春日部市で冷蔵庫を処分したい人は必見! 安い&簡単に捨てる方法!


「不要になった冷蔵庫を処分したいけど、春日部市ではどんな方法で捨てることができるのだろう」とお考えではないでしょうか? 買い替えなどで不要になった冷蔵庫を処分しようにも、自治体回収に粗大ゴミとして出せるのか、そのほかの方法で処分すべきかなど、よく分かりませんよね。それに、なるべく安くて簡単に処分したいことでしょう。

そこで今回は、春日部市での冷蔵庫処分について詳しく解説します。

  1. 春日部市で冷蔵庫を捨てる方法は?
  2. 冷蔵庫を家電リサイクル法に沿って処分する方法
  3. 冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使える冷蔵庫は買取に出すことができる
  5. 春日部市での冷蔵庫処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、春日部市で冷蔵庫を処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.春日部市で冷蔵庫を捨てる方法は?

最初に、春日部市で冷蔵庫を捨てる方法について見ていきましょう。

1-1.冷蔵庫は自治体回収に粗大ゴミとして出せない

冷蔵庫は春日部市の自治体回収に、粗大ゴミとして出すことができません。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目であり、メーカーが回収・再資源化の義務を負っているからです。したがって、不要になった冷蔵庫は、自治体回収に粗大ゴミで出す以外の方法で処分することになります。

1-2.業務用冷蔵庫は産業廃棄物として捨てる

業務用冷蔵庫は家電リサイクル法の対象ではありませんが、産業廃棄物として処分する必要があります。したがって、不要になった業務用冷蔵庫は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼し、処分してください。万が一、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に依頼すると、廃棄物処理法違反と見なされることがあります。場合によっては、罰金刑が科されることもあるので気を付けてください。

1-3.捨てずに処分する方法もある

不要になった冷蔵庫でも、捨てずに処分する方法もあります。

1-3-1.知人などに譲る

まだキレイで十分に使える冷蔵庫は、知人などに譲ることも検討してみましょう。まずは、冷蔵庫を譲り受けてもらえそうな知人などに連絡してみてください。譲り先が決まれば、まだ使える冷蔵庫を捨てずに済み、有効活用してもらえます。配送方法や配送スケジュールは、先方の希望をなるべく優先しましょう。場合によっては、譲る側が配送手段を手配し、配送費用を自己負担することも必要です。

1-3-2.不用品回収業者に処分してもらう

不要になった冷蔵庫は、不用品回収業者に処分してもらうことも可能です。不用品回収業者では、冷蔵庫などの不用品を回収し、再販・再資源化などにより有効活用しています。指定日時と場所で回収してもらえる、そのほかの不用品も同時に引取処分・買取してもらえるなど何かと便利なので、検討してみるとよいでしょう。冷蔵庫を不用品回収業者に処分してもらう方法などは、この記事の「3.冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼する方法」を参考にしてください。

2.冷蔵庫を家電リサイクル法に沿って処分する方法

不要になった冷蔵庫を家電リサイクル法に沿って処分する方法を、詳しく解説します。

2-1.家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコンの4家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的にして定めた法律です。家電リサイクル法に沿って対象家電を処分する場合は、家電の種類やメーカーなどに応じた家電リサイクル料金や運搬費用を消費者が負担することになります。なお、家電リサイクル法に沿って処分する場合は、料金販売店回収方式もしくは料金郵便局振込方式のいずれかの方法を選ぶことが可能です。

2-2.料金販売店回収方式に沿って処分する方法

冷蔵庫を料金販売店回収方式に沿って処分するには、以下の流れを参考にしてください。

  1. 販売店の店頭で冷蔵庫の家電リサイクル料金と運搬費用を支払って手続きする
  2. 販売店から家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 指定日時・場所に運搬業者がやってきたら、冷蔵庫と家電リサイクル券の控えを渡す
  4. 運搬業者が冷蔵庫をメーカーの再生工場に運搬して完了

冷蔵庫の家電リサイクル料金は、メーカーや容量によって異なります。詳しくは、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページを確認してください。なお、冷蔵庫の運搬料金は、1台に付き2,000~6,000円程度が一般的です。

