洗濯機の買い替えで悩むならココをクリック!洗濯機の処分と買い替えを紹介!


今、安い洗濯機がありますよね。新品でも2万円でお釣りがくるようなものも存在しています。

古い洗濯機を使っていても、引っ越しや修理をすると買った方が安い場合もありますよね。でも、安いと言っても2万円はかかるもの。
お菓子を買うような感覚で新しく買うわけにはいきません。買い替えるにも、タイミング取りにくくついズルズルと使い続ける人も多くいます。
でも、古い洗濯機を使っているて「故障」の前兆を見分けられる人はい多くありません。家電な以上、必ず壊れます。交換は必要なんです。

そこで今回は洗濯機の買い替えのタイミング、安い機種があったのでそれの紹介、故障の前兆でよくあることを簡単にまとめていくつかご紹介していきます。

目次

  1. 洗濯機を買い替えるタイミングはいつ?
  2. 洗濯機はいつ買うべき?
  3. 古い洗濯機を処分するには?
  4. 安く売っている洗濯機をご紹介
  5. 安物買いの銭失い洗濯機

以上の5点をご紹介します。

素人でも、家電に少しでも興味があればわかることを書いていくので、最後まで読んでいけば色々わかると思いますよ。

1.洗濯機を買い替えるタイミングはいつ?

1-1.洗濯機の寿命、故障について

洗濯機の寿命は、毎日1回使用して概ね7年程度とメーカーは言っています。
必ずしも、この数字は正確ではありません。
後々ご説明しますが、どこのメーカーもこの耐用年数を提示しているのである一定の基準なのかもしれません。
この耐用年数より早く壊れることもありますし、長ければ15年程度使われる方もいます。使う場所、使用環境によっても変わる、という人もいますが、これは「機種」に問題があるのではないかと思います。

1-2.買い替えのサイン

寿命が近くなってくると、洗濯機には不具合が出てきます。
洗濯機の不具合とは、具体的に一般人が思うものは、

  • エラーで止まる
  • 脱水ができない
  • 水が漏れる

目に見える症状しか一般人はわかりません。このあと、そう長くない先に壊れて急いで買い替えをしなければいけません。
保証期間であれば、メーカーや量販店にひたすら文句を言うだけのクレーマーのなれば急いで交換してもらえるかもしれませんが、今ここで読んでくれている方には、そんな情けない人間になってほしくないので見分け方をいくつか書いていきます。普段から気にしていると、案外わかるときがありますので参考にしてください。

脱水がうるさい、洗濯物が脱水されきらない

これはモーター部分におけるトラブルです。
洗濯機の脱水では50db程度の騒音レベルです。ガタガタ音がなったり、洗濯機本体が大きく揺れるような場合は要チェックです。
モーターのトラブルは、日立に多いと感じます。

洗濯機のふたが閉まらなくなる

この故障は、前兆が少なく、いきなりの場合が多いです。
しかも、質が悪い。洗濯はできても、すすぎや脱水の時に洗濯機のふたが閉まらないのでエラーで止まってしまう。こうなると、洗濯機の中には水が大量に残り、移動すらできなくなります。移動することも素人では大変ですし、業者に依頼するとこしかできなくなります。
故障の原因は、ふたの爪の部分と本体をひっかける場所の不具合なんですが、基盤の電源リレーが悪い、もしくはロックされている時にむりやり引っ張って変形してしまった。もしくは折れた場合も含まれます。
このような場合は爪を交換するしか修理ができなくなりますが、部品代、出張費、工賃作業代で費用が高くなります。6,000円以上は部品代以外でかかるでしょう。この部品代はメーカー、機種で変わります。
ふたのトラブルは、シャープが多いように感じます。

※ 洗濯機の場合は、この二つが壊れる原因では多いです。
その他の故障では、使い方が悪い場合がほとんどです。

洗濯物を入れすぎている、もしくは撥水性が高いもの・ダウンなど洗えないものを入れている

これは、洗濯物の片寄りが原因でエラーになったり、本体がガタガタとなる可能性が高いです。洗濯機の説明書、本体にもシールで張っていたりするので日本語が読めれば大丈夫でしょう。

そもそもエラーでとまってしまう

故障ではない場合があります。
洗濯機は、スタートすると水を給水しようとポンプで吸い始めます。この時、給水されていないと、数分後にエラーで停止してしまいます。
古い家だけに限らず、新しい家でもそうですが、蛇口から錆が出てきて詰まることもあります。スタートボタンを押してなかなか動かない、スタートしない場合は給水されていないことも考えられるので調べてみましょう。

