壊れたパソコンの捨て方を知りたい! 一番簡単&安く捨てる方法は?


「壊れたパソコンを処分したいけど、どんな捨て方があるのだろう」「壊れたパソコンを捨てるときの注意点を知りたい」とお考えではないでしょうか? 何らかの理由で壊れたパソコンを捨てたくても、どんな方法で捨てることができるのかよく分からないですよね。それに、なるべく簡単で安い捨て方を知りたいことでしょう。そこで今回は、壊れたパソコンの捨て方について詳しく解説します。

  1. 壊れたパソコンと判断できるのはどんな状態?
  2. 壊れたパソコンを捨てる前の確認事項
  3. 壊れたパソコンの捨て方は?
  4. 壊れたパソコンの捨て方でよくある質問

この記事を読むことで、壊れたパソコンの捨て方や注意点がよく分かります。壊れたパソコンの捨て方をお探しの方は、記事を読んでみてください。

1.壊れたパソコンと判断できるのはどんな状態?

最初に、どんな状態だと壊れたパソコンだと判断できるのか見ていきましょう。

1-1.正常に起動しない

パソコンが正常に起動しない場合は、壊れたと判断しましょう。マザーボードの故障、電気系統の異常などがあると、パソコンが起動しないことがあります。電源が入るものの起動途中でフリーズしてしまうケースと、まったく起動しないケースの2つが代表的な症状です。いずれにしても、パソコンを使うことができない状態になります。故障したと判断して、買い替えるのが妥当だといえるでしょう。

1-2.モニターに異常が見られる

モニターに異常が見られるパソコンも、壊れたと判断すべきでしょう。たとえば、以下のような症状が見られる場合です。

  • 画面の色合いがおかしい
  • 画面に線が入ったりシミのようなものが現れたりする
  • 画面がチカチカする
  • 十分に明るくならない
  • 画面がまったく点灯しない

なお、デスクトップパソコンで、モニターとパソコン本体が別々になっている場合は、モニターだけ故障している場合もあります。

1-3.頻繁に再起動する

パソコンが頻繁に再起動するのも、壊れたパソコンによく見られる症状です。頻繁に再起動するようでは、パソコンを正常に使うことができません。タイミングによっては、作業中の内容が消えてしまい、大きな損害につながることもあるでしょう。また、頻繁に再起動するようでは、時間の無駄になります。壊れたと判断して処分するのが、妥当です。

1-4.突然電源が落ちる

パソコンが壊れると、突然電源が落ちることがあります。頻繁に再起動するのと同様に、パソコンを正常に使えない状態です。特に、古いパソコンに多く見られる症状になります。また、夏場に室温が高過ぎてパソコンの放熱がうまくいかず、電源が落ちることもあるでしょう。いずれにしても、予期せず電源が落ちるようでは、使いものになりません。

1-5.正しく入力できない

正しく入力できない場合も、パソコンが壊れたと判断しましょう。一部のキーだけ入力できない、間違った入力結果になる、キーボードからの入力を一切受け付けないなど、さまざまな症状が見られます。デスクトップパソコンで、キーボードが独立している場合は、キーボードを交換すれば正常に使えるようになることもあるでしょう。しかし、ノートパソコンなど、モニターとキーボードが分かれていないパソコンでは致命的な症状といえます。

1-6.データの読み出し・書き込みができない

パソコンが壊れると、データの読み出しや書き込みができなくなることがあります。ハードディスクの寿命が近づいているのが主な原因です。自作したデータは、クラウドサービスなどに保存して読み書きすることもできます。しかし、システムのプログラムが読み書き不可になると、パソコンが正常に起動できなくなることもあるでしょう。データの読み出しや書き込みができないのではとても不便なので、壊れたと考えて買い替えを検討すべきです。

2.壊れたパソコンを捨てる前の確認事項

壊れたパソコンを捨てる前には、いくつか確認しておくべきことがあります。

2-1.内部データの移行・消去は可能か

最初に、パソコンの内部データを移行したり消去したりできるか確認してください。可能であれば、重要なデータをクラウドサービスや外付けハードディスクなどに移行した後、パソコンの内部データを確実に消去しておきましょう。特に、個人情報や企業機密などは、流出すると悪意ある第三者に悪用されてしまうことがあるので注意が必要です。故障などにより、内部データの移行や消去ができない場合は、専門業者に依頼して対応してもらうこともできます。

2-2.DVDメディアやメモリーカードなどが挿入したままになっていないか

壊れたパソコンを処分する前に、DVDメディアやメモリーカードなどの記録媒体を挿入したままになっていないか確認しておきましょう。万が一、重要なデータが記録されているものであれば、思わぬ情報流出により悪用される可能性が残ります。また、どんな捨て方であっても、DVDメディアやメモリーカードだけを返却してもらうことはほぼ不可能です。大切なデータを失うことになるので、パソコンを捨てる前によくチェックしてください。

2-3.メーカーや販売店のユーザー登録を解除したか

メーカーや販売店のユーザー登録も、パソコンを捨てる前に忘れずに解除しておきましょう。メーカーや販売店のユーザー登録をしておくと、パソコンのアップデータプログラムの提供や便利な使い方を教えてくれるなど、何かと助かるものです。しかし、パソコンを捨てた後は、不要な情報が届き続けることになります。個人情報の管理という点からも、パソコンを捨てるのと同時にユーザー登録を解除しておくとよいでしょう。

2-4.そのほかに重要な情報が分かるものが貼られていないか

そのほかにも、重要な情報が分かるものが貼られていないか、隅々までチェックしてみてください。個人用パソコンでは名前シールや写真シール、業務用パソコンでは資産管理用のステッカーが貼ってあることが多く見られます。そのまま処分すると、パソコンの所有者情報を割り出されて悪用される可能性もあるので、きちんとはがしておきましょう。

3.壊れたパソコンの捨て方は?

