引っ越し時に家電を処分する方法は? 事前準備や業者の選び方も紹介


「引っ越しの際に家電を処分するにはどうすればよいのか?」「処分前にどんな準備をしておけばよいのか分からない」とお困りではありませんか? 家電を処分するタイミングには「不具合が頻繁に起こるようになった」「ほしい製品が発売された」など、さまざまなものがあります。その中でも、引っ越しを機に家電の処分を検討する人は多いでしょう。

この記事では、引っ越し時に家電を処分するメリットや必要な準備・処分方法などを詳しくご紹介します。

  1. 引っ越し時に家電を処分するメリットは?
  2. 家電を処分する前にするべき準備
  3. 引っ越し時に家電を処分する際の注意点3つ
  4. 引っ越し時に家電を処分する方法は?
  5. 引っ越し時の家電処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、引っ越し時に家電を処分する方法としておすすめのものや、処分に注意が必要な家電のことなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.引っ越し時に家電を処分するメリットは?

まずは、不要な家電を引っ越し時に処分することにはどのようなメリットがあるのかをご紹介しましょう。

1-1.新居に合った新しい家電を選ぶことができる

引っ越しのタイミングで家電の買い替えをすることで、新しい家電を新居の雰囲気やサイズに合わせて選ぶことが可能になります。家電のサイズや色などは、部屋によって合う・合わないがあるため、旧居で使っていたものが新居にも合うとは限りません。その点、引っ越し時に買い替えをすれば、新居の雰囲気やほかの家具と合ったものを選ぶことができます。

1-2.ほかの家電と一緒に処分できる

引っ越し時には処分を検討する家電が複数出てくると思います。家電を一つだけ処分するのは面倒になりがちですが、複数の家電をまとめて処分するとなると重い腰を上げないわけにはいきません。引っ越し時にはほかにもやらなければならないことが山積みなので、そのついでに済ませてしまおうという気持ちになりやすいものです。

1-3.引っ越し業者に作業を依頼できる

引っ越し業者によっては不用品の回収・処分サービスもおこなっているため、自分で処分せずに済む場合もあります。また、新しい家電が引っ越しのタイミングで届けば、新居への搬入や設置作業も引っ越し業者に依頼できるでしょう。

2.家電を処分する前にするべき準備

家電を処分する前にしておくべき準備について、品目ごとにまとめました。

2-1.冷蔵庫は水抜きと霜取りをしておく

冷蔵庫を処分する際は、運搬するときに水が漏れて床が水びたしにならないよう、水抜きと霜取りをしておく必要があります。引っ越しの2日前までには冷蔵庫の中身を空にし、電源を切って扉を開けっぱなしにしておきましょう。霜が溶けて冷蔵庫下の蒸発皿に水がたまってくるため、その水を捨ててください。この作業をしているときは床がぬれてしまうので必ずタオルなどを敷いておくことをおすすめします。

2-2.エアコンは取り外し作業を業者に依頼する

エアコンの処分方法によっては、事前に取り外し作業をしておく必要があります。自分で取り外すことも可能ですが、こうした作業に慣れていない人だと配管を壊してしまう恐れがあるのでおすすめできません。専門業者に取り外しを依頼し、準備しておくとよいでしょう。

2-3.洗濯機は水抜きをしておく

洗濯機の場合も、事前の水抜き作業が必要です。ホースや配管に水が残っている状態で運搬してしまうと、床が水びたしになってしまいます。給水ホースと排水ホースを取り外す前にそれぞれ水抜きをする必要があるため、取扱説明書を参考にしておこなってください。

3.引っ越し時に家電を処分する前の注意点

引っ越し時に家電を処分するにあたって知っておくべき注意点をまとめました。

3-1.自治体のルールを確認する

自治体によって家電を処分する際のルールは異なります。たとえば、粗大ゴミに該当するサイズや出す際の決まりなども自治体によって決められているため、事前に確認しておきましょう。また、自治体によっては小型家電として無料回収しているものもあります。その場合の回収方法についても、回収ボックスを設置していたり窓口が用意されていたりするため、事前に調べておくとよいでしょう。