脱水しない

こないだまで動いていたのに・・・。脱水ができなくなる場合は大きく2つの原因が考えられます。
排水ホースの中のどこかでゴミが詰まっている場合。もしくは排水ホースが上に向いていて水が流れないようになっている場合。これは比較的どうにかなるので詰まっているごみを出すか、ホースの向きを治してください。
一番面倒なのは、洗濯機の中でゴミが詰まってしまっている場合。
過去に一回あったのは、洗濯機の中にスポンジが詰まっていて脱水できない人がいました。掃除をしようとしたのか・・・。素人では分解が難しいので内部にゴミや異物が詰まる脱水ができなくなります。

水が溜まらない

逆に、ゴミが詰まると水が溜まらない場合もあります。
洗濯機で多いのは、ヘアピン、硬貨です。
排水ホースから、実際に何度かでてきました。
排水口は、弁で開け閉めされているので、運が悪く、この部分に異物が詰まる、引っかかると水が垂れ流しになり、洗濯機は動かなくなります。

使い方が悪くて壊れる場合もありますが、消耗により故障もあるので壊れて動かなくなる前に買い替えた方がいいでしょう。

1-3.少しでも新しいものが欲しい

洗濯機は、新しいから壊れない。
と、言うわけではありません。ですが、少しでも新しいものを買うのであれば家電量販店で夏過ぎ位に買うのがベストでしょう。
ネットも、ホームセンターなどのディスカウントストアも、「型落ち品」を販売しているところが多いです。以前、3年前の製品を新品と販売しているお店がありました。
また、春先、4月あたりまで『今年モデル』の洗濯機はなかなか販売されません。お店にも去年の型落ち品が残っているでしょうから、春先に買うのは「型落ち品」が多いです。夏になれば、売れているお店であれば新しいものが入荷しますので狙うのはこのタイミングです。

2.洗濯機はいつ買うべき?

2-1.いつ、洗濯機を買うのか!?

安い時期に合わせて買うのは、非効率的なんです。
なぜか?それは、きっとあなたは買わないから。
まだ使える洗濯機、確かに最近音がうるさいかも・・・。と思うけど、普通に使えている。
そんなとき、無駄に3万も、4万も払って新しいもの買いますか?壊れた洗濯機なら、諦めもつきますがまだ使えているなら、それはなかなか買い替えないと思います。なので、一番の買い替え時は『買う!』と決めた時です。
もちろん、商品の入れ替えのタイミングで買えれば安いでしょうけど、下手に展示品とかを掴まされるのであればあまり考えないで買った方がいいでしょう。
安い洗濯機は、壊れやすいのでおすすめしません。

2-2.縦型洗濯機と、ドラム式洗濯機はどっちがいいのか?

なぜ、ドラム式洗濯機を買うのですか?
便利そうですか?
節水に役立ちそうだからですか?
乾燥機もついていて便利だからですか?
大体、こんな理由ですよね。
でも、本当に便利でしょうか?
まず、操作については変わりません。むしろ、縦型洗濯機の方がボタン2つですぐに終わるので忙しい人にはこっちの方がお勧めです。
節水には正直役立ちます。でも、まだそんなこと言ってるんですか?
少ない水で洗ったもの、きれいですか?
試しに、1Lの水で食器10枚洗うのと、5Lの水で食器10枚洗うの。
どちらが清潔ですか?食器ではなく、洋服なら構いませんか?
ドラム式洗濯機の洗剤が匂いが強い理由。
もし、洗濯物の匂いをごまかすためだったりしたら、どうなんでしょうか。テレビでも、洗剤で衣類に付いた汚れ落としのCMを見てみると(アタックNEOなど)縦型洗濯機に入れていますし、ドラム式洗濯機を使っていないですね。
汚れを落としたいなら、縦型洗濯機で、ということをメーカーも理解しているのではなないでしょうか?

3.古い洗濯機を処分するには?

3-1.家電リサイクル法対象の洗濯機は処分が大変

家電リサイクル法に指定されている洗濯機。
捨てる時は専門の業者に依頼するか、自分でリサイクル券を買って処分するしかありません。
洗濯機を買うときに家電量販店や小売店に回収、処分を依頼すれば5,000円もあれば処分してもらえるでしょう。

3-2 家電量販店で下取りはされるのか

家電量販店で下取りは行っていますが、製造8年以内、壊れていないものが対象と書いてありました。つまり、今あなたが『壊れかけだから捨てたい』と思っているのなら、それは対象外であり、買い替えで下取りされるなら、「リサイクルショップ」の方がいいかもしれません。品物によっては、十分高くなるでしょう。

3-3.リサイクルショップへ買取依頼する場合

これを書いているのが2018年ですが、2011年の洗濯機を買い取る業者はほとんどいないでしょう。ですが、下取りの場合は別です。壊れて買い替えるわけではなく、製品を買い替えるだけなら、2011年製造の洗濯機でも買い取る、もしくは無料で引き取る業者も現れるでしょう。あまりにもケチな業者だと、引き取り拒否か、処分代を請求されると思いますが。
製造5年以内のものであれば買取してくれるお店もあります。
下取りと違って、ただ処分する、売るだけでも依頼ができるのでメリットがありますね。

3-4.ネットオークションやフリマアプリで売れる?

