不要な扇風機の捨て方を解説! 無料で捨てるにはどうしたらいい?


古くなった扇風機や壊れた扇風機を捨てるとき、自治体で捨てることができるのか、何ゴミになるのか悩んでいる方は多いでしょう。また、処分費用はいくらかかるのか、無料で処分できる方法はあるのかなど処分方法を模索している方も多いと思います。一体、扇風機はどのように処分すればいいのでしょうか。

本記事では、扇風機の処分方法やポイントなどを解説します。

  1. 扇風機の捨て方にはどんな種類がある?
  2. まだ使える扇風機は買取に出せることも
  3. 扇風機を処分する際の注意点
  4. 買取・不用品回収なら関東家電リサイクル問屋へ
  5. 扇風機の捨て方に関してよくある質問

この記事を読むことで、扇風機を処分するコツや買取に出す方法も分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.扇風機の捨て方にはどんな種類がある?

扇風機の捨て方は4種類あります。それぞれ特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

1-1.粗大ゴミで捨てる

多くの自治体では、扇風機を粗大ゴミに分類しています。粗大ゴミとして処分する手順は、以下のとおりです。

  1. 自治体の粗大ゴミ処理センターへ問い合わせをする
  2. 有料の粗大ゴミ処理券をコンビニなどの販売店で購入する
  3. 処分する扇風機に粗大ゴミ処理券を貼り付ける
  4. 粗大ゴミの収集日の指定された場所・日時に扇風機を置く

粗大ゴミとして処分する際のメリットは、安全に処分できることでしょう。デメリットとしては、粗大ゴミ処理券を自分で購入する手間がかかったり、回収まで時間がかかったりしてしまうことです。

1-2.家電量販店で引き取ってもらう

新しい扇風機を家電量販店などで購入する場合は、古い扇風機を引き取ってもらえる可能性があります。この場合のメリットは、費用がかからず引き取ってもらえることです。ただし、購入者限定での回収サービスになっていたり、家電量販店によっては引き取りをしていなかったりする場合もあります。

1-3.リサイクルショップに買い取ってもらう

扇風機がまだ故障していない・キレイな状態である場合は、リサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。リサイクルショップに買い取ってもらうメリットは、処分費用がかからない点です。また、発売されたばかりのモデルや未使用・新品は高価買取が期待できるでしょう。しかし、必ず買い取ってもらえるとは限りません。出張買取・宅配買取を行っていないリサイクルショップでは、自分で運搬する必要があるので注意が必要です。

1-4.不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に回収してもらうのも、扇風機を処分する方法の1つです。不用品回収業者は、家電や家具などさまざまなジャンルを回収してくれます。大量の不用品でも回収ができる・すぐに処分できる点が大きなメリットです。さらに、出張回収を依頼すれば、自分たちで運搬する手間も省けるでしょう。逆に、デメリットは、悪徳業者に引っかかりやすいことです。回収業者選びに気をつけないと、高額な請求をされることがあります。

2.まだ使える扇風機は買取に出せることも

ここでは、扇風機を買取に出す方法を解説します。

2-1.扇風機の買取相場

扇風機の買取相場は、種類によって異なります。種類別の買取相場をチェックしておきましょう。

2-1-1.羽根つき扇風機

新品であれば、定価の5割以上で買取ってもらうこともあります。使用加減によっては定価の1割を切ることもあるでしょう。

2-1-2.業務用扇風機・サーキュレーター

サーキュレーターは案外と需要があり、多少古くても買い取ってもらえる可能性の方が高いでしょう。こちらも使用加減によりますが、相場は定価の2割程度だといわれています。

2-1-3.ファンなしの扇風機

新品もしくは使用感がない場合は、高価買取が期待できます。需要があることから、日焼けしていない・キレイ・そんなに古くないのであれば、買取に出すことを考えるといいでしょう。

