ガラクタを捨てる判断基準や方法を解説! 処分費用を抑えるポイントも


ガラクタだといわれても自分にとっては大切な宝物で捨てる判断基準が分からないと悩んでいる方は多いでしょう。そもそも、ガラクタとはどんなものなのか、定義を理解している人は少ないと思います。しっかりと自分で判断して処分しなければ、後悔してしまうことになるでしょう。後悔しないためにも、納得する形でガラクタを捨てることが大切です。

本記事では、ガラクタを捨てる判断基準などについて解説します。

  1. ガラクタの定義とは?
  2. ガラクタを処分する必要性
  3. ガラクタを捨てる判断基準
  4. ガラクタを捨てる方法
  5. ガラクタの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガラクタを捨てる方法なども分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.ガラクタの定義とは?

まずは、ガラクタの定義をチェックしておきましょう。

1-1.何の役にも立たないもの

ガラクタとは、何の役にも立たないものです。広辞苑では、「使い道や値打ちのなくなった雑多な品物・道具類」を指しています。自分にとっては宝物のように感じるものもありますが、何の役にも立たないのにしがみついているものはガラクタといえるでしょう。ものに対しての執着を愛情と勘違いしている可能性があります。持っていても幸せにならなかったり、生活の質が向上しなかったりするものは、ガラクタですので手放したほうがいいでしょう。

1-2.使っていない・壊れているもの

使っていない・壊れているものもガラクタです。ガラクタ=古いものという印象はありますが、使わずにしまっているものはすべてがガラクタといえるでしょう。ものは使うからこそ価値を見出すものですので、使わないまま保管するだけではガラクタ同然です。思い出深い品だからと使わずに取っておくケースもありますが、そのままでは家の中にものが溢れかえってしまい、ガラクタに埋め尽くされてしまいます。

2.ガラクタを処分する必要性

ここでは、ガラクタを処分する必要性・メリットを解説します。

2-1.部屋の中がスッキリする

ガラクタを処分すると、部屋の中がきれいになりスッキリするでしょう。ガラクタでいっぱいになっている部屋はどこに何があるのか把握できず、必要なものを見つけるために手間と時間がかかってしまいます。急いで支度する必要があるのに、欲しいものが見つからないとイライラしてしまうでしょう。また、ガラクタで溢れている部屋ほど住環境が悪くなり、精神的にもダメージを負ってしまいます。ガラクタを処分することで部屋がスッキリし、気持ちが明るくなるのもメリットです。

2-2.運気がアップする

ガラクタを処分することで運気がアップします。風水的に、ゴチャゴチャしている部屋よりもスッキリと片付けられている部屋のほうが良いとされているからです。ガラクタでゴチャゴチャしている部屋は空気のとおりが悪くなってしまい、運気も流れにくくなります。特に、玄関は良い運気を取り入れる場所ですので、ガラクタをため込まないように注意しましょう。運気をアップさせたい人は、ガラクタを処分して部屋を片付けてみてください。

2-3.生活水準が向上する

生活水準が向上するのも、ガラクタを処分する大きなメリットです。ガラクタを処分することで整理整頓された空間が生まれます。自分にとって必要でないものを処分し、必要なものだけで生活できる空間はとても快適です。必要なものを使いたいときにすぐ取り出すことができますし、出したものもしまえるので部屋が散らかることもありません。また、掃除が楽になったり、生活動線が明確になったりするなど、さまざまなメリットが生まれるでしょう。今の生活から抜け出したい・快適な空間で過ごしたいと思っている方は、ガラクタを処分すべきです。

3.ガラクタを捨てる判断基準

ここでは、ガラクタを捨てる判断基準について解説します。

3-1.自分にとって「今」必要か

ガラクタと思える基準は人それぞれですが、大切なのは「今」必要かどうかです。今、あなたにとって必要ないものは、今後も必要ないものだと判断してください。今必要でないものは、すぐに忘れ去られるものですし、持っていることすら忘れてしまう傾向があります。ガラクタを処分する必要性は生活水準を上げるためでもあるため、あなたにとって生活水準が上がるもの=今必要なものだけを手元に残しましょう。所持品を1つずつ手に取り、「今必要かどうか」と自問自答してみてください。

3-2.1年以上使っていないものは捨てる

捨てるべきか捨てないべきか悩んだときは、最後に使ったのはいつだったか思い出してみてください。1年以上使っていないものは今後使う可能性も低いので処分したほうがいいでしょう。ガラクタをずっと持ってしまう人ほど、「もったいないから」「いつか使う」という考えを強く持っている傾向があります。けれども、前述したように、今必要ないもの・今使っていないものを手元に残していても意味がありません。特に、1年以上使っていないものはこれからも使わない可能性が高いため、ここで処分しておきましょう。

3-3.心が満たされるか

思い出の品や家族からもらったプレゼントなどは、なかなか捨てることができないものです。たとえ、壊れていて使えなくなっていたとしてもなかなか手放すことができず、手元に残しておく方が多いでしょう。思い出の品など手放せないものの判断基準としては、心が満たされるかどうかがポイントです。そのガラクタを手に取ってみて、あなたの心が満たされるのであれば手元に残しておいていいでしょう。そのほうが精神的に安定しますし、穏やかな生活が送れるからです。逆に、手に取ってみても心が満たされない・何も感じないのであれば処分することをおすすめします。