洗濯機をネットオークションで売ることはあまりお勧めしません。
10年くらい前であればそれはすごく儲かることでしょう。ですが、今はネットで売ることは「大赤字」です。
弊社も、ネットで洗濯機はもうほとんど売っていません。売れ残りや、お店にある程度長くいた場合で『邪魔』になった場合が多いですね。
落札価格が、2,000円とか、高くても5,000円です。しかも、いくらになるのかは『運』次第です。
弊社も在庫が100台になっても、今では業者への卸売のみでネットを使ってまで一般人に売るのは少なくなりました。
値段を気にしないならいいですが、もったいないように感じます。
そして、壊れた場合などトラブル必死なのでお勧めしません。

3-5.不用品回収業者へ依頼

壊れた洗濯機を不用品回収業者へ依頼する場合、注意したいのが『リサイクル券を持っているのか?処分はちゃんとしてくれるのか?』と、いうところです。
HPを持っている業者であれば、捨てる方法、過去に捨てた例などがあると思うので見てみるといいでしょう。
まだ使える洗濯機(常識的に考えて売れる製造年式、おおむね10年程度が限界)であれば、捨てることはないのかもしれませんが、20年も前や、見た目的にボロボロで売れなそうなものは捨てるしかないと思うのでこのあたりはじゅうぶん注意しましょう。安い=安心。安全=高いというわけではありませんが、必要な費用の内訳をちゃんと説明できるようなお店に依頼するのがいいですよね。

4.安く売っている洗濯機をご紹介

実際に洗濯機を家電量販店に見に行った人もいるでしょうけども、どのくらいが相場なのでしょうか?機能によっても変わりますが、

  • 安すぎる
  • 同じ洗濯容量なのに以上に安い
  • メーカーが聞いたことない

などは注意が必要です。
Amazonで売っているものを見ましたのでいくつかご紹介します。

※ Amazonは、通販業者とは違い、様々な機種が売られていますが、安いモデルが多いです。通販業者は、オリジナルモデル(後半かきますが類似品、価値の低いものが多いです)
ネットショッピングと、通販業者は違いますので、覚えておきましょう。

実際に、よく持っている人がいます。買取の問い合わせでもこのモデルは非常に多いので、購入している人の多さがわかります。洗濯容量も4.5キロとサイズ的には小さいものですが、家電業界、洗濯機の部類では飛びぬけて安いと言ってもいいと思います。

国内メーカーだと、シャープが同じ洗濯容量のものを売っていました。
こちらも、同じ洗濯容量4.5キロの物ですが、値段が全く変わります。
大型のものになればその価格差はもっと開きます。

洗濯容量7キロ。かなり大型な洗濯機です。家族4人用、と言ってもいいくらいのサイズで、先ほどのシャープの洗濯機よりも安いのは筆者も驚きました。

同じくシャープの物が見つかったので、洗濯容量も同じですから比べるのにはいいかと思います。
値段の差は約2万円。ハイアールであれば2台買えるイメージですね。

これは、パナソニックの洗濯機です。大きさは7キロ。シャープよりも高額ですね。
安売りモデルの洗濯機は、東芝、シャープが多くみられます。
特に東芝の一部の機種は価格ドットコムなどのサイトでものすごく叩かれています。

  • 国産メーカーだから買ったのに
  • 国産でもすぐに壊れる
  • なぜリコールにならない

などの書き込みが非常に多いです。

価格ドットコムにて口コミ多数

今紹介したのは基本的にどれもグレードの低い機種ばかりです。もう少し高い機種も存在しますが、Amazonでは値段の安いものが多く売られているため、実際に家電量販店に行って同じ型番があるかどうきあ比べてみるといいでしょう。

5.安物買いの銭失い洗濯機

5-1 洗濯機を選ぶ、見抜くために

先ほど紹介した洗濯機の中に、東芝の物が混ざっています。
価格ドットコムなどで検索してみた人はわかると思いますが、値段が安いもの=基本壊れやすいと思って間違いないです。
さらに言えば、余計な機能がついているものは壊れやすいですね。
洗濯乾燥機。これはドラム式洗濯機にも言えることですが、ほとんどの場合『不具合』が発生します。製品のしょぼさもありますが、根本的な部分は使用方法が悪いことです。