3-2.家電の状態をチェックする

家電の状態がよければ買取に出して処分するという選択肢もあります。「まだ使えるが性能のよいものに買い替えたい」という理由で処分する場合は、検討してみるとよいでしょう。動作に不具合がなく汚れや傷が目立たないものであれば、使用年数によっては買取対象になります。有名メーカー品だと高価買取も期待できるため、処分する前に確認してみるのがおすすめです。

3-3.不用品回収業者選びに注意する

不用品回収業者に依頼する場合は、悪徳業者を選んでしまうことがないよう注意が必要です。特に、トラック1台で無料回収を宣伝しながら地域を回っている業者は利用しないほうがよいでしょう。必要な許可を持たずに営業している違法業者である可能性が高く、高額な料金をだまし取られるなどのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。業者を選ぶ際は、実績や料金体系・許可の有無などをしっかり確認しましょう。

4.引っ越し時に家電を処分する方法は?

引っ越し時に家電を処分する方法には、以下のようなものがあります。

4-1.引っ越し業者のオプションサービスを利用する

引っ越し業者によっては、オプションで不要な家電の回収サービスをおこなっているところもあります。依頼すれば引っ越しと不用品処分を同時に終えることができるため、メリットは大きいでしょう。ほとんどの業者が有料での回収になりますが、一部、無料回収や買取に対応しているところもあるので確認してみることをおすすめします。

4-2.粗大ゴミとして捨てる

粗大ゴミとして捨てる場合は、事前の申し込みが必要になります。電話やインターネットで回収の申し込みをし、料金分の粗大ゴミ処理券を家電の目立つ場所に貼りましょう。指定された日の朝に収集場所に置いておくと回収してもらえるというのが一般的な流れです。

4-3.家電量販店に回収してもらう

買い替える場合は、新しい家電を購入する家電量販店に不要な家電の回収を依頼してみましょう。新規購入を条件に下取りしてもらえる場合もあるので確認してください。家電リサイクル法対象品目は、リサイクル料金と収集運搬料金を支払って回収してもらうことになります。

4-4.不用品回収業者に依頼する

処分したい家電や不用品が多数あるなら、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。自宅まで回収に来てもらえる出張回収を利用すれば、手間をかけることなくまとめて不用品を処分できます。関東家電リサイクル問屋では状態のよい不用品の買取もおこなっているため、ぜひチェックしてみてください。

5.引っ越し時の家電処分に関するよくある質問

「引っ越し時に家電を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.粗大ゴミとして家電を処分するメリットを教えてください。
A.自治体が回収するという安心感があること・費用が安いことがメリットです。

Q.家電リサイクル法の対象品目であっても、不用品回収業者に回収してもらえるのでしょうか?
A.一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか、家電量販店の委託を受けている業者であれば回収可能です。

Q.家電を高く売るためのコツは何でしょうか?
A.きれいに掃除をし、正常に動作するか確認してください。付属品はすべてそろえておくと高価買取につながりやすくなります。

Q.悪質な不用品回収業者を選ばないためにはどうすればよいですか?
A.豊富な実績があるか・見積書の内容が明確か・必要な許可を得ているかなどをしっかり確認して業者選びをするとよいでしょう。

Q.無料の不用品回収業者は利用しないほうがよいですか?
A.なぜ無料で回収が可能なのかをきちんと説明してくれる業者であれば問題ない場合が多いでしょう。

まとめ

引っ越し時に家電を処分する方法や注意点を詳しくご紹介しました。引っ越しを機に買い替えや処分を検討している家電がある場合は、どうやって処分するのが一番よいのか慎重に考えてみる必要があります。ぜひこの記事を参考に、引っ越しがスムーズに進むような家電の処分方法を見つけてください。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!