3-4.役に立つか

役に立つか考えるのも、ガラクタを処分する際の判断基準です。ガラクタだとしても生活の役に立つものがあるでしょう。高価なものでも役に立たなければガラクタになりますが、古いもので役に立てるものであれば、それはガラクタではありません。「値段が高かったから捨てることはできない」と思っている場合は、その高価なものが役に立つか考えてみましょう。人は値段でものに価値を見出そうとしますが、大切なのは幸せをもたらしてくれるかどうかです。その点を踏まえた上で、捨てるべきか手元に残すべきか考えてください。

4.ガラクタを捨てる方法

ここでは、ガラクタを捨てる方法について解説します。

4-1.自治体回収で処分する

ガラクタを処分する方法に自治体回収があります。自治体回収で処分するメリットは、無料または数百円でガラクタが捨てられる点です。回収業者に依頼するよりも費用を安く抑えることができるでしょう。ただし、自治体によってゴミの分類やルールが定められているため、事前にホームページ等で確認しておかなければなりません。燃えるゴミや燃えないゴミは指定袋に入れて処分するだけですが、粗大ゴミになると事前申し込みが必要になったり、回収場所や回収日が限られていたりと手間がかかってしまいます。また、家電リサイクル法の対象品目やパソコンは自治体回収で処分できないので注意しなければなりません。

4-2.地域の掲示板や知人に譲る

なるべく、処分費用をかけたくない方は、地域の掲示板を利用するといいでしょう。地域の掲示板では、さまざまなガラクタの譲渡が行われています。他人にとってはガラクタと思えるものでも、それを欲しがっている人が見つかる可能性もあるのです。また、まわりにガラクタを欲しがっている人がいないか尋ねてみるといいでしょう。欲しがっている人が見つかれば、その人に譲ることができるので処分費用はかかりません。また、思い出深い品や大切にしていたものを譲れば、ゴミとして処分せずに済み、気持ちも楽になるはずです。

4-3.買取業者やオークションサイトを利用する

ガラクタの中には、買い取ってもらえるものもあります。特に、価値があるものはゴミとして処分するのではなく、買取業者やオークションサイトを利用して売却するといいでしょう。せっかく高く売るものを処分するのはとてももったいないことです。買い取ってもらうことができれば、処分費用も抑えることができるので一石二鳥になるでしょう。買い取ってもらえるか分からないものでも、一度査定を依頼してみてください。

4-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するのも、ガラクタを処分する方法の1つです。不用品回収業者に依頼する大きなメリットは、一度にたくさんのガラクタが処分できることでしょう。自治体回収で処分する際は、ガラクタの種類や大きさなどでゴミを分類しなければなりませんが、回収業者に依頼すれば手間と時間をかけずに処分できます。すぐにガラクタを処分したい・手間と時間をかけたくないと思っている方は、不要品回収業者への依頼がおすすめです。

5.ガラクタの処分に関してよくある質問

ガラクタの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ものを捨てたくないと思っている人の特徴は?
A.過去への執着が強い・未来への不安を抱いているなどの特徴があります。過去に執着している人ほど捨てられないものが多く、どんどんガラクタがたまってしまいがちです。ガラクタを手放すためには、どうしてものを捨てられないのか、過去への執着と終止符を打たなければなりません。過去への執着を捨てることができれば、自然と未来に対する不安も消え去るでしょう。

Q.ガラクタを処分する際の心構えは?
A.ガラクタを処分しなければならない……とネガティブに考えるのではなく、ガラクタを処分すれば人生がうまくいくと前向きに捉えることです。所有物は生活を豊かにしてくれてこそ価値が見出せるものであり、生活を豊かにしてくれないものはガラクタとなります。つまり、ガラクタを捨てることによって余計な精神的重荷から解放され、新しい自分へと生まれ変わるでしょう。ガラクタを処分すれば心の平和を取り戻すことができると、前向きな姿勢で手放してください。

Q.捨てる判断を加速させるコツは?
A.捨てる訓練をすることです。たとえば、15分間で25個のものを捨てるなど、時間と捨てる数を決めてください。時間と捨てる数を決めることでより集中できますし、捨てる・捨てないの判断が鍛えられるでしょう。何事にも回数をこなせば慣れるもので、捨てる訓練を何回も行うことで捨てる判断が冴えてきます。また、捨てるものが思いつかない・捨てるのが苦手という方は、確実に捨てられるものから始めるのもガラクタを捨てるコツです。

Q.オークションサイトを利用する際の注意点は?
A.送料に注意しましょう。オークションは自分で出品額を決めて全国から落札者を見つけることはできますが、送料の有無をハッキリ記載していないと落札者とトラブルになる可能性があります。実際に、送料を記載していなかったせいで金銭トラブルになったというケースもあるので要注意です。また、すぐに落札まで時間がかかる可能性もあるため、すぐに処分したい方はほかの方法で処分したほうがいいでしょう。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?
A.どの不用品回収業者に依頼すれば良いのか分からない方は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 買取サービスも行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 即日対応が可能か
  • 口コミや評判がいいか
  • 部屋の片付けなどサービス内容が充実しているか

不用品回収と買取を行っている関東家電リサイクル問屋では、無料相談を受け付けています。ガラクタの処分でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

ガラクタは使い道のない、役に立たないものを指しています。家にガラクタが増えてしまうと部屋が狭くなり、不衛生な環境になってしまうでしょう。自分にとっては宝物だと感じるものでも1年以上使っていなかったり、空間を圧迫していたりしているガラクタは処分することをおすすめします。なお、ガラクタの処分方法は自治体回収・不用品回収業者などさまざまです。ガラクタをまとめて処分したい場合は、一気に回収してもらえる不用品回収業者に依頼するといいでしょう。手間と時間をかけず、ガラクタが処分できます。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!