2-3.料金郵便局振込方式に沿って処分する方法

冷蔵庫を料金郵便局振込方式で処分する場合、以下のような流れで進みます。

  1. 郵便局の窓口で冷蔵庫の家電リサイクル料金を支払って手続きする
  2. 家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 自治体の指定引取場所に冷蔵庫を持ち込み、家電リサイクル券の控えを添えて引き渡す

なお、春日部市周辺の指定引取場所は、以下の2か所になります。

日通埼玉運輸株式会社 岩槻取扱所

  • 住所:さいたま市岩槻区上野5丁目2-19
  • 電話番号:048-796-0846

SBS即配サポート株式会社 岩槻デポ

  • 住所:さいたま市岩槻区馬込1529-1
  • 電話番号:048-748-5304

なお、自分の車などで冷蔵庫を運搬するのが難しい場合は、春日部市指定の許可業者に別途運搬費用を支払って依頼することもできます。詳しくは、春日部市のホームページを確認してください。

3.冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者へ冷蔵庫の処分を依頼する手順を、詳しく見ていきましょう。

3-1.信頼できる業者を選ぶ

まずは、以下のポイントを参考にして信頼できる業者を選びましょう。

  • 不用品の回収実績が豊富にある
  • 回収後の不用品を適切な方法で再販・再資源化している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 可能なものは買取もしている
  • 春日部市が営業エリア内
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • スタッフが親切で顧客からの評判もよい
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当関東家電リサイクル問屋でも、不要になった冷蔵庫の買取および引取処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3-2.見積もりを依頼して検討する

信頼できる業者を選んだら、見積もりを依頼しましょう。より正確に見積もりしてもらうためにも、冷蔵庫のメーカーや型番・希望する回収日時と場所などを伝えてください。冷蔵庫と同時に引取処分もしくは買取してもらいたい不用品がある場合も、忘れずに伝えておきましょう。すると、業者から見積もりが送付されるので、以下のポイントをチェックしてください。

  • 見積もりの作成日・有効期限・業者名・担当者名などが明記されているか
  • 依頼内容に沿って作成されているか
  • 不明な項目で費用計上していないか
  • 特に理由がないのに高額請求になっていないか
  • そのほかに不明な点や不審な点がないか

なお、何か不明な点や不審な点があるときは、必ず業者に連絡して説明してもらうことが大切です。場合によっては、見積もりを出し直してもらうことも必要でしょう。

3-3.冷蔵庫の処分を正式に依頼する

見積もりの内容をチェックして特に問題なければ、正式に冷蔵庫の回収を業者に依頼しましょう。指定日時・場所に業者がやってきて、冷蔵庫を回収してもらいます。回収費用は、冷蔵庫の回収と同時に現金などで支払うか、業者が指定した口座に振り込むのが一般的です。実際には、業者によって支払いタイミングや方法が異なるため、事前に確認しておきましょう。

4.まだ使える冷蔵庫は買取に出すことができる

不要になった冷蔵庫でも、まだ十分に使えるものは買取してもらえることがあります。

4-1.買取してもらえる冷蔵庫の条件は?

以下のポイントを満たす冷蔵庫は、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

  • 有名メーカー品(パナソニック・東芝・日立・三菱電機・シャープなど)
  • 年式が新しい
  • 目立つ汚れや傷・破損・ひどい臭いがない
  • 不具合や故障がない
  • 購入時の付属品がそろっている

実際には、業者によっても査定基準が異なります。買取可能かどうか正確に知るには、業者の査定を受けてみてください。

4-2.冷蔵庫を買取に出す方法

冷蔵庫を買取に出す方法には、以下のようなものがあります。

4-2-1.中古家電買取専門業者に売る

不要になった冷蔵庫は、中古家電買取専門業者に売ることが可能です。中古家電買取専門業者では、再販目的で冷蔵庫をはじめとする中古家電を幅広く買取しています。買取を依頼したい、業者に連絡して査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。中古家電買取専門業者に依頼した場合、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、冷蔵庫以外の中古家電も同時に買取してもらえるなどが主なメリットです。一方、専門知識が豊富なために査定が厳しいことがある、買取専門なので買取不可の場合は引取処分も依頼できないなどの点がデメリットとなります。

