エアコンを買い替えるタイミングは? 買い替える際の注意点や処分方法


エアコンを買い替えるベストなタイミングがあることをご存じでしょうか? ベストなタイミングでエアコンを買い替えることで、お得に新しいエアコンが購入できます。また、古いエアコンを低費用で処分することも可能です。しかし、どのようなタイミングでエアコンを買い替えれば良いのか、悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、本記事では、エアコンを買い替えるタイミングなどについて解説します。

  1. エアコンを買い替えるタイミングは?
  2. エアコンをお得に購入できる時期は?
  3. エアコンを買い替える際の注意点
  4. 不要になったエアコンの処分方法
  5. エアコンの買い替えに関してよくある質問

この記事を読むことで、エアコンを買い替える際の注意点や不要になったエアコンの処分方法も分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.エアコンを買い替えるタイミングは?

最初に、エアコンを買い替えるタイミングをチェックしておきましょう。

1-1.購入から約10年を目安にする

エアコンを買い替えるタイミングとしては、購入から約10年を目安にしてください。一般的に、家庭用エアコンの平均寿命は約10年といわれています。購入から10年近くになると、さまざまな不具合が起きやすくなるでしょう。エアコンを使い続けるほど部品は劣化しやすくなるため、エアコンの本体に貼ってあるシールを確認してみてください。そのシールには、エアコンの製品寿命が明記されています。購入から10年以上経過しているのなら、買い替えを検討したほうがいいでしょう。

1-2.買い替えのサインをチェックしよう!

エアコンの部品が寿命を迎えると、さまざまな不具合が起きやすくなります。以下のような症状が現れた際は、買い替えのタイミングだと判断してください。

  • 異音がする
  • 送風が臭う
  • 室外機・室内機から水が漏れている
  • リモコンの操作ができない
  • 漏電ブレーカーが落ちる

前よりも異音が目立ってきた場合、室内機の送風ファンや室外機のコンプレッサーに異常が生じている可能性があります。送風が臭う場合はカビの発生、室外機から水が漏れている場合はガス漏れが関係しているでしょう。室内機の本体が故障してしまっている可能性もあるため、購入から10年近く経過しているのであれば買い替えを検討すべきです。

2.エアコンをお得に購入できる時期は?

ここでは、エアコンをお得に購入できる時期を紹介します。

2-1.新モデルが発売される前

エアコンの新モデルが発売される前は、安くなる時期ですので買い替えの狙いどきです。特に、多く普及されているエアコンの中級モデルは2~5月ごろに新モデルが登場するでしょう。新モデルが発売する前の10~1月ごろは安く購入できる可能性があります。ちなみに、中級モデルは上位モデルが持つ特別な機能から一部を抜き出したタイプです。上位モデルほどの機能は必要ないけれど、自分が欲しい機能を搭載しているメーカーを選べば安く購入できるでしょう。

2-2.普及モデルは販売店独自のサービスを利用する

普及モデルで十分という方は、販売店独自のサービスをチェックしてみてください。販売店の中には、下取りサービスを行っていたり、エアコンを安く購入できるキャンペーンを行っていたりするところがあります。販売店独自のサービスによって、新しいエアコンが購入できる確率が高まるというわけです。普及モデルは一部のメーカーを除いて1年中価格の変動がありません。だからこそ、販売店独自のサービスを活用するのが安く購入できる方法となります。

2-3.中古のエアコンも検討する

エアコンの機能やモデルにこだわりがない方は、中古品も検討するといいでしょう。最新式かつ新機能が付いているエアコンほど値段が高くなってしまいます。車でも中古販売店があるようにエアコンでも中古を販売している店舗があるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。中古のエアコンといっても、2008~2015年製と比較的新しい製品を取り扱っているところもあれば、新品同様のモデルがそろっているリサイクルショップもあります。ただし、中古のエアコンは保証期間が付いていないケースが多いので要注意です。

3.エアコンを買い替える際の注意点

ここでは、エアコンを買い替える際の注意点をいくつか説明します。

3-1.賃貸物件で勝手に買い替えるのはNG

エアコンの買い替えで注意しておきたいことがあります。それは、賃貸物件の場合、勝手に買い替えてはいけないことです。賃貸物件は、あくまで管理会社や大家さんの所有物となるため、エアコンは住居人のものではありません。エアコンが故障したり不具合が起きたりした際、勝手に買い替えをしてしまうと規約違反になる恐れがあるので要注意です。まずは、大家さんや管理会社に相談することをおすすめします。なお、相談して買い替える際は、修理費や買い替え費用は大家さんまたは管理会社が負担してくれるでしょう。

3-2.回収方法に要注意!

エアコンの回収方法にも買い替えの際には注意しておかなければなりません。新しいエアコンを購入すると、その購入店に古いエアコンの回収を依頼することができるでしょう。家電量販店はもちろんのこと、ネットショッピングや通信販売でも引き取ってもらえる可能性があります。引き取り可能かどうかは販売店によって異なるため、事前の確認が必要です。また、引き取りにも回収費用がかかる可能性があります。だいたいは1,000円ほどで引き取ってもらえますが、出張費用がかかる可能性もあるので、事前にしっかりと費用面もチェックしておきましょう。

3-3.買い替えの計画は入念に

エアコンの買い替えは入念な計画が大切なポイントです。6~8月はエアコンの使用率が増え始めることから、買い替えを検討する人が多くなります。そのため、6~8月は買い替えを検討したくても、取り外し・取り付け工事の予約が取りにくくなる時期でもあるのです。エアコン本体は購入できたとしても、工事の予約ができなければ意味がありません。1番使用率が高まる夏に壊れてしまうと、工事予約を取りたくても取れなくなってしまうので買い替えの計画は入念に立ててください。9月であれば、比較的工事の予約が取れやすくなるでしょう。工事予約が取りやすい時期を狙って買い替えるのも選択肢の1つです。

