エアコンを高く売る方法は? 主なポイントや注意点を詳しく解説!


「不要になったエアコンがあるけど、高く売るにはどんな方法があるのだろう」「エアコンを高く売るポイントを詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 買い替えなどで古いエアコンが不要になっても、まだ十分に使えるのならなるべく高く売りたいですよね。しかし、高く売るには、どんなポイントを押さえておくべきかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、エアコンを高く売るポイントについて詳しく解説します。

  1. エアコンにはどんな種類がある?
  2. 高く売れるエアコンの条件は?
  3. エアコンを高く売るポイント
  4. エアコンを買取に出す方法
  5. エアコンを手放すときの注意点
  6. エアコンは関東家電リサイクル問屋に売ろう
  7. エアコンを高く売るポイントでよくある質問

この記事を読むことで、エアコンを高く売るポイントや注意点などがよく分かります。

1.エアコンにはどんな種類がある?

最初に、エアコンの主な種類について見ていきましょう。

1-1.壁掛け型エアコン

壁掛け型エアコンは、現在一般家庭用として最も多く普及しているエアコンです。壁に固定用パネルを打ち込んでエアコン本体を固定し、壁に開けた配管穴から排水管などをとおして屋外の室外機へ接続します。安価なスタンダードモデルから、高性能・高機能なハイエンドモデルまで、豊富な種類があるのが特徴です。

1-2.床置き型エアコン

床置き型エアコンは、床の上に置いて設置するエアコンになります。壁掛けエアコンと比較して、暖房時に足元が暖まりやすい、設置やクリーニングが楽にできることなどが主なメリットです。反面、床の上に専用の設置スペースが必要になるため、インテリアのレイアウトが限られる、冷風や温風が部屋全体に行き渡りにくいことなどがあります。また、取り扱いメーカーや機種が少ないのもデメリットでしょう。

1-3.天井型エアコン

天井型エアコンは、天井に取り付けるタイプのエアコンです。業務用エアコンによく見られるタイプで、配管が天井裏に隠れるため、スッキリした外観になります。そのため、インテリアに影響が少ないことが主なメリットです。デメリットには、設置場所によっては照明に干渉してしまうことがある、メンテナス費用が高いなどの点があります。

1-4.ウインドウエアコン

ウインドウエアコンは、窓枠を利用して設置できるエアコンです。賃貸物件などでエアコン用の配管穴を開けることができない場合でも設置でき、夏場の熱中症対策として見直されています。また、ウインドウエアコンは特別な工事を必要としないため、自分で設置することも比較的簡単です。ただし、既存の窓枠を利用することから、窓を完全に閉められないことがある、防犯面で不安が残るなどの点がデメリットになります。また、冷房専用なので、冬場は別途暖房器具が必要になるでしょう。

1-5.業務用エアコン

店舗や企業のオフィスなどによく見られるのが、業務用エアコンです。一般家庭用のものと比較して冷暖房能力が高く、風量が大きくなります。また、耐久性が高く、長期間使い続けることを前提に作られているのも特徴です。デメリットは、消費電力が大きい、価格が高価などの点になります。また、業務用エアコンは設置工事の難易度が高いため、導入する際は信頼できる専門業者によく相談することが前提です。

2.高く売れるエアコンの条件は?

高く売れるエアコンの条件について、具体的に見ていきましょう。

2-1.有名メーカー品

有名メーカー品のエアコンは、高く売れます。たとえば、以下のようなメーカーのエアコンです。

  • 富士通ゼネラル
  • パナソニック
  • 日立
  • 三菱電機
  • DAIKIN
  • 東芝
  • シャープ

実際に、同じ条件の中古エアコンの場合、無名メーカー品より有名メーカー品のほうが、3~4割程度高く売れることも珍しくありません。また、有名メーカー品は、一定の品質をクリアしている、サポート体制がきちんとしているなどの点で、中古市場で安定した引き合いがあります。

2-2.年式が新しい

年式が新しいことも、高く売れるエアコンの特徴です。エアコンは、ほぼ毎年新製品が発売されます。そのため、新製品が発売されるたびに、古いモデルは旧式となり査定金額が大きく下がってしまうのが現状です。また、年式が新しいモデルは、総じて高機能・高性能なことが多く、また、部品の劣化が進んでいないことなどから長く使えると考えられ、高く売ることができます。

