【要確認】古い洗濯機を処分する方法は? 簡単&安く捨てるコツを教えます!


古い洗濯機の処分方法をお探しではありませんか? 故障や買い替えなどで古い洗濯機を処分したくても、自治体回収に粗大ゴミとして出せるのか、そのほかの方法で処分すべきかなど、よく分からないこともあるでしょう。それに、洗濯機は大きくて重いので、なるべく楽な方法で処分したいですよね。

そこで今回は、古い洗濯機の処分について詳しく解説します。

  1. 古い洗濯機を粗大ゴミで出せない理由
  2. 古い洗濯機を処分する方法は?
  3. 古い洗濯機の処分を業者に依頼するときの注意点
  4. 古い洗濯機の処分についてよくある質問

この記事を読むことで、古い洗濯機を処分するポイントがよく分かります。古い洗濯機の処分方法をお探しの方は、記事を読んでみてください。

1.古い洗濯機を粗大ゴミで出せない理由

最初に、古い洗濯機を粗大ゴミで出せないのはなぜか見ていきましょう。

1-1.洗濯機は家電リサイクル法の対象家電になる

洗濯機は、家電リサイクル法の対象家電になります。家電リサイクル法とは、対象家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的にした法律です。家電リサイクル法の対象となる洗濯機・テレビ・エアコン・冷蔵庫の4家電は、メーカーが回収して再資源化することになっています。そのため、自治体に粗大ゴミとして収集してもらうことはできません。

1-2.事業用洗濯機は産業廃棄物扱いになる

事業用洗濯機も、自治体回収に粗大ゴミとして出すことができません。事業用洗濯機は、産業廃棄物として処分する必要があるからです。古い事業用洗濯機を処分するには、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼してください。万が一、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に依頼すると、廃棄物処理法違反と見なされて、依頼した業者と請け負った業者の双方に罰金刑が科せられることがあります。

2.古い洗濯機を処分する方法は?

古い洗濯機を処分するには、どんな方法があるのでしょう。

2-1.家電リサイクル法に沿って処分する

古い洗濯機は、家電リサイクル法に沿って処分することが可能です。家電リサイクル法に沿った処分方法には、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2つがあります。詳しくは、以下をご覧ください。

料金販売店回収方式

料金販売店回収方式とは、販売店に対象家電の家電リサイクル料金と運搬費用を支払い、指定日時と場所で回収してもらう方法です。料金販売店回収方式で洗濯機を処分する流れは、以下を参考にしてください。

  1. 販売店の店頭で洗濯機の家電リサイクル料金を支払う
  2. 家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 指定日時と場所に、販売店が委託した運搬業者がやってきて洗濯機と家電リサイクル券の控えを回収する
  4. 運搬業者がメーカーの再生工場に洗濯機を運搬して完了

なお、洗濯機の家電リサイクル料金はメーカーごとに異なり、税込みで1台2,530~3,300円です。より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください。また、洗濯機の運搬費用は1台3,000円程度~になります。

料金郵便局振込方式

料金郵便局振込方式とは、郵便局の窓口で対象家電の家電リサイクル料金を支払い、自分の車などで自治体の指定引取場所に持ち込んで処分してもらう方法です。料金郵便局振込方式の洗濯機を処分する流れは、以下をご覧ください。

  1. 郵便局の窓口で洗濯機の家電リサイクル料金を支払う
  2. 家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 自治体の指定引取場所へ自分の車などで洗濯機を持ち込む
  4. 指定引取場所の指示に沿って洗濯機を家電リサイクル券の控えと共に引き渡す

なお、自治体ごとに搬入可能な指定引取場所が異なります。また、指定引取場所それぞれで搬入可能日時や搬入ルールなども異なるため、事前に自治体のホームページなどで確認してから持ち込んでください。

2-2.知人などに譲る

古い洗濯機でも、まだ十分に使えるものは知人などに譲る方法も検討してみましょう。まだ十分に使える洗濯機を捨てずに済み、有効活用してもらえます。まずは、心当たりのある知人などに声をかけてみてください。特に、近々新生活を始める予定がある人であれば、喜んで譲り受けてもらえる可能性があります。譲り先が決まったら、配送日程・配送方法・運搬費用などについて、先方と相談しましょう。

2-3.販売店の下取りに出す

買い替えを伴う場合は、古い洗濯機を販売店の下取りに出して処分する方法もあります。販売店では、新規購入を促すために古い洗濯機を下取りしていることがあるので確認してみるとよいでしょう。古い洗濯機を下取りしてもらうことができれば、買い替えと同時に処分できて便利です。なお、下取りだけの依頼はできないことが多く、販売店によっては下取り可能な洗濯機の条件が決まっていることがあるので注意してください。

2-4.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者でも、不要になった洗濯機を処分しています。不用品回収業者では、回収後の洗濯機を素材ごとに分けて再生資源にしたり補修用パーツを取ったりして有効活用してもらうことが可能です。また、まだ中古品として十分に使えるものは、再販して新たな持ち主を探してもらうこともできます。そのほかにも、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、洗濯機以外の不用品の処分も同時に依頼できるなど、とても便利です。

