洗濯機の寿命は意外と短い? 買い換えの目安や処分方法を解説


洗濯機は今や生活になくてはならない家電です。しかし、洗濯機の寿命の目安を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?「洗濯機を新調したけれど、すぐに壊れてしまった」というケースもあれば、「10年以上同じ洗濯機を使っているが、問題ない」ということもあります。洗濯機の寿命の目安が分かれば、調子が悪くなったときに修理か買い替えかの判断もつけやすくなるでしょう。

そこで今回は、洗濯機の寿命や処分方法を紹介します。

  1. 洗濯機の寿命はどのくらい?
  2. 洗濯機の寿命が近いと思われる症状
  3. 洗濯機の寿命を延ばす方法
  4. 洗濯機の処分方法
  5. 洗濯機の寿命に関するよくある質問

この記事を読めば、洗濯機の寿命を延ばす方法や処分をする際の注意点なども分かります。洗濯機の買い替えを検討している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.洗濯機の寿命はどのくらい?

はじめに、洗濯機の平均寿命を解説します。メーカーはどのくらいで寿命を迎えることを想定しているのでしょうか?

1-1.メーカーは洗濯機の寿命を6~8年と想定

洗濯機を製造しているメーカーは、製造が終了した製品の部品も一定期間保管しています。洗濯機の場合、部品の保管危険は6年です。また、洗濯機には「設計上の標準使用期間」も定められています。これは、7年です。つまり、メーカーが想定している洗濯機の寿命は6~8年となります。

1-2.メーカー想定の寿命はあくまで目安

しかし、メーカー想定の寿命は、あくまでも目安です。洗濯機の寿命は、使う頻度や洗濯機がおかれている環境、使い方によって大きく左右されます。たとえば、毎日洗濯機の容量一杯で洗濯をし続ける場合、週に一度しか洗濯しない場合では、部品の傷み方も違うでしょう。

1-3.高機能な洗濯機のほうが寿命は短め

洗濯機には二槽式の簡単なものから乾燥までおこなってくれるドラム型のものまで、いろいろな種類があります。一般的に、高機能な洗濯機のほうが電子部品が多い分、寿命は短めです。特に、ドラム式の乾燥機能がついた洗濯機は10年未満で寿命を迎えることが多いでしょう。一方、二槽式の洗濯機は20年ほど使っても問題ないこともあります。

2.洗濯機の寿命が近いと思われる症状

では、洗濯機の寿命が近いとどのような症状が出るのでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

2-1.操作パネルや動きに不具合がある

洗濯機の寿命が近くなると、操作パネルが反応しなくなったり動きに不具合が起こったりします。洗濯が途中で止まったり脱水がうまくいかなかったりすることもあるでしょう。また、エラーが頻発してうまく洗濯機が動かなくなることもあります。

2-2.異臭がする

モーターが寿命を迎えると、洗濯機が壊れるケースもあります。洗濯機を使っている最中に焦げくさい臭いがする場合は、モーターが焼き切れる寸前かもしれません。また、コード部分が発熱している場合もあります。

2-3.カビが落ちない

洗濯機は水を使う家電なので、カビが生えることもあります。特に、洗濯槽の外側はカビが生えやすいでしょう。カビを掃除する方法や洗剤もいろいろありますが、限界があります。掃除をしてもカビの臭いが消えない、洗濯物にカビの破片がつくという場合は、洗濯機の寿命と考えましょう。

3.洗濯機の寿命を延ばす方法

洗濯機の寿命を延ばす方法は、2つあります。1つは洗濯物を入れる量を適量にすること、もう1つが定期的なメンテナンスをおこなうことです。洗濯機には容量があります。これを越えて洗濯物を入れることは洗濯機に過度な負担をかけることになるので、避けましょう。また、洗濯機は定期的なメンテナンスが必要です。特に、乾燥機能がついているドラム式の洗濯機は糸くずなどが内部に残りやすく、これが溜まると故障の原因になります。ですから、ドラム式洗濯機は「分解清掃サービス」などがあり、それを利用するのも寿命を延ばす方法の1つです。

4.洗濯機の処分方法

この項では、寿命を迎えた洗濯機の処分方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.洗濯機は家電リサイクル法の対象家電

洗濯機は、家電リサイクル法の対象家電です。どの自治体でもゴミとして回収してくれません。大きさや種類にかかわらず「洗濯機」として販売されているものは全て家電リサイクル法に従って処分してください。基本の処分方法は、洗濯機を購入した家電量販店に依頼して、リサイクル料を払い、洗濯機を引き取ってもらうことです。洗濯機のリサイクル料は2,530円~で、現金で支払うことも、郵便局でリサイクル券を買って支払うこともできます。家電量販店に回収を依頼する場合は、リサイクル料とは別に運搬料が必要です。運搬料は1,000円代が相場となっています。なお、買い替えで洗濯機を処分する場合は家電量販店が新しい洗濯機を届ける際、古い洗濯機の引き取りを依頼することが可能です。この場合、運搬料が無料になることもあります。

4-2.自治体の回収場所に持っていく方法

自治体は洗濯機の回収はおこないません。しかし、洗濯機を回収する場所を設おし、そこに洗濯機を持っていけば自治体から依頼を受けた会社が回収してくれるところもあります。洗濯機の回収場所を作っている自治体にお住まいの場合は、そこに洗濯機を持っていけば、リサイクル料だけで洗濯機を処分することが可能です。まずは、自治体のホームページを確認し、回収場所を設おしているかどうか確認しましょう。

4-3.不用品回収業者を利用する方法

できるだけ急いで洗濯機を処分したい場合、不用品回収業者を利用すると便利です。回収料+リサイクル料で回収してもらえます。家まで出張回収をしてくれる業者もあるので、重い洗濯機を移動させる必要もありません。早ければ、依頼したその日のうちに引き取りにきてくれます。

5.洗濯機の寿命に関するよくある質問

ここでは、洗濯機の寿命に関するよくある質問を紹介しましょう。

Q.同じ洗濯機を長いこと使い続けるデメリットはありますか?
A.家電製品は新しいもののほうが節電仕様です。ですから、古い洗濯機をいつまでも使い続けると電気代がかかります。また、汚れも落ちにくくなるでしょう。

Q.洗濯機は分解すればゴミとして捨てられますか?
A.いいえ。捨てられません。

Q.不用品回収会社を利用する際の注意点はありますか?
A.契約する前に見積書を作ってもらい、不明点は納得のいく説明をしてもらいましょう。

Q.洗濯機は購入後何年まで買い替えより修理がお得ですか?
A.保証がきく1年間は修理がお得でしょう。また、寿命の目安である6~8年間近の洗濯機は修理をしてもすぐに別の不具合が出る恐れがあります。ですから、購入後3~4年までは調子が悪くなったら修理、それ以降は買い替えがおすすめです。

Q.洗濯機をおく場所によって寿命は変わるでしょうか?
A.屋内より屋外においたほうが寿命は短くなりがちです。廊下やベランダなど外においている洗濯機はホコリ・日光・風雨によって劣化が早まります。

まとめ

今回は、洗濯機の寿命について解説しました。洗濯機の寿命はメーカーが6~8年を目安にしていますが、必ずしもその時期で壊れるとは限りません。ただし、10年を過ぎた洗濯機は不具合が出やすくなるので、買い替えを検討してください。また、壊れかけの洗濯機を無理に使うと事故の原因となります。気をつけましょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!