2-3.不具合や故障がない

エアコンを高く売るには、不具合や故障がないことも重要なポイントになります。中古のエアコンを欲しがっている人は、購入後すぐ使えることを想定しているからです。そのため、不具合や故障がなく、正常に使えるエアコンは高く買取してもらえることでしょう。なお、何らかの原因で動作音が大きいなど、冷暖房機能に直接影響がないと考えられる場合でも、静音モデルが人気の今は、査定金額が低くなる傾向があります。

2-4.目立つ汚れ・傷・破損・ひどい臭いがない

高く売れるエアコンは、目立つ汚れ・傷・破損・ひどい臭いがないことも特徴です。エアコンは、1回でも使用すると、内部に細かなホコリが入り込みます。また、内部に残った水滴によって、カビが発生しやすいものです。普段の手入れが悪いと汚れが定着してしまい、カビが繁殖してひどい状態になることもあります。また、取り扱いが悪いと、傷が付いたり破損したりすることがあるので注意が必要です。そのほか、喫煙者がいる場所で使用したエアコンには、タバコの臭いが染み付いていることもあるでしょう。こうしたマイナスポイントがないエアコンは、それだけでも高く売りやすいのです。

2-5.購入時の付属品が揃っている

購入時の付属品が揃っていると、エアコンを高く売ることができます。エアコンの主な付属品は、以下を参考にしてください。

  • リモコン
  • リモコン用取り付け金具
  • 使用説明書
  • 設置説明書
  • 保証書
  • 外箱

2-6.高性能・高機能モデル

高性能・高機能モデルのエアコンも、高く売れるでしょう。エアコンは、冷暖房能力や付加機能が機種によって大きく異なります。中古品であっても、なるべく高性能・高機能なモデルを選びたいと考える人が多いことから、安定した需要が期待できるのです。特に、寒冷地では、暖房能力が高いモデルが重宝されます。また、フィルターの自動クリーニング機能、熱交換器の殺菌処理機能など、衛生面でのお手入れが楽にできる機能付きのものが人気です。

3.エアコンを高く売るポイント

エアコンを高く売るには、ポイントがいくつかあります。

3-1.汚れをキレイにクリーニングしておく

エアコンを高く売るには、汚れをキレイにクリーニングしておくことが重要です。エアコンの外側には、ホコリや手あか・虫の死がいなどの汚れが付着しています。また、エアコンの内部にも、ホコリやカビ汚れなどがたまっているものです。こうした汚れをキレイにクリーニングしておくことで、業者が査定する際の印象がアップし、クリーニングする手間が省けることから、査定金額がアップしやすくなります。ただし、自己流でクリーニングせず、エアコンの使用説明書やメーカーのホームページを参考にして、正しい方法で行うことが大切です。

3-2.購入時の付属品をできるだけ揃えておく

エアコンを高く売るためには、購入時の付属品を揃えておくことも大切なポイントです。実際に、購入時の付属品が揃っているほど、高く買取してもらうことができます。エアコンの付属品については、この記事の「2-4.購入時の付属品が揃っている」も参考にしてください。ただし、外箱などは、取り付け工事の際に業者が持ち帰ることが多いため、欠品していても査定時に大きなマイナスにはならないでしょう。反対に、リモコンはエアコンの操作に欠かせないことから、欠品していると査定金額が相当低くなることが想定されます。

3-3.不要になった時点ですぐに売る

不要になった時点ですぐに売ることも、エアコンを高く売るポイントの一つです。高く売れるタイミングを待っていたり、面倒だからと売るのを先延ばしにしたりするのはやめましょう。新製品が発売されて旧式扱いになり、査定金額が低くなってしまうことがあります。エアコンは、不要になった時点ですぐに売るのが、一番状態がよく、高く売れると考えてください。