壊れたパソコンの捨て方にはどんなものがあるか、詳しく見ていきましょう。

3-1.パソコンは自治体回収にゴミとして出せない

パソコンは、自治体回収に不燃ゴミや粗大ゴミとして出すことができません。パソコンやパソコン用モニターは、パソコンリサイクル法の対象品目になっているからです。パソコンリサイクル法とは、パソコンやパソコン用モニターに含まれる資源のリサイクルなどを目的とした法律で、メーカーが回収・再資源化する責任を負います。したがって、自治体では、パソコンをゴミとして回収してもらえないのです。

3-2.パソコンリサイクル法に沿って処分する

壊れたパソコンは、パソコンリサイクル法に沿って処分することができます。パソコンリサイクル法に沿って処分する流れは、以下を参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル受付窓口に連絡し、パソコンの回収を依頼する
  2. メーカーから専用の配送伝票が送られてくる
  3. メーカーの指示に沿ってパソコンをこん包し、配送伝票を貼り付けて発送する

なお、PCリサイクルマークが付いているものは、パソコンリサイクル料金および配送費用共に無料で回収してもらえます。古いパソコンやPCリサイクルマークを紛失した場合は、パソコンリサイクル料金と配送費用の合計で、1台に付き数千円程度必要です。より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページを確認してください。

3-3.小型家電リサイクル法に沿って処分する

自治体によっては、ノートパソコンを小型家電リサイクル法に沿って処分できることがあります。まずは、住んでいる自治体がノートパソコンを小型家電リサイクル法の対象品目に指定しているか、調べてみるとよいでしょう。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。小型家電リサイクル法に沿って処分するには、役所や商業施設などに設置してある小型家電専用回収ボックスに投入してください。処分費用は、無料です。なお、パソコンの内部データ消去は自分で責任を持って行う必要があります。また、小型家電専用回収ボックスに投入した後は、どのような理由があっても返却してもらえません。

3-4.販売店の下取りや回収サービスに出す

販売店の下取りや回収サービスに出して、壊れたパソコンを処分することも可能です。買い替えに伴う下取りの場合は、無料で回収してもらえたり、新規購入費用から数千円程度値引きしてもらえたりすることが多くなります。買い替えを伴わず回収サービスだけを利用する場合は、店頭持ち込みかつ有料回収となることが多いので、事前に調べてみてから利用するとよいでしょう。

3-5.不用品回収業者に処分してもらう

壊れたパソコンの処分は、不用品回収業者に依頼することもできます。不用品回収業者に依頼すると、都合のよい方法・日時・場所で回収してもらえる、パソコン以外の不用品を同時に処分してもらえるなどの点がメリットです。パソコン以外にも処分したい不用品がある場合は、特におすすめの方法といえます。なお、当関東家電リサイクル問屋でも、壊れたパソコンの処分をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

3-6.事業用パソコンは産業廃棄物として処分する

事業用パソコンは、産業廃棄物として処分してください。産業廃棄物は、専門業者に依頼して処分する必要があります。したがって、不要になった事業用パソコンは、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼して処分しましょう。万が一、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に依頼すると、廃棄物処理法違反と見なされることがあるので注意してください。

4.壊れたパソコンの捨て方でよくある質問

最後に、壊れたパソコンの捨て方について質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.パソコンリサイクル法の対象となるパソコンの種類は?
A.以下をご覧ください。

  • デスクトップパソコン本体
  • ノートパソコン
  • CRTモニター
  • 液晶モニター
  • CRTモニター一体型パソコン
  • 液晶モニター一体型パソコン

より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページを参考にしてください。

Q.壊れたパソコンでも買取に出せることがあると聞いたのですが?
A.はい。ジャンク品扱いになりますが、補修用パーツの採取などの目的で買取してもらえる可能性があります。また、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることも可能です。ただし、あくまでもジャンク品扱いなので、1台数百円程度になればよいほうでしょう。

Q.液晶画面が割れているパソコンを処分するときの注意点は?
A.運搬時などに割れている部分でケガをしないよう、古新聞紙やダンボール紙などで覆い、周辺をビニールテープで固定してから処分しましょう。覆った上から「画面割れあり注意」と書いておくと、なお親切です。

Q.壊れたパソコンの処分はどんな不用品回収業者に依頼すればよい?
A.以下のポイントを満たした不用品回収業者に依頼すると、安心です。

  • パソコンの処分実績が豊富にある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな回収費用
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 回収後の不用品を適切な方法で再販・再資源化している
  • パソコンの内部データ消去を依頼できる
  • スタッフの対応が親切で丁寧
  • 顧客からの評判がよい
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当関東家電リサイクル問屋でも壊れたパソコンの処分をお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

Q.業者にパソコンの内部データ消去を依頼するのに不安が残るのですが?
A.信頼できる業者に依頼すれば、まず問題ありません。信頼できる業者では、ホームページなどにどんな方法でパソコンの内部データを消去しているか、具体的な説明があることが多いので確認してみるとよいでしょう。なお不安が残る場合は、業者に直接問い合わせて説明してもらったり、データ消去証明書の発行を依頼したりすることをおすすめします。

まとめ

今回は、壊れたパソコンの捨て方について詳しく解説しました。パソコンは、パソコンリサイクル法の対象品目であるため、自治体回収にゴミとして出すことができません。そのため、壊れたパソコンを処分するときは、パソコンリサイクル法に沿って処分する、販売店の下取りや回収サービスを利用するなど、そのほかの方法で処分する必要があります。なお、壊れたパソコンの処分は、不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。この記事を参考にして信頼できる不用品回収業者を選び、検討してみるとよいでしょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!