  • 乾燥機能を使った後は、フィルターの掃除をしてください。

と、明記されていますが、あなたは毎回洗えますか?
乾燥機を使う人は、花粉症で干したくない。という人以外、言ってしまえば洗濯物を干すのが面倒な人、忙しくて時間がない人にほとんど限られます。
そんな人がフィルターを掃除できるでしょうか?水洗いは禁止です。
掃除機などで埃を吸い込みます。
乾燥させた衣類によっては毛玉が多く、詰まることも多いでしょう。
毎回フィルターを掃除しなくても害はないように見えますが、埃は少しづつ奥にたまり、掃除ができないところまで溜まることがあります。この繰り返しで、壊れます。
他にも、風呂水ポンプの吸い込みが悪いなどもありますが、これは使わなければすみます。
では、同じ洗濯容量4.2キロの洗濯機はどうでしょうか?
何が違うのでしょうか?正直言って、安くなればなるほど機能は簡略化し、基本的な物しか備わっていません。
しかし、使われている『素材』に差が出ます。
東芝の洗濯機、ハイアールの洗濯機と、パナソニックやシャープの洗濯機では、「外置きだった場合」でも、黄ばみや劣化の具合が違います。
それは、使用されているプラスチックに差があるからです。表面ではプラスチックの違いですが、内部の方ではどこに違いがあるかわかりません。
ハイアールの洗濯機でいえば、脱水の時に

  • カラカラ
  • ガガガ

など、引っかかるような音が聞こえます。他のメーカーではありません。ハイアールの洗濯機特有な構造だな。と考える人もいるかもしれませんが、ならない洗濯機もあります。なにかが引っかかるような音がならない洗濯機と、音がなる洗濯機、どちらが正常だと思いますか?
東芝の洗濯機、こちらは脱水が壊れるものがあります。
日立でも、モーター音がうるさいものがあります。
どちらもモーターのトラブルです。

日立では、この機種、シリーズが「モーター音がうるさくなる」物が多かったですね。
モーターがただ単に悪いのか、モーターに負荷がかかるような使い方をしているのかはわかりません。安い機種ではないのですが、部品の製造時期などにより『外れ』な洗濯機も存在します。

数百台の在庫を管理していて壊れないな。と思ったメーカー。

それはパナソニック!!
確かに、在庫管理している者に言われて、買取に行った現地でもトラブルは聞かないし、販売するときも壊れているとかは聞かない・・・ドラム式洗濯機以外は。

最後の最後で、買い替えるなら、交換するなら故障の少ないパナソニックがお勧め!らしいですよ。

5-2.捨てるときに扱いが変わる

もし、あなたがここまでいろいろ書いてきましたが、

  • 海外メーカーでいい
  • あんまり使わないから
  • 壊れたらまた買えばいい

という発想で海外メーカーの洗濯機、安い洗濯機を選ぶと、その洗濯機、予期せぬ引っ越しで捨てるときに大変かもしれません。
海外メーカー物は風当たりがきついです。
逆風が半端ないので、使って2年くらいでも買取してくれるリサイクルショップは少ないかもしれません。
値段も、そのころどうなっているかわかりません。
新品がもっと安くなっている。リサイクル料金が値上げされている等、予期せぬことがあるかもしれません。その場合、あなたはその洗濯機を処分することにありますが、海外メーカーと言うだけで処分が大変になるかもしれません。
リサイクル料金は海外製品の方が高額です。でも、高くても2,000円程度。
購入時に数千、数万変わるなら、捨てるときに多少高く支払うよ。と言う考えであれば、別にそこまで気にしなくてもいいですが、5年以内に確実に捨てる、と思うのであれば国産メーカーにしておけばリサイクルショップが無料で引き取ってくれるかもしれませんよ。

終わりに

いかがでしたか?今日は洗濯機の買い替えや処分方法をご紹介しました。
洗濯機は海外メーカーの物であればもっと安いものもあります。
さらに、今は各家電量販店のオリジナルメーカーも存在します。
形が似ている洗濯機、ヤマダ電気の特選モデルは、形が「アクア」の洗濯機によく似ています。
冷蔵庫も。アクアやモリタ、ユーイングの物に似ています。
ステッカーなどを張り替えればわからないほどに。
パナソニックは、その点同じ形、というのを見ないので自社製品をどれだけ大事に扱えるか、というのが「壊れにくい洗濯機をつくれるか」に関係するのかもしれませんね。
今日は、

  1. 洗濯機を買い替えるタイミングはいつ?
  2. 洗濯機はいつ買うべき?
  3. 古い洗濯機を処分するには?
  4. 安く売っている洗濯機をご紹介
  5. 安物買いの銭失い洗濯機

の5点をご紹介しました。
どうせ買い替えるなら、長く使えるもの、壊れないものが買いたいですね。まぁ、予算はそれぞれあると思いますが、あまり安いものや、聞かないメーカーは選ばない方がいいかもしれませんね。


即日出張もOK!不用品回収・買取どちらも対応!大手リサイクルショップより高額での買取事例多数!

家電・家具などの不用品を高価買取!