3-4.エアコンの買取を強化している業者に売る

エアコンを高く買取してもらうには、エアコンの買取を強化している業者に売ることも大切です。エアコンの買取を強化している業者を選ぶことで、より高く売ることができます。エアコンの査定基準は業界内で共有しているわけではないため、業者によって異なるものです。したがって、同じような条件のエアコンでも、高く買取しているところと安く買取しているところで随分違うので注意してください。

4.エアコンを買取に出す方法

エアコンを買取に出す方法について、詳しくご紹介します。

4-1.中古家電買取専門業者に売る

不要になったエアコンは、中古家電買取専門業者に売ることができます。中古家電買取専門業者は、エアコンをはじめとする家電全般の専門知識と買取実績が豊富にあり、買取可能なメーカー・機種共に幅広いのがメリットです。また、エアコン以外の家電も同時に買取してもらうことができます。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。なお、買取専門となるため、万が一買取不可になった場合は、引取処分も依頼できません。

4-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、エアコンの買取を依頼できます。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭にエアコンを持ち込むなどの方法で、査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、そのままエアコンを引き渡して代金を受け取りましょう。エアコンは大きさや重さがあり運搬が大変なので、出張回収に対応しているところを選ぶと便利です。なお、リサイクルショップも買取が主体になるため、買取不可の場合は引取処分も依頼できません。

4-3.不用品回収業者に買取してもらう

不要になったエアコンは、不用品回収業者に買取してもらうことも可能です。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。不用品回収業者では、指定した日時と場所でエアコンを回収してもらえて便利です。また、エアコン以外のあらゆる不用品の買取と引取処分を同時に依頼できる、買取不可でもそのまま引取処分を依頼できるなどの点もメリットになります。なお、引取処分になった場合は、別途回収費用がかかることがあるので、確認が必要です。

4-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、エアコンを売ることもできます。自分が売りたい価格で出品でき、タイミングによっては早期落札や思わぬ高額落札もあるでしょう。普段からネットのやり取りに慣れていて、手続きの流れを理解している場合は、検討してみてください。ただし、エアコンは大きさや重量があることから、こん包や発送が大変です。また、エアコンの取り外しがすでに完了していることなどが前提になります。タイミングによっては、なかなか落札されないこともあるでしょう。こうしたデメリットを理解し、急ぎで売る必要がない場合に向く方法といえます。

5.エアコンを手放すときの注意点

エアコンを手放すときの注意点について、詳しく見ていきましょう。

5-1.取り外し作業を専門業者に依頼する

エアコンの取り外し作業は、専門業者に依頼しましょう。自分で取り外すこともできますが、エアコンを安全かつ確実に取り外すには、専門知識が必要になります。間違った方法で作業すると、エアコンの不具合や故障につながるだけでなく、冷却ガスがもれる原因になり危険です。また、高所での作業を含むことからも、専門業者に依頼したほうがよいでしょう。

5-2.メーカーのユーザー登録を解除する

メーカーのユーザー登録も、エアコンを手放す前に解除しておくことをおすすめします。メーカーのユーザー登録は、エアコンを所有中にオーナーとして有益な情報を手に入れたり、必要なときにサポートを受けたりするためのものです。しかし、エアコンを手放した後は、不要なものになります。ユーザー登録をしたままだと、思わぬところで個人情報が流出する可能性がゼロとはいえません。また、譲ったり買取に出したりする場合は、次の所有者が改めてユーザー登録するためにも、解除しておくと親切です。

5-3.買い替えの場合は手放すタイミングに注意する

エアコンを買い替える場合は、不要なエアコンを手放すタイミングにも注意してください。特に、真夏や真冬など、エアコンなしでの生活が厳しい時期は、新しいエアコンの設置と同時か、新しいエアコンを設置してから不要なエアコンを手放しましょう。手放すタイミングを間違えると、エアコンが使えない期間が発生して快適に過ごせなくなるほか、体調を崩す原因になることがあります。

6.エアコンは関東家電リサイクル問屋に売ろう

不要になったエアコンは、関東家電リサイクル問屋に売るのがおすすめです。

6-1.エアコンの買取実績が豊富

関東家電リサイクル問屋は、エアコンの買取実績が豊富にあります。そのため、深い専門知識により、丁寧に査定してもらうことが可能です。また、買取実績が豊富にあることは、多くの顧客から選ばれ続けてきた証拠であるといえます。エアコンの取り扱いに慣れている点でも、エアコンの買取を安心して依頼できるといえるでしょう。