4-2-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、不要になった冷蔵庫を買取してもらえます。買取を依頼したいときは、業者の査定を受けてください。提示金額に納得できる場合は、そのまま冷蔵庫を引き渡して代金を受け取りましょう。なお、冷蔵庫をリサイクルショップの店頭に持ち込むのは大変なので、出張買取してもらえるところを選ぶのがおすすめです。リサイクルショップは、そのほかの不用品も幅広く買取しているので、同時に依頼するのもよいでしょう。ただし、買取が主体になるため、万が一買取不可になった場合は引取処分も依頼できないことがあります。

4-2-3.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、冷蔵庫の買取をしています。買取を依頼したいときは、業者の査定を受けてみてください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、冷蔵庫以外の不用品も幅広く買取してもらえるなどがメリットになります。また、万が一買取不可になった場合でも、そのまま引取処分を依頼できて便利です。なお、買取不可で引取処分になる場合は、別途回収費用がかかることがあるので確認しておきましょう。

4-2-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに冷蔵庫を出品し、売ることも可能です。普段からネット取引を利用していて手続きに慣れている人は、出品を考えてみるとよいでしょう。売りたい価格を設定でき、タイミングによっては早期落札や思わぬ高額落札もあり得ます。一方、タイミングによっては、なかなか落札されないことがある、支払い遅延やクレームが発生した場合は自分で対応する必要があることなどがデメリットです。なお、冷蔵庫は大きさや重さがあり、こん包や配送が大変なので、現地回収を落札条件にするとよいでしょう。

5.春日部市での冷蔵庫処分に関するよくある質問

最後に、春日部市での冷蔵庫処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.購入後何年したら冷蔵庫の処分を考えるべきか?
A.特に決まりはありません。しかし、冷蔵庫の寿命が10年程度と考えると、購入後10年を経過したら、買い替えと同時に古い冷蔵庫の処分を考えてみるとよいでしょう。

Q.冷蔵庫を処分する当日まで使用してもよい?
A.遅くとも、処分する前日までには使用を終えて処分できる状態にしておきましょう。特に、買取に出す場合は、クリーニングや霜取りを行うことになるため、余裕を持って準備する必要があります。

Q.冷蔵庫の付属トレーだけ処分したい場合は?
A.大きさによって、不燃ゴミや粗大ゴミとして春日部市の自治体回収に出すことができます。ゴミの分類や収集ルールなどについては、春日部市のホームページなどで確認してください。

Q.冷蔵庫をできるだけ高く買取してもらうコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • 購入時の付属品をそろえておく
  • 不要になった時点ですぐ買取に出す
  • 冷蔵庫の買取を強化している業者に依頼する

Q.業者が提示した買取金額が不当に低い気がするのですが?
A.まずは、業者から査定理由を説明してもらいましょう。たとえば、以下のような理由で査定金額が低くなっている可能性があります。

  • 査定の結果、大きなマイナスポイントが見つかった
  • 中古市場での需要が急激に低下した

なお、業者の説明を受けても納得できない、業者がきちんと説明してくれないなどの場合は、買取依頼を取り下げても構いません。改めてほかの業者に査定を依頼してください。

まとめ

今回は、春日部市での冷蔵庫処分について詳しく解説しました。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電となるため、春日部市に粗大ゴミとして出すことができません。不要になった冷蔵庫は、家電リサイクル法に沿って手続きする、知人などに譲る、不用品回収業者に処分を依頼するなどの方法で処分しましょう。中でも、おすすめは不用品回収業者に処分を依頼する方法です。都合のよい日時と場所で回収してもらえるほか、まだ使える冷蔵庫は買取してもらえる可能性もあります。まずは、この記事を参考にして信頼できる業者によく相談してみるとよいでしょう。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!