用品回収業務を主に行っている場合と、遺品整理やハウスクリーニングも併せて依頼できる場合に分かれるので、契約前に確認しておきましょう。

4-2.不用品買取専門業者

不用品買取専門業者は、文字どおり不用品の買取を専門に行っている業者のことです。買取専門なので、不用品の処分やハウスクリーニングなどの業務を依頼することはできません。また、不用品買取専門業者は、特定の分野に絞って買取しているケースが多く見られます。たとえば、家電・家具・ブランド品・貴金属品などです。一方、リサイクルショップなど、幅広い分野の不用品を買取している業者もいます。

4-3.便利屋

便利屋とは、日常生活一般の雑務を幅広く請け負っている業者のことです。不用品回収も便利屋の業務の一つであり、さらに片付けから掃除に至るまでトータルで依頼することができます。ただし、不用品の買取は取り扱っていないケースもあるので注意してください。また、便利屋はあらゆる雑務を依頼できる一方、不用品回収の専門知識に乏しいことがあるので、確認が必要です。

4-4.ハウスクリーニング業者

ハウスクリーニング業者でも、不用品回収業務を取り扱うところが増えています。不用品回収の後の現場は想像以上に汚れているため、ハウスクリーニングの需要が期待できるからです。ただし、すべてのハウスクリーニング業者に不用品回収を依頼できるわけではありません。また、依頼できる場合でも、ハウスクリーニングが主な業務になるため、不用品が大量にある、買取もしてもらいたい場合などは対応できないことがあります。

4-5.遺品整理業者

遺品整理業者とは、遺品整理を主に行う業者のことです。遺品整理は、亡くなった人の持ち物を片付けることであり、遺族など依頼主の意向をくみ取って業務を行う必要があります。そのため、一般的な不用品回収業者よりも専門性が高いのが特徴です。遺品整理業者では、不用品の回収・処分・買取のほか、遺品の捜索・ハウスクリーニング・特殊清掃・遺品供養なども依頼できます。また、業者によっては不動産の売却なども依頼可能です。

5.目的に合った不用品回収業者の選び方

不用品回収業者を選ぶ際、目的に合っているかどうかもチェックする必要があります。

5-1.不用品回収を中心に任せたいなら不用品回収業者

不用品回収を仕分けから回収・片付けなどを中心に任せたいなら、不用品回収業者を選びましょう。不用品回収のノウハウを持っている業者の多くは、不用品回収後のクリーニングも行っています。そのため、部屋の汚れが特にひどくなければ、専門的なハウスクリーニングは不要となるでしょう。

5-2.部屋のクリーニング重視ならハウスクリーニング業者

不用品回収だけでなく、部屋のクリーニングを重視する場合は、ハウスクリーニング業者を選ぶのもよいでしょう。ハウスクリーニング業者に依頼すると、部屋の隅々までプロのテクニックでキレイに掃除してもらえ、ピカピカに仕上がります。たとえば、引っ越しに伴う不用品回収の場合などにおすすめです。

5-3.不用品回収以外の業務も依頼したいなら便利屋

不用品回収以外に、庭の手入れや家の補修などの雑務を依頼したい場合は、便利屋を検討してみてください。便利屋は、ありとあらゆる業務を請け負っているため、不用品回収以外にも作業を依頼したい場合におすすめです。なお、便利屋はオールマイティーに作業を依頼できる反面、業者によって得意分野と不得意分野の差が激しいことがあります。実際に契約する前に、やってほしいことをすべて問題なく依頼できるか確認しておきましょう。

5-4.不用品の買取だけなら不用品買取専門業者

不用品の買取だけを依頼するなら、不用品買取専門業者がよいでしょう。買取専門なので、スピーディーに話が進みます。また、専門知識が豊富な業者なら、中古市場での需要に対応した査定を受けることができるので安心です。ただし、業者によって得意分野や査定基準が異なるため、高く売るためには複数の業者の査定を比較する必要があります。なお、買取専門となるため、万が一買取不可になった場合は引取処分も依頼できません。そのため、引取処分になった場合の処分方法も併せて考えておくことをおすすめします。

5-5.遺品整理を伴う場合は遺品整理業者

遺品整理を伴う不用品回収は、遺品整理業者に依頼すると確実です。遺品整理業者は、遺品整理に関する正しい知識と豊富な経験があるため、安心して依頼できます。また、特殊清掃や遺品供養など遺品整理ならではの作業を依頼できるのも、大きなメリットでしょう。ただし、最近は、遺品整理の需要が急増したことに伴い、新規参入業者も増えているため、豊富な実績があり顧客からの評判がよい業者を選ぶことが大切です。

6.不用品回収業者の選び方に関するよくある質問

最後に、不用品回収業者の選び方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.全国チェーンの不用品回収業者を選ぶメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 全国どこでも一定レベルのサービスが受けられる
  • 遠方での作業も依頼しやすい
  • 料金システムがきちんと確立していることが多い

デメリット

  • 急成長した業者の場合はスタッフのレベルがばらばらになりやすい
  • 地元密着型の業者より柔軟性に劣ることがある
  • 料金が全国で統一されている場合は、地域によって相場より割高になることがある

Q.知人に紹介された不用品回収業者なら信頼してもよいのでは?
A.実際に知人が利用したことがある場合は、信頼できると判断してもよいでしょう。一方、実際に利用したことがなく、ほかの人から聞いた話をそのまま信じて紹介してくることもあるので注意してください。知人に紹介された業者であっても、この記事の「3.信頼できる不用品回収業者を見極めるポイント」を参考にし、総合的に判断することが大切です。

Q.テレビCMでよく見かける業者なら安心できる?
A.高い宣伝費を出せる点では、経営が安定している業者であると判断することができます。しかし、テレビCMでよく見かける業者でも、よく調べてみると評判が悪いケースもあるので注意してください。

Q.不用品回収業者で遺品整理も取り扱っている業者を選んでもよい?
A.まずは、この記事の「3.信頼できる不用品回収業者を見極めるポイント」に当てはまるか確認してください。その上で、遺品整理業務についても豊富な実績や専門知識があると判断できるなら問題ありません。

Q.不用品回収業者の評判はどんな方法で選ぶことができる?
A.以下のような方法があります。

  • ネットで顧客からの口コミを調べる
  • 不用品回収業者を利用したことがある人に直接聞いてみる

上記のような方法に加え、自分で問い合わせたり見積もりを依頼したりして対応のよさをチェックするのもおすすめです。

まとめ

今回は、不用品回収業者の選び方について詳しく解説しました。不用品回収業者は、信頼できる業者と悪質業者の玉石混交状態です。不用品回収業者選びで失敗しないためには、それぞれの特徴をしっかり理解することがポイントになります。少しでもおかしいと感じる点があるときは、悪質業者の可能性が高いので契約を見合わせましょう。不用品回収を依頼するなら、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談することが大切です。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!