6-2.都合のよい日時と場所で回収してもらえる

関東家電リサイクル問屋にエアコンの買取を依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえます。エアコンは大きさと重さがあるため、運搬するのが大変です。その点、関東家電リサイクル問屋に買取を依頼すれば、自分で運ぶ必要がないのでとても助かります。また、日時指定ができることも、何かと忙しい人にとって重宝することでしょう。

6-3.査定を無料で行っている

査定を無料で行っていることも、関東家電リサイクル問屋を利用するメリットです。不要になったエアコンを売りたくても、実際にいくらで売れるか納得してから売りたい人も多いでしょう。その点、関東家電リサイクル問屋では無料で査定しているので、気軽に依頼できます。査定を受けても買取を無理にすすめてこない点も、信頼できるといえるでしょう。

6-4.不用品の買取と引取処分を同時に依頼できる

不用品の買取と引取処分を同時に依頼できるのも、関東家電リサイクル問屋を利用するメリットになります。たとえば、エアコンが買取不可になってもそのまま引取処分を依頼でき、二度手間になりません。また、エアコン以外の不用品を幅広く買取・引取処分しているので、この機会に家中の不用品をまとめて処分してしまうことがおすすめです。

6-5.エアコンを適切な方法でリサイクルしてもらえる

関東家電リサイクル問屋では、回収後のエアコンを適切な方法でリサイクルしてもらえます。買取となったエアコンは中古品として再販され、新たな持ち主を探してもらうのが基本です。引取処分になったエアコンも、再生資源や再生燃料・修理用パーツなどで有効活用してもらえます。それに、関東家電リサイクル問屋に依頼すれば、エアコンを不法投棄される心配もなく、安心です。

7.エアコンを高く売るポイントでよくある質問

最後に、エアコンを高く売るポイントに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.エアコンを買取に出す直前まで使用してよい?
A.おすすめしません。エアコンを直前まで使用すると、クリーニングしたり内部の湿気を乾燥させたりするのに十分な時間がなく、査定金額が下がる可能性があります。

Q.知人に紹介された業者のほうが高く売れる?
A.一概に高く売れるとはいえません。確かに、知人の紹介により、査定金額を1~2割程度アップしてもらえることもあるでしょう。しかし、もともとの査定金額が安ければ、ほかの業者に依頼するのとほとんど変わらないか、むしろ、安いこともあります。

Q.有名メーカー品の人気機種なのに査定金額が相当低いのですが?
A.査定時に何らかのマイナスポイントが見つかるなどによって、想定より査定金額が低くなることはよくあります。査定金額に納得できない場合は、業者に連絡して査定理由を説明してもらうとよいでしょう。なお、査定理由を聞いても納得できない場合は、無理に買取を依頼しなくても構いません。

Q.中古エアコンが高く売れる時期は?
A.初夏~真夏となる6~8月、および、冬の寒さが厳しくなる12~1月です。売るタイミングが合えば、思わぬ高額査定も期待できるでしょう。ただし、冷夏・暖冬などのために、中古エアコンの需要が減ると、例年より高く売れないこともあります。

Q.複数の業者に査定を依頼して比較するのはダメ?
A.査定だけなら、複数の業者に依頼しても問題ありません。複数の業者に査定を依頼し、一番高い金額を提示した業者に売るのも一つの方法です。ただし、むやみに査定を依頼しても、時間や手間がかかるだけなので、信頼できると判断した業者2~3社に絞ることをおすすめします。

まとめ

今回は、エアコンを高く売るポイントについて詳しく解説しました。買い替えなどで不要になったエアコンを高く売るには、汚れをキレイにクリーニングしておく、購入時の付属品を揃えておくなどいくつかのポイントがあります。また、不要になった時点ですぐ買取に出すことや、エアコンの買取を強化している業者に売ることも大切です。この記事を参考にして、信頼できる業者によく相談してみるとよいでしょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!