2-1-4.昭和レトロなデザインの扇風機

意外に人気が高いのが、レトロな扇風機です。すでに壊れてしまっている・まったく動かない場合でも、古いデザインのものは置物やインテリアとしての買い取ってくれるケースがあります。レア度が高い扇風機ほど、高価買取が期待できるでしょう。

2-2.買取の基準

一体、どのような扇風機が買取の対象になるのでしょうか。買い取ってもらいやすい扇風機の特徴は以下のとおりです。

  • 最新の省エネや空気清浄機などの機能つき
  • 大手メーカー
  • 大型タイプ
  • 昭和レトロなデザイン

反対に、買い取りされにくい扇風機の特徴は以下のとおりです。

  • 故障していて作動しない(アンティーク系は別)
  • 製造から5年以上が経過している
  • 当時の販売価格が約5,000円以下
  • 海外のマイナーなメーカー

2-3.扇風機の買取方法

扇風機には、買取方法が3つあります。方法ごとのメリットやデメリットを見ていきましょう。

2-3-1.店舗買取

売りたい扇風機を店舗までもっていって直接売る方法です。メリットは、原則予約や申し込みが不要なため、いつでも利用できることでしょう。実際に店舗に行くため、その場で査定も行ってくれることから、安心して買取に出せます。また、即日現金が可能なため、買取スピードは最も速いでしょう。デメリットは、利用できるお店が限られていることや店舗まで運搬の手間がかかることです。そして、査定がつかない場合は、そのまま持ち帰ることになります。

2-3-2.出張買取

買取のスタッフが家を訪問し、その場で査定する方法です。自分で運ぶ手間と時間が省ける点が大きなメリットでしょう。査定が目の前で行われるため、安心感もあります。さらに、即日現金化が可能で、買い取ってもらえる点もメリットです。ただし、予約が必要な場合や買取査定による拘束時間が長くなる可能性もあります。

2-3-3.宅配買取

売りたいものを買取業者に送って、査定してもらう方法です。買取業者の手間を抑えることができるため、高価買取になりやすいといわれています。利用する側はダンボールやこん包材を用意するだけですし、自分のペースで買取に出すことができるでしょう。送料や手数料も業者持ちの場合が多く、顔を合わせずに査定が依頼できます。ただし、査定員の顔が見えず、どのように査定されるのか分からないので不安に感じる方もいるでしょう。また、こん包が大変だったり、キャンセル料がかかったりするケースもあります。

3.扇風機を処分する際の注意点

扇風機を捨てる際、注意しておきたいことがあります。

3-1.自治体の処分ルールを確認する

それぞれの自治体で、扇風機が何ゴミに分類されるのか異なります。ほとんどの自治体では粗大ゴミ扱いになっていますが、燃えないゴミになる可能性もあるでしょう。ですから、最初に、自治体のホームページでゴミの分類と処分方法を確認してください。自治体によっては、小型家電リサイクル法に基づいて処分方法が決まっているところもあります。

3-2.家電量販店の条件を確認する

家電量販店では、古い家電を回収する際に条件が決まっていたり、回収費用がかかったりすることがあるので注意が必要です。買い換えで新しい扇風機を購入する際に、古い扇風機を回収してもらえるか確認してください。

3-3.リサイクルショップの買取基準を確認する

前述したように、それぞれでリサイクルショップの買取基準や回収方法が異なります。後でトラブルにならないように、ホームページ等でサービス内容をしっかりと確認してください。分からないところがあれば、きちんと問い合わせて解消してから査定を依頼しましょう。

3-4.不用品回収業者選びに要注意!