2-5.買取に出す

古い洗濯機でも、まだ十分に中古品として使えるものは買取に出すことを検討してみましょう。たとえば、以下のような洗濯機は、高く買取してもらえる可能性があります。

  • 有名メーカー品(シャープ・パナソニック・東芝・日立・三菱電機など)
  • 年式が新しい
  • 不具合や故障がない
  • 購入時の付属品がそろっている
  • 外観に目立つ汚れ・破損・傷などがない
  • ひどい臭いがない
  • 高性能・高機能モデル

なお、古い洗濯機は、以下のようなところで買取してもらうことができます。

  • 中古家電買取専門業者
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者
  • ネットオークション・フリマアプリ

上記のうち、不用品回収業者では、都合のよい日時と場所で回収してもらえるほか、万が一買取不可になっても、そのまま引取処分を依頼できて便利です。当関東家電リサイクル問屋でも洗濯機の買取を強化していますので、ぜひご検討ください。

3.古い洗濯機の処分を業者に依頼するときの注意点

古い洗濯機の処分を業者に依頼する場合、いくつか注意点があります。

3-1.洗濯物を取り除いておく

古い洗濯機を処分する前に、洗濯物を取り除いておきましょう。中には、仕事のユニフォームや子どもの体操服など、個人情報が分かってしまうものもあります。処分する前のマナーとしても、洗濯物を取り除いておいてください。

3-2.洗濯機の水抜きを行う

洗濯機の水抜きを行っておくことも、大切です。洗濯機は、使用後に排水が完了しても、本体や排水ホースの中などに水が残っていることがあります。そのままにしておくと、洗濯機を運搬した際、水がもれてしまうことがあるので注意しましょう。なお、業者によっては、回収と同時に洗濯機の水抜きもしてもらえることがあるので確認してみてください。

3-3.都合のよい日時と場所で回収できるか確認する

引っ越しや買い替えで古い洗濯機を処分する場合は、都合のよい日時と場所で回収を依頼できるか確認してください。いくら安く処分できても、都合のよい日時と場所で回収してもらえないのでは不便です。特に、業者の繁忙期は、すぐにスケジュールが埋まってしまうことがあります。古い洗濯機を処分することを決めたら、なるべく早く業者に依頼して都合のよい日時と場所で回収してもらえるようにしましょう。

3-4.買取に出す場合はクリーニングしておく

洗濯機を買取に出す場合は、できる範囲でクリーニングしておきましょう。洗濯機は、意外と汚れているものです。汚れたままで買取に出すと、査定金額が低くなる傾向が見られます。なるべく高く買取してもらうためにも、洗濯機の使用説明書やメーカーのホームページなどを参考にし、正しい方法でクリーニングしておきましょう。自己流でのクリーニングは、洗濯機の素材を傷めたり不具合や故障につながったりすることがあるのでやめてください。

3-5.信頼できる業者に依頼する

古い洗濯機の処分は、信頼できる業者に依頼することも重要なポイントです。具体的には、以下のポイントを満たす業者に依頼するとよいでしょう。

  • 洗濯機を含む不用品の処分実績が豊富にある
  • 可能なものは買取もしている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな料金システム
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている
  • スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当関東家電リサイクル問屋でも、洗濯機の回収を数多くお受けしており大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4.古い洗濯機の処分についてよくある質問

最後に、古い洗濯機の処分についてよくある質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.二槽式洗濯機なら自治体回収に粗大ゴミとして出せる?
A.いいえ。二槽式洗濯機も家電リサイクル法の対象家電になるため、自治体回収に粗大ゴミとして出すことはできません。

Q.洗濯機は何年ごとに買い替えるとよい?
A.特に決まりはありませんが、購入後約10年を目安に買い替えを検討するとよいでしょう。購入後10年に満たない場合でも、使い勝手が悪い、不具合が出るようになったなどの場合は、早めの買い替えがおすすめです。

Q.洗濯機の排水ホースだけを処分したい場合は?
A.自治体ごとの収集ルールに沿って、ゴミとして処分できます。ゴミの種類や出し方などは、自治体のホームぺージなどで確認してください。

Q.故障した洗濯機を処分する場合はクリーニングしなくてよい?
A.はい、クリーニングは不要です。ただし、運搬する際に手や服を汚してしまうことがあるため、簡単に外観だけでも汚れを拭き取っておくとよいでしょう。

Q.洗濯機の査定金額に納得できない場合は買取依頼を取り下げてよい?
A.構いません。査定の段階であれば、自由に買取依頼を取り下げることができます。なお、査定金額に納得できない場合は、業者に査定理由を説明してもらうことがおすすめです。査定時に不具合が見つかったなど、正当な理由があって査定金額が低くなっていることがあります。

まとめ

今回は、古い洗濯機の処分について詳しく解説しました。洗濯機は家電リサイクル法の対象家電のため、自治体回収に粗大ゴミとして出すことができません。古い洗濯機は、家電リサイクル法に沿って手続きする、知人などに譲る、販売店の下取りに出す、不用品回収業者に依頼するなどの方法で処分しましょう。なお、まだ十分に中古品として使えるものは、買取してもらうこともできます。不用品回収業者なら、洗濯機の買取と引取処分の両方を取り扱っており、何かと便利です。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!