4.不要になったエアコンの処分方法

ここでは、不要になったエアコンの処分方法を解説します。

4-1.エアコンは家電リサイクル法の対象品目

最初に抑えておきたいのが、エアコンは家電リサイクル法の対象品目であることです。家電リサイクル法とは、家電に含まれている有用資源を活用すること・廃棄量を少なくすることが目的の法律となります。エアコン以外にもテレビ・洗濯機(衣類乾燥機)・冷蔵庫(冷凍庫)が対象品目です。家電リサイクル法の対象品目になっている家電は自治体回収での処分ができないので、メーカーによる回収とリサイクルが基本となります。間違って自治体で処分しないように気をつけましょう。

4-2.購入店に回収を依頼する

エアコンを処分する方法として、購入店に回収を依頼するのも方法の1つです。前述したように、買い替えを検討しているなら新しいエアコンを購入する販売店に回収を依頼しましょう。ほとんどの販売店では、購入者に対して回収サービスを行っています。ただし、回収費用や出張費用がかかる可能性もあるため、事前にいくらかかるのか確認が必要です。あくまで目安となりますが、回収費用と出張費用併せて約3,000~5,000円かかるでしょう。

4-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者にエアコンの回収を依頼するのも方法の1つです。不用品回収業者はさまざまな種類を回収しているため、自治体で回収してもらえない家電リサイクル法の対象品目も回収が依頼できます。エアコン以外にも処分したい不用品があれば、まとめて回収してもらえるのも大きなメリットといえるでしょう。出張回収を利用することで運搬が難しいものでもスタッフに回収してもらうことができます。ただし、不用品の量が多いほど処分費用がかかってしまうので、事前に見積書の内容をチェックしてください。念のため、追加費用がかかるケースも確認しておきましょう。

4-4.買取に出すのも選択肢の1つ

エアコンがまだ正常に稼働する状態であれば、買取に出すのも選択肢の1つです。発売年月から10年以上経過していない・正常に稼働するエアコンなら、ほとんどの業者で買い取ってもらえるでしょう。ただし、買取額は買取業者によって異なるため、複数の業者に無料査定を依頼することが大切です。主な買取先としては、買取専門業者・リサイクルショップなどがあるでしょう。自分で売りたい場合は、ネットオークションやフリマアプリを活用するのも方法の1つです。

5.エアコンの買い替えに関してよくある質問

エアコンの買い替えに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.古いエアコンを使い続けるデメリットは?
A.エアコンは使用するたびに部品が劣化するものなので、古いエアコンを使い続けると劣化症状が現れやすくなります。使い勝手が悪くなるほか、設定温度のとおりに効かなくなるでしょう。また、電力の消費量も多くなってしまいます。その結果、古いエアコンを使い続けると電気代が高くなってしまうのもデメリットの1つです。できるだけ電気代を抑えたい方は、古いエアコンを使い続けるよりも新しいエアコンに買い替えたほうがいいでしょう。

Q.買い替えか修理かを判断する基準は?
A.使用年数を確認してください。前述したように、エアコンの平均寿命は10年前後ですので、購入から10年以上使い続けている場合は修理よりも買い替えを検討したほうがいいでしょう。また、故障内容や不具合によっては、修理代のほうが高くなる可能性もあります。購入したばかりのエアコンであれば修理をおすすめしますが、10年以上使い続けていたり、保証期間が過ぎたりしている場合は買い替えを選んでください。

Q.エアコンの寿命を延ばすコツは?
A.できるだけエアコンを長く使い続けたい方は、使い方に注意しましょう。たとえば、掃除をしないで汚れが溜まったまま使ってしまうと寿命を縮める原因となります。エアコンはこまめに掃除したりメンテナンスをしたりすることが大切です。特に、室内機のフィルターはホコリやゴミで汚れやすくなっているため、2週間に1回は掃除してください。頻繁に使用する夏や冬場は1か月に1回フィルターを丸洗いしましょう。

Q.高価買取のポイントは?
A.エアコンを高く売りたい方は、査定を依頼する前に掃除をしてきれいにすることが大切です。新品と同じ状態のエアコンほど高く売れる傾向があります。ホコリや汚れをきれいに取り除いてから査定を依頼しましょう。また、取扱説明書といった付属品を一式そろえることも大切なポイントです。さらに、事前に買取業者のホームページ等でどのようなエアコンがいくらで買い取られているのか買取相場を確認することも大切なポイントとなります。

Q.不用品回収業者の選び方は?
A.どの不用品回収業者に依頼すればいいのか分からない方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 回収だけでなく買取サービスも行っているか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 口コミや評判がいいか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

電化製品の高価買取・回収・無料引き取りを行っている関東家電リサイクル問屋では、どのようなことでも相談を受け付けています。エアコンの処分で悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

エアコンを買い替えるタイミングとしては、平均寿命である約10年が目安となります。10年近くになると劣化症状が現れやすくなるので、異変が起きていないか確認するといいでしょう。不具合が生じている場合は、エアコンの買い替えを検討してみてください。販売店の多くは古いエアコンの回収を行っていたり、不用品回収業者では回収だけでなく買取サービスを行っていたりするところもあります。お得に処分できる方法などをチェックした上で、自分の都合に合った方法を選んでください。不用品回収業者の中には、家電の無料引き取りを行っているところもあるのでチェックするといいでしょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!