どの不用品回収業者を選べばいいのか分からずに悩んでいる方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 料金体系が分かりやすいか
  • 追加費用が発生しないか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • サービス内容が分かりやすいか

悪質な業者では、見積もり時の費用と請求時の費用が違うトラブルがよくあります。そうしたことに巻き込まれないように、必ず信頼できる不用品回収業者に依頼しましょう。

4.買取・不用品回収なら関東家電リサイクル問屋へ

関東家電リサイクル問屋では、不要になった扇風機の処分について相談ができます。電化製品の買取も不用品回収も行っているので、処分でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。なお、無料査定のお申し込みは365日24時間可能です。電話(0480-21-7802・対応時間:9:00~21:00)での問い合わせにも対応しています。

4-1.買取サービスは3種類

買取サービスは3種類あり、都合のいい方法が選択できます。店頭買取は直接店舗に扇風機を持ち込むことで買取査定ができ、最短即日買取が可能です。出張買取は、事前予約をすることでスタッフが家に伺います。対応エリアは埼玉圏内です。エリア以外だったり、持ち込みできなかったりする場合は、宅配買取も受け付けています。

4-2.不用品回収にも対応

関東家電リサイクル問屋では、不用品の買取だけでなく回収にも対応しています。自治体で扇風機を捨てる際は粗大ゴミの処理券の費用がかかりますが、無料引き取り、もしくは1点あたり650円の運賃をご負担いただければ出張回収が可能です。買取対象にならなくとも、そのまま回収が可能ですので手間と時間が省けます。

4-3.まさにお片付けのプロ

関東家電リサイクル問屋では、買取・不用品回収のほかに、引っ越しの片付け・遺品整理や・お部屋の片付けなどにも対応しています。片付けの際に、要らないものが出てきたのなら、ぜひご依頼ください。

5.扇風機の捨て方に関してよくある質問

扇風機の捨て方に関してよくある質問を5つピックアップしました。

Q.扇風機の処分を不用品回収業者に申し込んだが、キャンセルはできるのか?
A.キャンセル料がかかるケースとかからないケースがあります。たとえば、関東家電リサイクル問屋のケースを以下にピックアップしてみました。

  • 作業予定前々日までは2,160円
  • 作業前日までは5,400円
  • 当日キャンセルでは最大10,000円

ちなみに、査定金額を聞いただけ・予約前であればキャンセル料金は発生しません。不用品回収業者によってキャンセル料の有無は異なるので注意してください。

Q.不用品回収業者はどうして許可が必要なのか?
A.不用品回収を行うためには、古物商や産業廃棄物収集運搬許可を受けていることが必要です。「不用品回収の申し込みしたら許可されていない業者だった」というトラブルが起きているからこそ、許可を取得しているか必ずチェックしてください。悪徳業者に依頼し不法投棄されてしまうと、依頼者も罰せられることになります。ですから、許可を取得している不用品回収業者に依頼することが大切です。

Q.自治体の粗大ゴミに出す際、キレイにしたほうがいいのか?
A.汚れたままでも構いませんが、近隣住民とのトラブルになりやすくなるので注意してください。汚れがひどい粗大ゴミが置かれていると良い気持ちにはなりません。また、扇風機の羽根が折れて尖っている場合、そのまま置いてしまうとケガをする恐れがあります。安全のためにも、袋に入れて出したほうがいいでしょう。

Q.扇風機の処分費用を抑えるコツは?
A.買取に出すことです。前述したように、まだ正常に稼動する扇風機ならリサイクルショップなどに買い取ってもらえる可能性があります。そのほか、不用品をまとめて回収してもらったり、定額パックプランを利用したりする方法も費用を抑えるコツです。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れるのか?
A.すぐに売れるときもあれば、買い手がつくまで時間がかかるときもあります。新品・未使用品の扇風機なら落札される可能性はあるでしょう。発売されたばかりの扇風機は中古市場でも需要があるため、買い手が見つかりやすい傾向はあります。ただし、古い扇風機はなかなか買い手がつきません。

まとめ

扇風機の捨て方について紹介しましたが、いかがでしたか? 主な処分方法としては、自治体回収・不用品回収業者などがあります。まだ、使える状態ならリサイクルショップなどに査定を依頼するのも方法の1つです。不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!